クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)

オシャレ系とは言わせない 2019.02.04 試乗記 「ボルボで雪道を存分に楽しみませんか?」 そんな魅力的な話に誘われ北海道までやっては来たものの、路面にほとんど雪は無し。ややガッカリした気分で始まったテストドライブは、突然降り出した大雪によって予想外の結末を迎えるのだった。

ACCとパイロットアシストは強力

冬の北海道をボルボで走る。その情報だけを持って新千歳空港に到着すると、用意されていたのは「XC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」。一昨年のカー・オブ・ザ・イヤー受賞車である。しかも最上級グレードだ。2リッター直4ターボエンジンに2つのモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドカーで、4WD機構を備えている。企画にピッタリのクルマではないか。

喜んでいたのは駐車場にいた間だけで、しばらく走ると大いに落胆した。クルマに不満があったのではない。天気が良すぎるのだ。空を見上げると絵に描いたような青空が広がる。路面は完全に除雪されていて、高速道路に乗っても完全なドライだ。これでは東京で試乗するのと変わらない。はるばる北海道までやってきたのは、雪道での性能を知りたかったからなのに。

文句を言っても仕方がないので、全車速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)とパイロットアシスト(車線維持支援機能)を使ってクルージングする。加減速のアグレッシブさとレーンキープの強力さは健在だ。長距離ドライブの疲労軽減には多大な効果がある。前の車が加速した時になかなかついていけなかったり、車線からはみ出しそうでヒヤヒヤしたりするようなシロモノでは困るのだ。実際に中途半端な機能のシステムも存在していて、そういうクルマに乗ると余計に気を遣うことになって疲れてしまう。

シンプルな意匠のインテリアは高級感を誇示するようないやらしさがなく、淡泊な上質さがある。前後席シートヒーターとハンドルヒーターで暖かな環境が作られるから、乗り込んですぐに居心地のいい車内空間が出現した。前席シートにはマッサージ機能まで付いているという、至れり尽くせりのおもてなしだ。

今回は、2代目「ボルボXC60」の最上級モデル「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗した。過給機付きのエンジンに加えて2つのモーターを搭載するプラグインハイブリッドモデルである。
今回は、2代目「ボルボXC60」の最上級モデル「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」に試乗した。過給機付きのエンジンに加えて2つのモーターを搭載するプラグインハイブリッドモデルである。拡大
ドリフトウッドのパネルをはじめ、北欧調のデザインですっきりとまとめられたインテリア。素材への強いこだわりを感じさせる。
ドリフトウッドのパネルをはじめ、北欧調のデザインですっきりとまとめられたインテリア。素材への強いこだわりを感じさせる。拡大
メーターパネルはフル液晶タイプ。さまざまな車両情報のほか、カーナビのマップも表示できる。
メーターパネルはフル液晶タイプ。さまざまな車両情報のほか、カーナビのマップも表示できる。拡大
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」の運転席および助手席には、電動調節機構やシートヒーターのほか、マッサージ機能も備わる。
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」の運転席および助手席には、電動調節機構やシートヒーターのほか、マッサージ機能も備わる。拡大

ワイド&ローな都市型SUV

内外装ともに武骨さや泥臭さとは無縁だ。XC60に限らず、ボルボのSUVはいずれも都市型の洗練されたフォルムとなっている。ヘッドライトのトールハンマーも定着した。四角いカタチがアイデンティティーだった時代とは様変わりして、そのデザイン性の高さからボルボは今やオシャレ系ブランドと目されている。

行き先は指定されていなかったが、あまり遠くまで行って帰れなくなるのも嫌なので、手頃なところで小樽を目的地に設定した。スタッドレスタイヤを装着していたが、ドライ路面でも操縦性に不安感はなくロードノイズも大きくない。タイヤの性能が進化している上に、こういった状況を想定してクルマにも適切なチューニングが施されているのだろう。

高速道路を降りて市街地に入ると、さすがに雪が残っていた。ただし、日があたって融けかかっており、泥が混じって茶色くなっている。期待していた北海道らしいパウダースノーではない。大通りはほぼシャーベット路になっていたが、通行量の少ない道には雪が融けずに残っていた。撮影場所を探して裏路地に入っていくと、雪かきをして両側に積まれた雪が固まって道幅が狭くなっている。

なんとかなるだろうと思って進んでいくと、ギリギリ通れない。XC60の全幅が1900mmあるのを忘れていた。「XC90」に比べれば60mm細いが、「XC40」よりは30mm幅広だ。ミドルサイズSUVとはいえ、ワイド&ローなプロポーションを手に入れるためにボディーは大型なのだ。

