第547回:「雪も走れる夏タイヤ」のうたい文句は本物か!?
ミシュランの新タイヤ「クロスクライメート」をテストした

2019.01.30 エディターから一言
 
第547回:「雪も走れる夏タイヤ」のうたい文句は本物か!?ミシュランの新タイヤ「クロスクライメート」をテストしたの画像拡大

2019年2月にミシュランが本格展開する新タイヤ「クロスクライメート シリーズ」をテストした。そのキャッチフレーズは「雪でも走れる夏タイヤ」。うたい文句どおりであればまさに理想的といえる商品だが、果たしてその出来栄えは!? まずはドライ&ウエット性能をチェックした。

2018年3月よりオートバックスなどで先行販売されていた「ミシュラン・クロスクライメート シリーズ」が、いよいよ本格展開されることに。
2018年3月よりオートバックスなどで先行販売されていた「ミシュラン・クロスクライメート シリーズ」が、いよいよ本格展開されることに。拡大
「クロスクライメート シリーズ」は、14インチの「クロスクライメート」と15インチ以上の「クロスクライメート+」、さらにSUV向けの「クロスクライメートSUV」で構成される。
「クロスクライメート シリーズ」は、14インチの「クロスクライメート」と15インチ以上の「クロスクライメート+」、さらにSUV向けの「クロスクライメートSUV」で構成される。拡大
2015年にヨーロッパでローンチした際のアンケートでは、96%のユーザーが性能に満足していると回答したという。
2015年にヨーロッパでローンチした際のアンケートでは、96%のユーザーが性能に満足していると回答したという。拡大

オールシーズン系タイヤの新商品

2015年の5月にヨーロッパでローンチされて以来、かの地でたちまち高い評価を獲得しているのを耳にしていたことから、個人的には「これは日本市場でもアリなのではないか……?」とひそかに注目をしていたのが「クロスクライメート シリーズ」という名称を与えられた、ミシュラン発のブランニュータイヤだ。

寒冷地でも優れた性能を発揮し、通行規制時にも冬タイヤとして認められることを示す“スノーフレークマーク”が与えられることや、さまざまな天候に対応することを示唆する名称などから、それがいわゆる“オールシーズンタイヤ”に属するアイテムであることは明らか。実際、2015年当時のプロモーションビデオでは、ドライやウエット路面上におけるサマータイヤにも見劣りしない性能を強調しながらも、路面が一部凍結した状況もカバーすることを連想させるアニメーションも用いられていたものだった。こうして“冬季の路面”にも強いことをアピールしていたのだが、現在は当のミシュランから、オールシーズンではなく「冬でも使うことが認められたサマータイヤ」という慎重な言い回しで紹介されている。

そんな新コンセプトによるヨーロッパ生まれのタイヤが、「雪でも走れる夏タイヤ」という独自のキャッチフレーズとともに、いよいよ日本の市場へと本格上陸することになった。

“本格”という注釈を加えたのは、実はこのモデルは2018年3月から、すでに一部の販売店を通じて試験的(?)に国内販売されてきた実績があるゆえ。それが2019年2月に設定サイズを大幅に拡充し、さらに全国の販売店で本格販売がスタートした……というのが、ここでのニュースなのである。

あなたにおすすめの記事
新着記事