第562回:ホンダアクセスのクルマづくりを体感!
ステップワゴン モデューロXで雪道を走る

2019.03.16 エディターから一言
従来のガソリンモデルに加え、新たにハイブリッドモデルにも「モデューロX」が設定されたのを機に、北海道での雪上試乗会が行われた。
従来のガソリンモデルに加え、新たにハイブリッドモデルにも「モデューロX」が設定されたのを機に、北海道での雪上試乗会が行われた。拡大

マイナーチェンジを受けた「ホンダ・ステップワゴン モデューロX」に試乗。ホンダアクセスが同社のノウハウを結集して世に送り出すコンプリートカー、その走りに込められた思いとは? 北海道・旭川で行われた雪上試乗会の様子をリポート。

「モデューロX」シリーズの立ち上げから関わってきた、ホンダアクセス開発部 主任研究員の福田正剛さん。
「モデューロX」シリーズの立ち上げから関わってきた、ホンダアクセス開発部 主任研究員の福田正剛さん。拡大
インテリアには、専用の本革巻きステアリングホイールや専用のインテリアパネルミドルパッドを採用し、スポーティーかつ上質な空間を演出。
インテリアには、専用の本革巻きステアリングホイールや専用のインテリアパネルミドルパッドを採用し、スポーティーかつ上質な空間を演出。拡大
足元には「モデューロ」のロゴがあしらわれたオリジナルのホイールキャップが備わる。
足元には「モデューロ」のロゴがあしらわれたオリジナルのホイールキャップが備わる。拡大

モデューロXの走りとは?

「モデューロXってサーキットをバリバリ攻めるために、足を硬くしてスポーティーに仕上げたコンプリートカーなんですよね?」

北海道・旭川で開催された雪上試乗会。モデューロ・モデルの開発統括を務める福田正剛さんに、こんな質問を投げかけると、

「そう思っている方も多いんですが、実は違うんですよ」とひと言。そして、次のように説明してくれました。

「モデューロの走りは、クルマをコントロールしやすくすることで、誰もが日常のさまざまな走行シーンで、より快適な走りを楽しめることを目的としているんです。一般道や高速道路、もちろん雪道でも快適に走れるようにつくっているんですよ」。

なんと、日常での快適さ重視だったとは!

さらに、コンプリートカーとなるモデューロXでは、パーツ単体だけでは実現することのできないレベルで、車両一台をトータルでセッティング。操縦性やデザイン、乗り味にまで上質さを追求しているとのこと。

つまり、戦闘力を高めるというよりは、むしろ上質さを追求したカスタマイズであるということなのです。

歴史をひもといてみると、ホンダの純正用品を手がけるホンダアクセスが、オリジナルのアルミホイールブランドとして「モデューロ」の名称を初めて採用したのは1994年。エアロパーツやスポーツサスペンションなど、ドレスアップ中心の開発を続けるなかで、パーツ開発で培った技術を結集させ、純正コンプリートカーとしてまとめ上げたのがモデューロXでした。

そして、その第1弾となる「N-BOX」が登場したのが2013年。それから「N-ONE」、「ステップワゴン」(ガソリン仕様)、「フリード」、そして「S660」と新型が世に送り出され、2018年12月には、最新モデルである「ステップワゴン」のマイナーチェンジモデルが発表されることになったのです。

そこで、最新のステップワゴン モデューロXを北海道の雪上で走らせてみることにしました。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る