クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第593回:スバルは上官専用?
イタリアの最新警察用車両事情

2019.02.22 マッキナ あらモーダ!

とある奇遇

早いものでFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のCEOだったセルジオ・マルキオンネ氏が2018年7月に世を去ってから半年が過ぎた。

彼は1952年、イタリア中部アブルッツォ地方キエティで生まれ、14歳のときに家族とともにカナダへと移民した。イタリアにおける父親の職業は「カラビニエリ(憲兵)」であった。

マルキオンネ氏が最後に公の場へと姿を現したのは2018年6月ローマにおける「ジープ・ラングラー」のカラビニエリへの引き渡し式だった。これは、一種の奇遇としかいいようがない。

2018年6月26日、カラビニエリへの「ジープ・ラングラー」納車式に臨席したセルジオ・マルキオンネ氏。彼にとってこれが公の場へと姿を現した最後となった。
2018年6月26日、カラビニエリへの「ジープ・ラングラー」納車式に臨席したセルジオ・マルキオンネ氏。彼にとってこれが公の場へと姿を現した最後となった。拡大
カラビニエリの「ジープ・コンパス」(左)と「フィアットAR55」(右)
カラビニエリの「ジープ・コンパス」(左)と「フィアットAR55」(右)拡大

警察が4つある!

今回はイタリアの最新警察用車両事情についてお話ししよう。

イタリアにおける警察は、大別して4つの組織が存在する。1つ目はそのカラビニエリだ。始まりは1814年7月、イタリア王国の前身・サルデーニャ王国の第5代国王ヴィットリオ・エマヌエレ1世が、自らの護身と治安維持のために創設した組織にまでさかのぼる。「Carabinieri」の由来は、彼らが軽量で操作しやすいカービン銃(イタリア語:carabina、英語:carbine)を携行していたことである。今日のイタリア共和国では防衛省の管轄で、陸海空軍と並ぶ組織として位置づけられている。

2つ目は「国家警察」である。こちらは1848年、サルデーニャ王国の第7代国王カルロ・アルベルトが創設した治安組織に由来する。現在は内務省が監督官庁である。

このカラビニエリと国家警察、任務はかなり近似しているが、管轄地域に違いがある。カラビニエリは日本における駐在所のように小さな村や町にも拠点があるのに対し、国家警察の警察署(クエストゥーラ)は、原則として大都市のみである。

また、国家警察の内部には「鉄道警備隊」「交通警備隊」「国境警備隊」、そして「郵便警察」と名付けられた組織も置かれている。

「フィアットAR55」のカラビニエリ仕様。
「フィアットAR55」のカラビニエリ仕様。拡大
カラビニエリ クーネオ支部 歴史車部門のエンブレム。
カラビニエリ クーネオ支部 歴史車部門のエンブレム。拡大

“若い国”ゆえ

3つ目は「財務警察」だ。こちらは経済および金融省を監督官庁とする。前述した2つの警察よりもさらに歴史が古く、1774年にサルデーニャ王ヴィットリオ・アメデオ3世が創設した、国境における財務監視組織にまでさかのぼる。

今日では脱税・密輸に関する捜査のほか、路上ではドライバーが免許証や自動車税/保険の支払証書を所持しているか、車検にパスしているかといった検問も担当している。また法に触れる商品を輸送していないかなどのチェックも彼らの役目だ。

さらに近年イタリアでは、新車/中古車を問わず価格が2万ユーロ(約250万円)以上の車両を購入した場合、原則として当局による調査の対象となる。これを収税局と連携してチェックするのも財務警察の役目である。

第4の警察は「刑務警察」だ。これは法務省の管轄で、日本の刑務官と考えればよい。

実はこの4組織以外にも、地方自治体の直轄組織である「市警察」も存在する。こちらも歴史が古く、例えばミラノ市警察の場合、始まりはイタリア国家統一前年の1860年である。

日本の110番に相当する電話番号は、カラビニエリが112で国家警察が113、そして財務警察が117である。

「なぜこんなに多いのだ」という読者諸兄の声が聞こえてきそうだが、今日の統一イタリアの誕生がわずか158年前であることを考えれば、その前後に誕生した組織がいくつもあっていまだに重複しているのはやむを得ない。また、任務の分担こそ違えど、複数の警察組織が併存しているのは、隣国フランスを含めて欧州のさまざまな国でみられる形態だ。

参考までに、従来第5の警察組織として存在した「森林警備隊」が2016年末、ときの政権によってカラビニエリにようやく編入された。イタリアとしてもわずかながらではあるが、合理化を模索している途上なのである。

こちらは国家警察 交通警備隊の「BMW 320dツーリング」。
こちらは国家警察 交通警備隊の「BMW 320dツーリング」。拡大
そのダッシュボード。GPSと連動したタブレット端末や無線機器、中央には回転灯と一体型の表示版の制御パネルなどが追加されている。さらに、高解像度の動画用カメラも装備。
そのダッシュボード。GPSと連動したタブレット端末や無線機器、中央には回転灯と一体型の表示版の制御パネルなどが追加されている。さらに、高解像度の動画用カメラも装備。拡大

