ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(前編)

2019.01.10 谷口信輝の新車試乗 最高出力740psのスーパースポーツ「アヴェンタドールSロードスター」に谷口信輝が試乗。まずは過去のランボルギーニ体験を含む、このブランドに対する自身の思い出から紹介する。

小さな頃から猛牛派

本日、谷口信輝が“対戦”するのは、ランボルギーニのフラッグシップモデルであるアヴァンタドールSのロードスターバージョン。左右2分割式のルーフを取り外せば大空をひとり占め(ふたり占め?)できるという、とびきりチョーぜいたくなオープンスーパースポーツカーである。

ところで、谷口はランボルギーニにどんなイメージを抱いているのだろうか?
 「そりゃやっぱり、僕だってスーパーカー世代だからランボルギーニには憧れましたよ。あのー、当時はクラスの男の子がフェラーリ派とランボルギーニ派に二分されていたじゃないですか。あの頃の僕は完全にランボルギーニ派ですよ。というか、『カウンタックLP500』ですよね、僕が憧れていたのは……」

それから月日が過ぎてレーシングドライバーとして名をはせた谷口青年は、知人が所有する歴代ランボルギーニをドライブするチャンスに何度か恵まれたという。
「憧れのカウンタック、乗りましたよー。でもね、覚えているのはハンドルもアクセルもクラッチもチョー重いってことくらい。ただし、クルマが放つオーラっていうか存在感はものすごかったですよね。高速のサービスエリアに止めておいても存在感がハンパなくて、昔だったらあっという間に人だかりができちゃった。ところでランボルギーニって、もともとは農耕用のクルマを作っていたんですよね?」

そのとおり。創業者のフェルッチオ・ランボルギーニはトラクターの生産と販売で財を成すと、自分が理想とするラグジュアリースポーツカーを作り出すため、ランボルギーニ・アウトモビリをイタリア北部のサンタアガタ・ボロネーゼに立ち上げた。これが1963年のこと。そして処女作の「350GT」と「400GT」に続いて誕生したのがランボルギーニの名を世界的に有名にした「ミウラ」。これに続いて登場したカウンタックによりスーパースポーツカー界で不動の地位を築いたランボルギーニは、さらに「ディアブロ」や「ムルシエラゴ」を投入。そうして脈々と受け継がれたフラッグシップの歴史をいまに伝えるのがアヴェンタドールなのである。

 
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(前編)の画像拡大
 
ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスター(前編)の画像拡大

【ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4797×2030×1136mm/ホイールベース:2700mm/車重:1625kg(乾燥重量)※車検証記載値1940kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:740ps(544kW)/8400rpm/最大トルク:690Nm(70.4kgm)/5500rpm/タイヤ:(前)255/30ZR20 92Y XL/(後)355/25ZR21 107Y XL(ピレリPゼロ)/燃費:20.1リッター/100km(約5.0km/リッター、欧州複合モード)/価格:4996万9107円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:277.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:63.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.3km/リッター(満タン法)


	【ランボルギーニ・アヴェンタドールSロードスターのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4797×2030×1136mm/ホイールベース:2700mm/車重:1625kg(乾燥重量)※車検証記載値1940kg/駆動方式:4WD/エンジン:6.5リッターV12 DOHC 48バルブ/トランスミッション:7段AT/最高出力:740ps(544kW)/8400rpm/最大トルク:690Nm(70.4kgm)/5500rpm/タイヤ:(前)255/30ZR20 92Y XL/(後)355/25ZR21 107Y XL(ピレリPゼロ)/燃費:20.1リッター/100km(約5.0km/リッター、欧州複合モード)/価格:4996万9107円

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:277.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:63.9リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:4.3km/リッター(満タン法)
	拡大

関連キーワード:
アヴェンタドール ロードスター, ランボルギーニ, アルピーヌ, A110

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウラカンEVOスパイダー/アヴェンタドールSVJロードスター 2019.3.6 画像・写真 伊ランボルギーニは2019年3月5日(現地時間)、V10エンジン搭載の「ウラカンEVOスパイダー」とV12エンジン搭載の「アヴェンタドールSVJロードスター」を、ジュネーブモーターショー発表。それぞれを写真で紹介する。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー(4WD/7AT)【試乗記】 2018.11.20 試乗記 空力特性を変化させ走行性能を高める空力デバイスや、軽量なフォージドカーボンを採用した「ウラカン」のハイパフォーマンスグレード「ペルフォルマンテ」。そのオープン版として追加された「スパイダー」はどんなパフォーマンスを見せるのか?
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
ホームへ戻る