第593回:スバルは上官専用?
イタリアの最新警察用車両事情

2019.02.22 マッキナ あらモーダ!

とある奇遇

早いものでFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のCEOだったセルジオ・マルキオンネ氏が2018年7月に世を去ってから半年が過ぎた。

彼は1952年、イタリア中部アブルッツォ地方キエティで生まれ、14歳のときに家族とともにカナダへと移民した。イタリアにおける父親の職業は「カラビニエリ(憲兵)」であった。

マルキオンネ氏が最後に公の場へと姿を現したのは2018年6月ローマにおける「ジープ・ラングラー」のカラビニエリへの引き渡し式だった。これは、一種の奇遇としかいいようがない。

2018年6月26日、カラビニエリへの「ジープ・ラングラー」納車式に臨席したセルジオ・マルキオンネ氏。彼にとってこれが公の場へと姿を現した最後となった。
2018年6月26日、カラビニエリへの「ジープ・ラングラー」納車式に臨席したセルジオ・マルキオンネ氏。彼にとってこれが公の場へと姿を現した最後となった。拡大
カラビニエリの「ジープ・コンパス」(左)と「フィアットAR55」(右)
カラビニエリの「ジープ・コンパス」(左)と「フィアットAR55」(右)拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事