小樽で撮影を続けるのは諦め、空港に戻りながら雪の残っている道を探すことにした。途中でパーキングエリアに立ち寄った際に充電してみようと思ったが、急速充電の設備しかなかったので断念。XC60のバッテリー容量は10.4kWhで、EV走行できる航続距離はカタログ値で45.4kmとなっている。試乗車は受け取った時にバッテリーの残量がほぼゼロだったので充電したかったのだが、もし普通充電の設備があったとしても満充電には3~4時間はかかるはずだ。自宅ガレージで夜間に充電するのが、このクルマの能力をフルに引き出す条件になる。

上級モデル「XC90」のフルモデルチェンジから続く新生代のデザインをまとう2代目「XC60」。T字を横にした形のヘッドライトも特徴のひとつとなっている。
上級モデル「XC90」のフルモデルチェンジから続く新生代のデザインをまとう2代目「XC60」。T字を横にした形のヘッドライトも特徴のひとつとなっている。拡大
センターコンソールには、タッチパネル式の縦型9インチディスプレイが備わる。「XC60」にはカーナビやオーディオなどの物理的なスイッチがほとんどなく、操作はこの画面を介して行うことになる。
センターコンソールには、タッチパネル式の縦型9インチディスプレイが備わる。「XC60」にはカーナビやオーディオなどの物理的なスイッチがほとんどなく、操作はこの画面を介して行うことになる。拡大
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」のセンターコンソール。オレフォス社製クリスタルを採用したシフトノブ(写真右端)のほか、エンジンスタートスイッチや走行モードセレクターなどが並ぶ。
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」のセンターコンソール。オレフォス社製クリスタルを採用したシフトノブ(写真右端)のほか、エンジンスタートスイッチや走行モードセレクターなどが並ぶ。拡大
後席(写真)は運転席と同様に、上質な「パーフォレーテッド・ファインナッパレザー」で仕立てられている。
後席(写真)は運転席と同様に、上質な「パーフォレーテッド・ファインナッパレザー」で仕立てられている。拡大
リアビューは、個性的なデザインのコンビランプや2本出しのエキゾーストパイプが目を引く。
リアビューは、個性的なデザインのコンビランプや2本出しのエキゾーストパイプが目を引く。拡大

おせっかいなほどの安全技術

スキー場のそばに雪が降り積もった場所を見つけ、撮影を始めた。知らぬ間に空は曇ってきて、インテリアの撮影には好適な天気になっている。幸運を喜んでいると、空からチラチラと白いものが落ちてきた。数分すると雪粒が大きくなり、風が強くなってきたことに気づく。30分ほど前までは晴れていたのに、驚くほどの激変である。

再び移動を開始すると、茶色に汚れていた道の上に新雪が降り積もって白銀の世界。XC60は走行モードが切り替えられるようになっていて、シフトセレクターの手前にあるダイヤルスイッチで操作する。通常は「Hybrid」モードを使うが、雪道なので常時4WDで走行するモードに切り替えて走ることにした。道路の中央線はまったく見えなくなり、横なぐりの雪のせいで視界は悪い。それでもXC60は不安を抱かせるような挙動を見せず、車内は快適そのものだ。

ワイパーがかき出した雪が、フロントウィンドウの端にたまるほどの量になってきた。サンルーフはスノールーフと呼んだほうがいい状態である。クルマを降りて外から見ると、雪まみれでどんなボディーカラーなのかわからなくなっていた。バンパーまわりには雪が固く付着してナンバープレートの数字が読み取れない。

クルマは周囲に障害物があると認識しているようで、繰り返しアラートが鳴って確認画面が表示される。少々過敏でおせっかいな気がしたが、これが安全を重視するボルボらしいところなのだろう。割れたガラスでケガをする危険を減らすため、ボルボは1944年に合わせガラスを採用。3点式シートベルトを開発して1959年型から標準装備し、特許を無償で公開した。ダブルトライアングルブレーキシステムや多段式衝撃吸収ステアリングコラムなど、ボルボが世界に先駆けて採用した安全技術は数多くある。おせっかいなどと言ったらバチが当たるだろう。

「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」の足まわりはエアサスペンションが標準装備。選択した走行モードに合わせて、車高が自動的に変化する。
「T8 Twin Engine AWDインスクリプション」の足まわりはエアサスペンションが標準装備。選択した走行モードに合わせて、車高が自動的に変化する。拡大
雪が激しさを増していく中、北の大地で「XC60 T8」を走らせる筆者。雪道に慣れない身にとっては、北欧生まれというボルボの出自は安心材料のひとつになる。
雪が激しさを増していく中、北の大地で「XC60 T8」を走らせる筆者。雪道に慣れない身にとっては、北欧生まれというボルボの出自は安心材料のひとつになる。拡大
エコロジーな「ピュア」、スポーティーな「パワー」など、タッチ式ディスプレイを使って好みの走行モードが選択できる。
エコロジーな「ピュア」、スポーティーな「パワー」など、タッチ式ディスプレイを使って好みの走行モードが選択できる。拡大
道路の判別も難しいほどの大雪の中を走る「XC60」。今回は、自慢の運転支援システムが天候の影響を受ける場面も見られた。
道路の判別も難しいほどの大雪の中を走る「XC60」。今回は、自慢の運転支援システムが天候の影響を受ける場面も見られた。拡大

