【ジュネーブショー2019】プジョー、初公開2台を含む全展示車が電動化モデルに

2019.03.04 自動車ニュース
プジョー208
プジョー208拡大

仏プジョーは、スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、新型「208」とプジョースポールの名を冠した「508」の新たな高性能電化スポーツコンセプトを世界初公開する。

プジョー208
プジョー208拡大
コンセプト508プジョースポール エンジニアード
コンセプト508プジョースポール エンジニアード拡大
プジョー508PHEV
プジョー508PHEV拡大

フルモデルチェンジされたコンパクトハッチ、208は、ガソリン、ディーゼル、フル電動という3つのパワートレインをラインナップする。純EVは「e-208」と呼ばれ、136psの最高出力と260Nmの最大トルクを発生するモーターを搭載。エコ/ノーマル/スポーツという3つのドライビングモードを持ち、一充電あたりの航続可能距離は340km(WLTPモード)となる。

508の新たな高性能電化スポーツ「コンセプト508プジョースポール エンジニアード」は、その名の通りプジョーのモータースポーツ部門であるプジョースポールによって、508をベースに開発されたPHV。フロントにピュアテックと呼ばれるガソリンエンジンを搭載し、それに110psのフロントモーター、200psのリアモーターを組み合わせた四輪駆動モデルである。

パワーユニット全体で500Nmの最大トルクを発生し、0-100km/h加速4.3秒、0-400mタイム12.5秒、0-1000mタイム23.2秒、最高速度250km/hという実力を持つ。これは、400psの内燃機関搭載車並みのパフォーマンスとプジョーは説明する。11.8kWhのバッテリーを搭載し、最大50km(WLTPモード)のEV走行も可能となっている。

このほかプジョーブースには、508、「508SW」「3008」のPHVも展示され、電動化を推し進めるプジョーの新たなビジョンを紹介するという。

(webCG)
 

関連キーワード:
508, 208, プジョー, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
  • 「トヨタ・スープラ」が17年ぶりに復活 2019.5.17 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年5月17日、FRスポーツカー「スープラ」の新型を発表。同日、国内での販売を開始した。3リッター直6ターボと2リッター直4ターボを搭載する、全3グレードがラインナップされる。
  • 4ドアクーペスタイルの新型「プジョー508」発売 2019.3.20 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月20日、新型「プジョー508」の国内販売を開始した。4ドアセダンの先代と異なる4ドアクーペスタイルや、先進の運転支援システムなどが特徴として挙げられている。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
  • スバルが「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2モデルを設定 2019.5.8 自動車ニュース スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。ハイビームアシストの作動車速を従来の40Km/hから30km/hに変更しボディーカラーに新色を導入。さらに特別仕様車2モデルも新設定している。
ホームへ戻る