第189回:ガサツな白人運転手がインテリ黒人を乗せて南部へ
『グリーンブック』

2019.02.27 読んでますカー、観てますカー

黒人用の旅行ガイドが必要だった時代

『グリーンブック』というタイトルを見ても何を意味するのかわからなかったのだが、アフリカ系アメリカ人ならば知っているのが当然らしい。1936年から1966年まで発行されていた旅行ガイドのことで、正式名称は『The Negro Motorist Green Book』。黒人ドライバーが自動車で旅行する際に利用できるホテルやレストランを紹介している。当時はジム・クロウ法と呼ばれる州法によって人種分離が合法とされていて、黒人の立ち入りを禁ずる店が多かったのだ。

『それでも夜は明ける』は、1941年にニューヨークの黒人バイオリニストが連れ去られて南部に奴隷として売られた実話を元にしていた。『グリーンブック』が描くのも実際にあった話で、1962年の出来事だ。キング牧師が呼びかけたワシントン大行進は翌年のことで、公民権法が制定されるのは1964年。わずか50年ほど前、アメリカではひどい人種差別が横行していた。

トニー・バレロンガはニューヨークのナイトクラブでフロアマネージャーとして働いている。フランク・シナトラも歌ったコパカバーナで、名士が集う高級社交場だ。ショービジネスの世界はマフィアとも密接なつながりがあり、トニーは用心棒的な仕事もこなす。腕っぷしが強いだけでなくトラブルを口先で丸め込む能力に優れていたことから、“リップ”の愛称で呼ばれている。

コパカバーナが改装で2カ月休業することになり、その間は別の仕事を探さなければならない。ホットドッグ早食いで50ドル稼いだものの、フードファイター小林 尊ではないのだから職業にするのは無理だ。ドクターが運転手を探していると聞いて指定された住所に病院を探しにいくと、そこにあったのはカーネギーホール。ドクターは劇場の2階に住んでいるという。現れたのは、アフリカの王様のような衣装に身を包んだ男。医者ではなく、心理学、音楽、典礼芸術の博士号を持つ黒人ピアニストのドクター・シャーリーだった。

© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.
© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.拡大
 
第189回:ガサツな白人運転手がインテリ黒人を乗せて南部へ『グリーンブック』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事