第23回:ホンダNSX(前編)

2019.02.13 カーデザイナー明照寺彰の直言
ホンダNSX
ホンダNSX拡大

久々の復活を遂げた和製スーパースポーツ「ホンダNSX」。そのデザインは、現役カーデザイナー明照寺彰の目にどう映ったのか? 数あるクルマのジャンルの中でも、スーパーカーのデザインが最も難しいとされる理由とは?

2代目となる現行型「NSX」の発表は2016年8月。実に11年ぶりの“NSX復活”となった。
2代目となる現行型「NSX」の発表は2016年8月。実に11年ぶりの“NSX復活”となった。拡大
現行型「NSX」のインストゥルメントパネルまわり。当初4色展開だった内装色には、2018年10月の改良でブルー系の「インディゴ」が加わり、現在では全5色のラインナップとなっている。
現行型「NSX」のインストゥルメントパネルまわり。当初4色展開だった内装色には、2018年10月の改良でブルー系の「インディゴ」が加わり、現在では全5色のラインナップとなっている。拡大
1990年9月に発売された、初代「NSX」。広大なガラスエリアを持つキャノピーは、ジェット戦闘機に着想を得たもので、ドライバーに広々とした視界を提供した。
1990年9月に発売された、初代「NSX」。広大なガラスエリアを持つキャノピーは、ジェット戦闘機に着想を得たもので、ドライバーに広々とした視界を提供した。拡大
余談だが、現行型「NSX」のお値段は2370万円である。
ほった:「少し身近な夢も、ずいぶん遠くに行ってしまいましたな……」
余談だが、現行型「NSX」のお値段は2370万円である。
	ほった:「少し身近な夢も、ずいぶん遠くに行ってしまいましたな……」拡大

初代はオリジナリティーがあったのに……

明照寺彰(以下、明照寺):このクルマの一番残念なところは、先代とまったく違うカタチになったことだと思うんですよ。

永福ランプ(以下、永福):あっ! そこですか。

明照寺:もちろん、先代が出たのは30年近く前なので、現代とは何もかも違っています。デザインが変わるのも当たり前の話ですけど。

永福:でも、先代の匂いすらない。

明照寺:私が先代NSXのどこに引かれたかっていうと、オリジナリティーがあったことなんですよ。先代が出てきたときには、私はまだそんなに大きくはなかったけど、クルマ好きだったのでよく覚えてるんです。正直なところ、最初からあまり新鮮味はありませんでした(笑)。

永福:すごい洞察力を持ったチビッコですね(笑)。

明照寺:「すげえなぁ!」っていう感じは全然なかったんですけど、その当時のフェラーリなどに比べて、どこかしら知性を感じたんです。で、話を聞くと、その頃の他のスーパースポーツに比べて、圧倒的に乗りやすいし、視界もいいということで、すごくオリジナリティーがあったと思うんですよね。当時はちょうどF1ブームでもありましたし、本気で憧れました。

永福:新鮮味はなかったけれど、憧れたんですか?

明照寺:憧れましたよ。ホンダが国産初のスーパースポーツを出した。価格も800万円で、子供には買えないけど(笑)、いつか手が届くんじゃないかと思えましたし。

永福:夢は少し身近なほうがいい。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(2019年モデル) 2018.10.25 画像・写真 デビューから2年がたち、ダイナミクス性能のさらなる熟成を目指してマイナーチェンジが施された「ホンダNSX」。「クルバレッド」と新色「サーマルオレンジ・パール」をまとう最新型の姿を写真で紹介する。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(アキュラ) 2017.12.8 画像・写真 大幅改良を受けた新型「RLX(日本名:ホンダ・レジェンド)」に、迫力のサーキット専用車「NSX GT3」の姿も。ロサンゼルスモーターショーの会場から、ホンダのプレミアムブランド、アキュラの展示車両を写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.10.10 試乗記 メルセデス・ベンツ初の量産型電気自動車「EQC」が、日本の道を走りだす――興味津々でステアリングを握った筆者は、従来の常識では予想できなかった、その動力性能や静粛性に時代の変化を感じたのだった。
  • アウディRS 5スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.7 試乗記 伸びやかな5ドアのボディーに、パワフルな2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 5スポーツバック」。最高出力450PS、最大トルク600N・mのアウトプットを自慢の「クワトロ」フルタイム4WDで御す、その走りを試した。
ホームへ戻る