第599回:お店の色が変わればユーザーも変わる!?
大矢アキオが欧州自動車ブランドのVI戦略を考える

2019.04.05 マッキナ あらモーダ!

ヒュンダイ&ルノー店の“化粧直し”

ヨーロッパのルノー販売店が、看板などビジュアル・アイデンティティー(VI)の刷新に着手している。従来の白をベースにしたものから、コーポレートカラーである黄色を一部に残しつつも、黒基調のものへと掛け替え始めているのだ。

ヒュンダイ・モーターも同様に、ブルーをメインとした長年の配色から、ブラウンやゴールドを基本とした新VIに改め始めている。イタリアでは昨2018年から始まったが、インターネットで確認すると、北米のほか、インド、南アフリカ、マレーシアなどでも同様のVI刷新が行われている。

こうしたリニューアル費用は、基本的に販売店負担である。あるブランドの中規模ディーラー経営者が筆者に明かしたところによれば、一店舗あたりコストは10万ユーロ、つまり日本円にして1200万円以上にのぼることもあるという。クルマが売れない時代になかなか大変だ。

本稿第547回で記したルノーの販売店を訪れてみると、早くも新しいブラックの看板に掛け替えられていた。支配人のルイージ・カザーリ氏は、ルノーのフランス法人から「6カ月以内に着手するように」と通達があり、彼の店も2019年3月に工事を行ったと教えてくれた。

ヒュンダイも、本稿第445回で紹介したマツダとの併売店では、外装部分は早くも例のブラウン基調に掛け替えられていた。

ルノーはディーラーのVI(ビジュアル・アイデンティティー)刷新に着手している。
ルノーはディーラーのVI(ビジュアル・アイデンティティー)刷新に着手している。拡大
ヒュンダイの新しいVIカラーはブラウンである。
ヒュンダイの新しいVIカラーはブラウンである。拡大
ルイージ氏が支配人を務めるルノー販売店でも、2019年3月から新VIを導入した。
ルイージ氏が支配人を務めるルノー販売店でも、2019年3月から新VIを導入した。拡大
新たなデザインは、黒のメッシュが基調だ。
新たなデザインは、黒のメッシュが基調だ。拡大
縦型のサインも一新されたが、こちらは従来のコーポレートカラーである黄色。
縦型のサインも一新されたが、こちらは従来のコーポレートカラーである黄色。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事