第589回:「電車接近メロディー」から「クルマの警告音」まで
大矢アキオが乗り物系サウンドにひとことモノ申す!

2019.01.25 マッキナ あらモーダ!

電車接近メロディーがうるさい

今回は「音」について考えてみたい。

2018年春、東京都心の宿で原稿を執筆していたときのことだ。どこからかモンキーズの『デイ・ドリーム・ビリーバー』をアレンジしたメロディーが聴こえてくる。一日中、何度となく繰り返された。

理由は、はす向かいのセブン-イレブンに買い物に行ったときに判明した。デイ・ドリーム・ビリーバーは、店内のBGMが外に漏れていたものだった。

部屋に戻って「塩むすび」(税込み110円)にかぶりついても、まだ聴こえてくる。しまいには防音窓を閉めて布団に入っても、今度は頭の中でそれが繰り返されていた。

いっぽう、先日再び東京に短期出張した際は、京浜急行沿線に宿をとった。JR線との乗り換えには、いや応なく京急本線の品川駅を利用する。京急といえば、これまで羽田空港の往復しか利用したことがないボクである。「普通」「エアポート快特」「特急」「快特」……と、多層にわたるヒエラルキーにめまいがした。だから毎回品川駅では、宿の最寄り駅に電車がちゃんと停車するか、改札の駅員さんに確認した。その後も、天井からつり下げられた表示板で何度も確かめた。

それ以上に、品川駅でちょっと困惑したものがあった。駅で流れている、電車が接近していることを示すメロディーである。JRや東京メトロにおける発車メロディーの多くが4拍子で4小節程度の繰り返しなのに対して、同じ4拍子でも10小節くらいあるのだ。

京急ファンの方々はすでにご存じで、ボクの解説など噴飯ものであろう。だが、あえて記すと、このメロディーは日本のロックバンドのくるりが2005年にリリースした楽曲『赤い電車』のメロディーをモチーフにしている。赤い電車とは、すなわち京急である。

オリジナルを聴いてみると、歌声軽やかで、聴いていて心地よい。ところが「電車接近メロディー」版は人工的なリズムだけが妙に浮かび上がり、なんとも騒々しい印象を与える。音量もかなり大きい。そこに駅員さんのアナウンスも重なる。

個人的には、音楽を学んでいた身ゆえ、たとえ数秒の電車接近メロディーとて全身全霊を傾けてアレンジしているプロ音楽家の努力を忘れてはいない。だが他の音との錯綜(さくそう)は、イタリアから来た時差ボケの頭にはかなりきつかったのも、これまた事実だ。

京急品川駅にて。ホーム床面は、乗る電車(各駅や快特など)や行き先ごとの整列乗車を促すよう、カラフルに塗られている。2020年の東京五輪にやって来る外国人は、理解できるだろうか。
京急品川駅にて。ホーム床面は、乗る電車(各駅や快特など)や行き先ごとの整列乗車を促すよう、カラフルに塗られている。2020年の東京五輪にやって来る外国人は、理解できるだろうか。拡大
歌舞伎座前にて、東京ブギウギな筆者。2018年4月撮影。
歌舞伎座前にて、東京ブギウギな筆者。2018年4月撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事