第24回:ホンダNSX(後編)

2019.02.20 カーデザイナー明照寺彰の直言
ホンダNSX
ホンダNSX拡大

自動車のデザインの中でも、特に難しいとされるスーパースポーツ。久々の復活を遂げた「ホンダNSX」には、具体的にどのような問題点があるのか? 現役デザイナー明照寺彰が、迷走するホンダ&アキュラのデザインに物申す。

永福:「これは?」
ほった:「現行型『NSX』のデザインスケッチだそうです」
永福:「これは?」
	ほった:「現行型『NSX』のデザインスケッチだそうです」拡大
明照寺:「新しい『NSX』には、初代と同じくらいオリジナリティーを感じさせてほしかったんですよ」
ほった:「明照寺さん、ホントに初代NSX好きですよね」
明照寺:「新しい『NSX』には、初代と同じくらいオリジナリティーを感じさせてほしかったんですよ」
	ほった:「明照寺さん、ホントに初代NSX好きですよね」拡大
初代「NSX」のサイドビュー。
初代「NSX」のサイドビュー。拡大
こちらは「フェラーリF355GTS」のサイドビュー。ガラスエリアの広さやリアセクションの形状、リアオーバーハングの長さなどに、初代「NSX」との違いが見て取れる。
こちらは「フェラーリF355GTS」のサイドビュー。ガラスエリアの広さやリアセクションの形状、リアオーバーハングの長さなどに、初代「NSX」との違いが見て取れる。拡大

初代NSXは知的? それとも小市民的?

明照寺彰(以下、明照寺):……このように、スーパーカーのデザインは本当に難しい世界なんです。ただ、やっぱりこちらとしては大いに期待してしまう。新型NSXについては、「せっかくつくるなら初代NSXくらいオリジナリティーを感じさせる作品にしてほしかったなぁ」って思っています。

永福:個人的には、初代NSXのデザインにもあんまりオリジナリティーを感じないんですが……。

ほった:うーん、自分は感じますけどね。32の「GT-R」(R32型の「日産スカイラインGT-R」)も好きですが。

永福:GT-Rはオリジナリティーのカタマリでしょ、戦車だもん。でも初代NSXは、「フェラーリをホンダっぽくしました」みたいにしか思わなかった。

明照寺:わかります。それはすごくわかります。ただあの時代は、フェラーリが絶対の解で、そこから全然違う方向には行けなかったと思うんですよ。それでもNSXは、キャノピーがとても大きくて、全幅に対して全長が長い、細長いプロポーションをしてましたよね。その点で、明らかに違いを見せていた。

永福:お尻は伸びてましたよね。

明照寺:実用性を考えて後部トランクをしっかり付けて、この形にしたんだなって、あの時代は納得できました。

ほった:頭良さそうに見えましたね。

永福:知的というより、スーパーカーなのに小市民的に見えたな。

明照寺:私は、ポルシェとフェラーリの中間だって感じましたね。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

ホンダ NSX の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダNSX(その2) 2016.8.25 画像・写真 「ホンダNSX」のグレードは1種類のみだが、カーボンファイバーの内外装パーツや電動調整機構付きのセミアニリンレザーシートなど、さまざまなオプションが用意されている。カーボンパーツでドレスアップされたNSXの姿を写真で紹介する。
  • レクサスIS300h“バージョンL”/IS300h“Fスポーツ”/IS300“Fスポーツ”【試乗記】 2020.12.25 試乗記 セダン冬の時代と言われて久しいが、「レクサスIS」の最新型は、この情勢を一変させられるか? フルモデルチェンジ並みの改良策が施された、プレミアムスポーツセダンの走りをリポートする。
  • ホンダNSX(その1) 2016.8.25 画像・写真 ホンダの新型「NSX」を発表。専用設計の3.5リッターV6ツインターボエンジンと3基のモーターからなるハイブリッドシステム「スポーツハイブリッドSH-AWD」を搭載し、11年ぶりに復活した高性能スポーツモデルの姿を写真で紹介する。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る