【ジュネーブショー2019】プジョー、初公開2台を含む全展示車が電動化モデルに

2019.03.04 自動車ニュース
プジョー208
プジョー208拡大

仏プジョーは、スイス・ジュネーブで開催されるジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、新型「208」とプジョースポールの名を冠した「508」の新たな高性能電化スポーツコンセプトを世界初公開する。

プジョー208
プジョー208拡大
コンセプト508プジョースポール エンジニアード
コンセプト508プジョースポール エンジニアード拡大
プジョー508PHEV
プジョー508PHEV拡大

フルモデルチェンジされたコンパクトハッチ、208は、ガソリン、ディーゼル、フル電動という3つのパワートレインをラインナップする。純EVは「e-208」と呼ばれ、136psの最高出力と260Nmの最大トルクを発生するモーターを搭載。エコ/ノーマル/スポーツという3つのドライビングモードを持ち、一充電あたりの航続可能距離は340km(WLTPモード)となる。

508の新たな高性能電化スポーツ「コンセプト508プジョースポール エンジニアード」は、その名の通りプジョーのモータースポーツ部門であるプジョースポールによって、508をベースに開発されたPHV。フロントにピュアテックと呼ばれるガソリンエンジンを搭載し、それに110psのフロントモーター、200psのリアモーターを組み合わせた四輪駆動モデルである。

パワーユニット全体で500Nmの最大トルクを発生し、0-100km/h加速4.3秒、0-400mタイム12.5秒、0-1000mタイム23.2秒、最高速度250km/hという実力を持つ。これは、400psの内燃機関搭載車並みのパフォーマンスとプジョーは説明する。11.8kWhのバッテリーを搭載し、最大50km(WLTPモード)のEV走行も可能となっている。

このほかプジョーブースには、508、「508SW」「3008」のPHVも展示され、電動化を推し進めるプジョーの新たなビジョンを紹介するという。

(webCG)
 

関連キーワード:
508, 208, プジョー, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

プジョー 508 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.27 試乗記 伝統的なセダンスタイルを捨て、プジョーが新型「508」で世に問うたのはアグレッシブな4ドアクーペだ。そのスタイリングを楽しむとともに、最新の8段ATやADAS、プジョー初となる電子制御アクティブサスペンションなどの出来栄えを確かめた。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.6.14 試乗記 端正なセダンフォルムから一転、最新の「プジョー508」はアグレッシブなクーペスタイルのDセグモデルへと変貌を遂げた。プジョーは「セダンの概念を革新する」と声高らかに宣言するが、果たしてその実力は? ディーゼルモデルの走りを確かめてみた。
  • プジョー508SWアリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.30 試乗記 「プジョー508」のステーションワゴン版「SW」に試乗。新型ではプジョー車から一時失われつつあったフランス車らしい美点が復活! さらに、かつては望むべくもなかったフランス車らしからぬ(?)先進性までもが備わっていたのだった。
  • プジョー308アリュール(FF/8AT)【試乗記】 2019.7.24 試乗記 パワートレインが刷新されたプジョーの主力モデル「308」。見た目や最高出力、最大トルクの数値に変更はないが、その中身は大きく進化を遂げているという。1.2リッター直3ガソリンエンジン搭載のエントリーモデル「アリュール」で、出来栄えを確かめてみた。
  • プジョー508GTライン(FF/8AT)/508GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.4.22 試乗記 セダンからハッチバックへと、車型を変えつつフルモデルチェンジした「プジョー508」。「サルーンの概念のすべてを変える」という2代目の仕上がりを、ガソリン車とディーゼル車に試乗して確かめた。
ホームへ戻る