BMW M2コンペティション(後編)

2019.02.28 谷口信輝の新車試乗 「BMW M2コンペティション」に試乗した谷口信輝は、その走りを高く評価する一方で、「気になるところもある」という。プロが最新のハイパフォーマンスモデルに求める改善点とは何なのか?

あのころから変わっていない

箱根のワインディングロードで試乗したBMW M2コンペティションについて「古典的な味わいを持つスポーティーカー」と語った谷口信輝。その後編ではまず、M2の最大の魅力のひとつというべきストレート6エンジンの印象を尋ねてみた。
「パワーは結構ありますよね。でも、パワーバンドはどちらかというと狭めかなあ。ブーンって加速して『おお、いい感じになり始めたぞー』と思ったら、すぐにシフトアップするタイミングがやってきちゃうみたいな感じで……。まあ、それも楽しみのひとつといえば、そういうことなんですけどね」

BMWといえばスポーティーモデルにいまもマニュアルトランスミッションをラインナップしている数少ないプレミアムブランドだが、その感触はどうだったのか?
「いや、いまもBMWがMTモデルを残してくれている点は本当にありがたいし、うれしいですよ。『もちろんパドルシフトもありますが、古き良き時代のマニュアルもご用意していますよ』という姿勢は、僕ら走り屋にとって、とても頼もしいですよね。でもね、そのシフトフィールは、20年くらい前のE36型『M3』のころとあまり変わらなくて、シフトストロークも長め。どうせだったら『最新の技術でマニュアルトランスミッションを作ったら、こんなのができたぜ!』みたいのを出してほしかったですよね」

最新のスポーツモデルでMTの採用例が減っているのは、エンジンが“速く”なりすぎて、マニュアルトランスミッションではシフトが追いつかなくなっていることも背景にあるように思うが、この点について谷口はどう考えているのか?

すると谷口は、いたずらっぽい笑みを浮かべながら「ほかの人は知りませんが、僕を乗せたらMTでも“スパスパ”シフトしちゃうからDCTに負けませんよ」と答えてくれたので、「じゃあ、自分でM2を買うならMTモデルか?」と突っ込んでみたところ「うーん、やっぱりDCTかな?」とほほ笑みながら本心を明かしてくれた。

たしかにMTモデルは楽しいが、もはや後戻りできないくらい私たちはDCTの恩恵に浴しているということだろう。ちなみにM2のDCTモデルはMT仕様の25万円高(901万円)という価格設定である。

 
BMW M2コンペティション(後編)の画像拡大
 
BMW M2コンペティション(後編)の画像拡大
 
BMW M2コンペティション(後編)の画像拡大
 
BMW M2コンペティション(後編)の画像拡大

【BMW M2コンペティションのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1855×1410mm/ホイールベース:2695mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:410ps(302kW)/6250rpm/最大トルク:550Nm(56.1kgm)/2350-5230rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:10.8km/リッター(JC08モード)/価格:876万円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:244.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:25.3リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.6km/リッター(満タン法)、10.9km/リッター(車載燃費計計測値


	【BMW M2コンペティションのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4475×1855×1410mm/ホイールベース:2695mm/車重:1610kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ツインターボ/トランスミッション:6段MT/最高出力:410ps(302kW)/6250rpm/最大トルク:550Nm(56.1kgm)/2350-5230rpm/タイヤ:(前)245/35ZR19 93Y/(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:10.8km/リッター(JC08モード)/価格:876万円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:244.0km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:25.3リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:9.6km/リッター(満タン法)、10.9km/リッター(車載燃費計計測値
	拡大

関連キーワード:
M2クーペ, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション(FR/6MT)【試乗記】 2018.11.28 試乗記 「BMW M2クーペ」の進化版「M2コンペティション」に試乗。新たに搭載された「M3/M4」ゆずりの直6ユニットをマニュアルトランスミッションで操るという、贅沢(ぜいたく)な時間を堪能した。
  • BMW 220iクーペ スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2014.7.16 試乗記 これまでの「1シリーズ クーペ」に代わって誕生した、BMWの新たな2ドアモデル「2シリーズ クーペ」。その走りや乗り心地を、エントリーモデル「220iクーペ スポーツ」で確かめた。
  • BMW 118d(FF/8AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.7.22 試乗記 BMWのエントリーモデル「1シリーズ」が、FFのプラットフォームを用いた3代目にフルモデルチェンジ。駆動方式の変更に際してBMWがこだわったポイントとは? BMWの“おひざ元”であるドイツ・ミュンヘンで、その出来栄えを確かめた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る