第594回:目指すは欧州最速!?
イタリアで制限速度150km/hへの引き上げが議論中

2019.03.01 マッキナ あらモーダ!

携帯は即免許取り消し! 運転中のタバコもアウト

高速道路の制限速度を130km/hから150km/hに――イタリアでは今、改正道路交通法の内容が大きな話題となっている。

2019年2月、連立政権与党である同盟と5つ星運動は、法案の骨子を代議院(下院)の委員会と公聴会に託した。このイタリア版改正道交法、公布までには数々の修正が行われると予想される。だが、現段階でも日々のドライバー生活に関わってくる内容がたくさん盛り込まれている。

まず、運転中の携帯電話の使用が厳罰化される見込みだ。国家警察交通警備隊のサント・プッチア隊長は下院公聴会で、「1回目の違反で反則金最高680ユーロ(約8万5000円)、2回目で免許停止」という現行法では抑止効果が薄いことを指摘。改正後は、1回目の違反でも即座に免許取り消しにすべきと提案している。

プッチア隊長が主張する“即免許取り消し”が実現するかは不透明だ。しかし、イタリア自動車クラブ(ACI)の2016年10月発表資料によると、イタリアにおける交通事故の4分の3は不注意によるもので、その多くを運転中の携帯電話使用が占める。

したがって従来よりも厳しくなることは確実だろう。なお、同様に「運転中の不注意」を低減させる目的で、運転中の禁煙も導入される可能性が出てきた。

いっぽう、駐車に関していえば、従来は罰則がなかった「妊娠中や乳児を乗せたドライバー専用パーキング」への不法駐車に反則金を科す案が浮上している。

アウトストラーダA1号線「太陽の道」のフィレンツェ‐ボローニャ間にて。
アウトストラーダA1号線「太陽の道」のフィレンツェ‐ボローニャ間にて。拡大
参考までに、イタリアで販売されているタバコの例。法律に従い「Il fumo uccide (煙は殺す)」の文字が。
参考までに、イタリアで販売されているタバコの例。法律に従い「Il fumo uccide (煙は殺す)」の文字が。拡大
ピンクに塗られた、妊婦と乳児連れ専用の駐車スペース。フィレンツェにて。
ピンクに塗られた、妊婦と乳児連れ専用の駐車スペース。フィレンツェにて。拡大
乳児連れ専用駐車スペースの標識。目下「道路交通法にはありませんが、皆さまの良識に期待します」との説明が記されているが、近い将来不法駐車に罰則が適用されるかもしれない。
乳児連れ専用駐車スペースの標識。目下「道路交通法にはありませんが、皆さまの良識に期待します」との説明が記されているが、近い将来不法駐車に罰則が適用されるかもしれない。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事