第119回:まさかの圧勝

2019.01.15 カーマニア人間国宝への道

懐かしの決戦

パンパカパ~~~ン! いよいよ、ミウラさん(学校の先生)のR32「スカイラインGT-R VスペックII」と、赤い玉号こと我が「フェラーリ328GTS」の加速対決です! 続いて328は、流し撮り職人・池之平昌信の「ランエボVI」とも対決します! 50代のカーマニア3名&3台による、懐かしの決戦です!

ちなみに、事前にミウラさんのR32に試乗させてもらった感じでは、「こりゃやっぱり負けるだろうな」と思いました。名機・RB26DETTのツインターボがさく裂すると、体がシートに押し付けられるぅ~。さすがのトルク! か弱い328では太刀打ちできそうにありません。

ただ、さすがに30年近く前の設計だけに、ターボラグはそれなりにあるし、今回は10km/hくらいからのローリングスタートなので、4WDの有利もほとんどナシ。そんなに大差にはならないんじゃ……という期待は持てる。

ちなみにですね、私は10年ほど前、先代のマイ328GTS(愛称:ヨーコ様)で、「ランエボX」との加速対決に勝っております。ヨーコ様はメチャメチャ吹けがいいコでして、阿見飛行場でのゼロヨン(0-400m)計測では、13.609秒をマークしたほどなのですよ。古いフェラーリも捨てたもんじゃないでしょ? 今回もボロ負けはないんじゃないか……なぁ。

ということで、2台の旧車がスタートラインに並んだ。いよいよ決戦!

スターターの合図で両車ゆっくり発進。パイロン通過とともにアクセル全開!
「クオオオオオオオオオオオ~~~」(フェラーリサウンド)

50代カーマニア3名&3台による決戦! 左から「フェラーリ328GTS」オーナーの筆者、R32型「日産スカイラインGT-R」オーナーのミウラさん、「三菱ランサーエボリューションVI」オーナーの池之平昌信カメラマン。
50代カーマニア3名&3台による決戦! 左から「フェラーリ328GTS」オーナーの筆者、R32型「日産スカイラインGT-R」オーナーのミウラさん、「三菱ランサーエボリューションVI」オーナーの池之平昌信カメラマン。拡大
“ヨーコ様”こと筆者のかつての愛車「フェラーリ328GTS」と「三菱ランサーエボリューションX」との対決シーン。(写真=清水草一自主制作DVD『買うしかないぜ! 激安フェラーリ』)
“ヨーコ様”こと筆者のかつての愛車「フェラーリ328GTS」と「三菱ランサーエボリューションX」との対決シーン。(写真=清水草一自主制作DVD『買うしかないぜ! 激安フェラーリ』)拡大
ついにR32型「スカイラインGT-R」との対決の時が来た!(写真=池之平昌信)
ついにR32型「スカイラインGT-R」との対決の時が来た!(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

日産 GT-R の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産GT-R NISMOスペシャルエディション 2021.4.14 画像・写真 日産自動車は2021年4月14日、同年10月に発売予定のハイパフォーマンスモデル「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」を先行公開した。同時に披露された、日本マクドナルドとのコラボレーションモデルとあわせ、その姿を写真で紹介する。
  • より高精度なエンジンを搭載した「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」登場 2021.4.14 自動車ニュース ハイパフォーマンスカー「日産GT-R NISMO」の2022年モデルと、これをベースとする特別仕様車「日産GT-R NISMOスペシャルエディション」が登場。両モデルとも、2021年10月の発売が予定されている。
  • 日産GT-R50 by Italdesign 2021.1.16 画像・写真 日産が「GT-R50 by Italdesign」のテストカーを東京・銀座の「NISSAN CROSSING」に展示。「GT-R NISMO」をベースに伊イタルデザインと共同開発したモデルで、2021年中旬より順次納車が開始されるという。世界限定50台のスペシャルモデルを、写真で紹介する。
  • アウディRS Q8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.7 試乗記 全長5m、全幅2mという巨大なボディーに、圧倒的なパワーを発する4リッターV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS Q8」。重厚長大という言葉を地でいく巨大で豪速なハイパフォーマンスSUVは、得も言われぬ“勝ち組”感に包まれていた。
  • BMW 218iグランクーペMスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.3 試乗記 BMWが初めて手がけた、コンパクトな4ドアクーペ「2シリーズ グランクーペ」。ハッチバック「1シリーズ」と同じ前輪駆動プラットフォームで開発された新型車に、ドライビングプレジャーはあるのか?
ホームへ戻る