吹雪になっても安全に帰還

「パーク・アシスト・パイロット」のセンサーがブロックされて使えなくなったというアラートが何度も表示された。リアにも跳ね上げられた雪が付着しているようだ。自動パーキング機能を使うつもりはないから問題はない。

高速道路も完全に真っ白である。午前中にドライだった道が、全面的に雪に覆われてしまった。車線が見えないから、センサーが生きていてもパイロットアシストは使えない。自分でステアリングを操作すればいいだけの話だが、完全な自動運転の実現に向けては何らかの対策が必要になるのだろう。

慎重に走っていれば、危険を感じることはない。4WDシステムがサポートしてくれるからもっとスピードを出してもいいのかもしれないが、雪道に慣れていないから心理的な抵抗がある。スイスイ抜いていく地元のドライバーと張り合うのは浅はかだ。

無事に空港にたどり着いたが、帰りの便はキャンセルされていた。万全な備えができている新千歳空港が混乱するほどの大雪だったのだ。朝は雪がなくてガッカリしていたのに、これだけ降られるのもうれしくはない。とは言いながら、2つの異なる条件でXC60をテストできたのだから、ラッキーだと考えるべきなのだろう。

寒冷地でのトラブルは、下手をすれば命にかかわる。いきなり吹雪になってあわてたものの、特に危険な目に遭うこともなく安心して運転することができた。都市型SUVのフリをしているが、もともとボルボはスウェーデンの過酷な冬でも安全に走れるタフなクルマを作ってきたのだ。オシャレ系ブランドと見られるようになっても、出自は忘れていない。

(文=鈴木真人/写真=三浦孝明/編集=近藤 俊)

「XC60」では、走行安定性を高める「ロール・スタビリティ・コントロール」や「コーナー・トラクション・コントロール」といった機能が全車に標準装備される。
「XC60」では、走行安定性を高める「ロール・スタビリティ・コントロール」や「コーナー・トラクション・コントロール」といった機能が全車に標準装備される。拡大
試乗車のインテリアは、チャコールとブロンドのツートンカラー仕立て。ほかにチャコール単色のカラーリングも選べる。
試乗車のインテリアは、チャコールとブロンドのツートンカラー仕立て。ほかにチャコール単色のカラーリングも選べる。拡大
15個のスピーカーで構成される「Bowers & Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム」は32万円のオプション(写真は、フロントドア部のスピーカー)。
15個のスピーカーで構成される「Bowers & Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム」は32万円のオプション(写真は、フロントドア部のスピーカー)。拡大
 
ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm
ホイールベース:2865mm
車重:2180kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ+スーパーチャージャー
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:8段AT
エンジン最高出力:318ps(233kW)/6000rpm
エンジン最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2200-5400rpm
フロントモーター最高出力:34ps/2500rpm
フロントモーター最大トルク:160Nm/0-2500rpm
リアモーター最高出力:65ps/7000rpm
リアモーター最大トルク:240Nm/0-3000rpm
タイヤ:(前)255/45R20 105V/(後)255/45R20 105V(ピレリ・スコーピオン ウインター)
燃費:15.7km/リッター(JC08モード)
価格:899万円/テスト車=942万6000円
オプション装備:Bowers & Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム<1100W、15スピーカー、サブウーファー付き>(32万円)/有償ボディーカラー<クリスタルホワイトパール>(10万3000円)/パワーチャイルドロック(1万3000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:7367km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション
ボルボXC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション拡大
試乗車「XC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」の8スポーク20インチホイール。タイヤはピレリの「スコーピオン ウインター」が組み合わされていた。
試乗車「XC60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション」の8スポーク20インチホイール。タイヤはピレリの「スコーピオン ウインター」が組み合わされていた。拡大
標準で備わる、パノラマガラスサンルーフ。前後席の頭上にまたがる大きなもので、チルトアップ機構も備わる。
標準で備わる、パノラマガラスサンルーフ。前後席の頭上にまたがる大きなもので、チルトアップ機構も備わる。拡大
インストゥルメントパネルの金属製トリムには、スウェーデン国旗の装飾があしらわれる(写真中央やや右)。この意匠には、湿度や温度の変化でウッドパネルが収縮することで生じるダメージを抑える効果もあるという。
インストゥルメントパネルの金属製トリムには、スウェーデン国旗の装飾があしらわれる(写真中央やや右)。この意匠には、湿度や温度の変化でウッドパネルが収縮することで生じるダメージを抑える効果もあるという。拡大
リアエンドには、エンジンとモーターという2つのパワーソースを持つことや、4WD車であることを示すエンブレムが添えられる。
リアエンドには、エンジンとモーターという2つのパワーソースを持つことや、4WD車であることを示すエンブレムが添えられる。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ XC60 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。