第30回:スバル・レガシィ

2019.04.17 カーデザイナー明照寺彰の直言
スバル・レガシィ
スバル・レガシィ拡大

シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。

2019年のシカゴモーターショーにおける、スバルのプレスカンファレンスの様子。7代目「レガシィ」はこのモーターショーで発表された。
2019年のシカゴモーターショーにおける、スバルのプレスカンファレンスの様子。7代目「レガシィ」はこのモーターショーで発表された。拡大
新型「レガシィ」のサイドビュー。ルーフラインのピークからリアにかけてのフォルムに注目。
新型「レガシィ」のサイドビュー。ルーフラインのピークからリアにかけてのフォルムに注目。拡大
明照寺:「従来モデルの『レガシィ』はカタマリ感のあるデザインをしているんですよね」
永福:「これはこれで、おおらかな感じがしてワタシは好きですね」
明照寺:「従来モデルの『レガシィ』はカタマリ感のあるデザインをしているんですよね」
	永福:「これはこれで、おおらかな感じがしてワタシは好きですね」拡大
先代(右上)と現行型(左下2台)の「トヨタ・カムリ」。同車は2017年のフルモデルチェンジで、スポーティー路線へと一気に舵(かじ)を切った。
先代(右上)と現行型(左下2台)の「トヨタ・カムリ」。同車は2017年のフルモデルチェンジで、スポーティー路線へと一気に舵(かじ)を切った。拡大

よりスマートに、スポーティーに

永福ランプ(以下、永福):新型レガシィ、デザインはかなりいいと思うんですけど、明照寺さん、いかがでしょう。

明照寺彰(以下、明照寺):私はたまたまシカゴショーに行っていたので、現物を見ることができました。ただ屋内でしか見てないので、本当に“第一印象”だけなんです。その範囲で言えば、従来型に比べて伸びやかになりましたね。

永福:今のモデルはおおらかなデザインだったと思いますが。

明照寺:それと比べると、新型はかなりスマートになった印象です。その理由は、特にリアまわりにあります。前型は凝縮感を強調していたので、悪く言うと寸詰まり、よく言えばカタマリ感がありました。それに対して、新型は“抜けた”ようなデザインになっている。Cピラーとショルダーの勢いがリアまでつらぬいていて、それがトランク上部のシルエットにも反映されています。セダンらしい伸びやかさというところを狙っていると思います。

永福:抜けたようなデザインというのは、スポーティーってことですか?

明照寺:そんな感じです。いま、世界的にセダンが売れなくなっていて、各社クーペライクなイメージでなんとか付加価値をつけようと躍起じゃないですか。特に北米では。トヨタの「カムリ」なんか、あんなにスポーティーになるとは思わなかった。

ほった:先代は地味で堅実だったのに、今じゃ「ビューティフル・モンスター」(現行型カムリのキャッチコピー)ですからね。

永福:この間、狭い路地で対向車が来て、「うわ、怖い顔のクルマが来た! しかも幅がヤケに広い!」って思ったら「カムリWS」だったよ。

明照寺:「ホンダ・アコード」や「日産アルティマ」「シボレー・マリブ」あたりにしても、みんなセダンは“ただのセダン”じゃなくて、ちょっとスポーティーな感じにしているので、レガシィも現行型よりスマートに見せようとしたんでしょう。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

webCGほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る