欧州レベルの入札で

さて、毎冬トリノで開催されるヒストリックカーショー「アウトモトレトロ」には、毎年カラビニエリと国家警察の交通警備隊が出展する。2019年1月31日から2月3日まで開催された第37回にも、両組織が歴史的車両と現行型を展示した。

近年は、カラビニエリの「ルノー・クリオ」や、国家警察のセアト車を街中で見かける機会が多い。

現在の車両選択の方法を、国家警察の隊員が説明してくれた。それによると、必要な技術仕様は指定できるものの、欧州連合(EU)レベルでの入札を実施する必要がある。

今回展示された国家警察の「BMW 320dツーリング」は、従来の「アルファ・ロメオ159スポーツワゴン」に代わる車両として導入されたものである。イタリアの警察車=アルファ・ロメオというのは、ますます過去の話になりつつある。

カラビニエリの場合、入札結果を一般にも公開している。例として、2018年12月に実施された入札で納入が決まった警察車両は以下のとおりだ(バスなどの大型車などは除く)。同じ車名が重複するのは、別の回として入札が行われたためである。

  • ジープ・レネゲード(21台)
  • ジープ・グランドチェロキー(25台)
  • ジープ・グランドチェロキー(4台)
  • スバル・フォレスター(12台)
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(10台)
  • ジープ・グランドチェロキー(20台)
  • スバル・フォレスター(14台)
  • フィアット・フルバック(10台)
国家警察は、カラビニエリを上回る3台の歴史車両を展示。1971年「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー1.6 交通警備隊仕様」は、175km/hの最高速度を誇った。
国家警察は、カラビニエリを上回る3台の歴史車両を展示。1971年「アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー1.6 交通警備隊仕様」は、175km/hの最高速度を誇った。拡大
こちらは国家警察仕様の1967年「フィアットAR55」。エンジンは1.9リッター(1901cc)ガソリン4気筒。
こちらは国家警察仕様の1967年「フィアットAR55」。エンジンは1.9リッター(1901cc)ガソリン4気筒。拡大
「AR55」のスパルタンな運転席。同車は1950年代から1970年代後半まで広くイタリアの各警察組織に用いられた。
「AR55」のスパルタンな運転席。同車は1950年代から1970年代後半まで広くイタリアの各警察組織に用いられた。拡大

そのカラーは「食料品店の紙」

ちなみに今日イタリアの警察組織における入札が欧州レベルで実施されているのは、制服でも同じという。説明してくれた警察官は、「これも外国製だよ」と襟をひっくり返してタグを見せてくれた。

財政健全化を模索中のイタリア政府は、警察組織に大排気量車の導入を許していない。前述のBMW 320dツーリングも2リッターである。かつて話題となった「ランボルギーニ・ガヤルド」は規制以前のものであり、そもそもメーカーから寄付された車両であった。

署内では、やはり偉い人がいいクルマに乗れるのか? そんなたわいもない筆者の疑問に真面目に対応してくれたのは、国家警察の別の警察官だった。答えは「職務に応じて乗り分けるので、階級の上下は関係なし」とのこと。「俺は偉いから、今日はスバルでパトロールさせてもらうぜ!」などということはないのだ。

最後にトリビアをもうひとつ。国家警察が古くさいカーキの車体色を捨てたのは1981年である。同じくその場にいた歴史に詳しい警察官によると「従来、内務省の監督下にありながらも、法律的には武装組織であった位置づけを解除したのに合わせた」という。

現在の車体色であるブルーに関して聞くと、「ああ、カルタ・ダ・ズッケロね」と彼は言った。「carta da zucchero」とは「砂糖用の紙」だ。往年の食料品店で砂糖をはじめ、パスタや豆などの乾物を量り売りしていた時代の包装紙を指す。その色とパトロールカーの塗色を重ね合わせているのだ。

そんなおちゃめな話を聞いたあとの筆者は、日本のパトロールカーが「真っ二つに割ったあんこ入りまんじゅう」に見えてならないのであった。

(文=大矢アキオ<Akio Lorenzo OYA>/写真=Akio Lorenzo OYA、FCA/編集=藤沢 勝)

歴史的二輪車の展示も。1963年「モト・グッツィ・ファルコーネ」は、単気筒4サイクル500ccの最高出力19HPエンジンを搭載。スペック上の最高速は120km/h。
歴史的二輪車の展示も。1963年「モト・グッツィ・ファルコーネ」は、単気筒4サイクル500ccの最高出力19HPエンジンを搭載。スペック上の最高速は120km/h。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとしてシエナ在住。NHKのイタリア語およびフランス語テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。NHK『ラジオ深夜便』では、22年間にわたってリポーターを務めている。『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり』(コスミック出版)など著書・訳書多数。最新刊は『シトロエン2CV、DSを手掛けた自動車デザイナー ベルトーニのデザイン活動の軌跡』(三樹書房)。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。