第598回:人の心を穏やかにするクルマ
大矢アキオ、ランチアLOVEな魚屋さんに出会う

2019.03.29 マッキナ あらモーダ!

激レア高級車に遭遇

イタリア・トスカーナ州のオルベテッロは潟に面していることから、ボラのからすみやウナギの産地として知られる。わが家からは、スーペルストラーダ(自動車専用道路)で約130kmの距離にある。

先日、同地に赴いたときのことだ。普段はスーパーマーケットや鮮魚店で土産を買ってゆくのだが、漁協の直営売店があると聞いたのでのぞいてみることにした。

店舗だと思って入ると、そこは水産加工場だった。働いている人は「店はあっちだよ」と奥の入り口を指さす。売店のほうが目立たない場所にあるその商売っ気のなさが、逆にプロっぽい。

それはともかく、店先には「ランチア・ガンマ ベルリーナ」がたたずんでいた。1976年のジュネーブモーターショーで発表され、1984年まで約8年間にわたりランチアの“トップ・オブ・ザ・レンジ”として君臨したモデルである。製造終了から27年が経過していることに加え、生産台数が2万台ちょっとと少なかったことから、今日イタリアの路上ではほとんど見かけないクルマだ。

オルベテッロの対岸にあるモンテ・アルジェンターリオは、夏のリゾート地として知られる。参考までに、オランダのユリアナ元女王は毎年この地でバカンスを過ごしていた。夫のベルンハルト王配は警護もつけず、自らフェラーリを運転して、地元の市場にやってきたという。

そうした土地柄だ。ガンマは、夏の喧騒(けんそう)を避けて早めにやって来たヒストリックカー好きな富裕層の秘蔵車だろう……と考えながら店に入った瞬間、内部に異様な雰囲気を感じた。

トスカーナ州オルベテッロの漁協直営鮮魚店の前にて。「ランチア・ガンマ ベルリーナ」を発見。
トスカーナ州オルベテッロの漁協直営鮮魚店の前にて。「ランチア・ガンマ ベルリーナ」を発見。拡大
漁協直営売店の入り口。
漁協直営売店の入り口。拡大
サラゴといわれるタイの一種がショーケースに並ぶ。
サラゴといわれるタイの一種がショーケースに並ぶ。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事