第120回:みごとな惜敗

2019.01.22 カーマニア人間国宝への道

328GTS対ランエボVI

R32「スカイラインGT-R」との加速対決で、まさかの4連勝を飾った赤い玉号こと「フェラーリ328GTS」。いったいナゼこんなことになったのか!?

その前にもうちょい報告しますと、この4連戦は、私主催のイベント(大乗フェラーリミーティング)の朝、本番前に行ったものでして、本番では、前座として328GTS対「ランエボVI」(99年製)の加速対決をやりました。

ランエボVIのオーナーは、流し撮り職人兼レーサーの池之平昌信。かつてF1を全戦取材していた時代には、F1関係者の親睦カート大会で、あの皇帝シューマッハ様にベストタイムで勝ったこともある男だ。

愛車に関しても、かつては「ランエボX」の新車を乗り回していたが、リーマンショックの直撃を受けて手放し、現在は激安ド中古ランエボVIを後生大事に乗っている。50代で懐かしの中古車に走るというのは、私同様、カーマニアのシアワセな末路であろうか?

しかし、加速に関しては、ランエボXよりランエボVIのほうが、軽量ゆえに速いはず。R32 GT-Rに圧勝した私も、「これにはさすがに負けるかも」と思っていた。

自然吸気の328の命は、スタート時のアクセルレスポンスだ。相手のターボが利く前に、少しでも前に出ないとイカン。

そう思いながら10km/hくらいでローリングスタート、パイロン通過と同時にアクセル全開!

「クオオオオオオオオオ~~~~ン」

茨城県神栖市にあるサーキットの狼ミュージアムの前で記念撮影。
茨城県神栖市にあるサーキットの狼ミュージアムの前で記念撮影。拡大
流し撮り職人兼レーサーの池之平昌信カメラマン。愛車は「三菱ランサーエボリューションVI」。(写真=池之平昌信)
流し撮り職人兼レーサーの池之平昌信カメラマン。愛車は「三菱ランサーエボリューションVI」。(写真=池之平昌信)拡大
「フェラーリ328GTS」の3.2リッター自然吸気エンジン。(写真=池之平昌信)
「フェラーリ328GTS」の3.2リッター自然吸気エンジン。(写真=池之平昌信)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事