第602回:クルマを捨てよ、街へ出よう!
純電男・大矢アキオの上海ショーリポート

2019.04.26 マッキナ あらモーダ!

電動車がデフォルト

第18回上海国際汽車工業展覧会(オート上海)が、2019年4月16日に開幕した。今回は20の国と地域から1000以上の出展者が参加した。

世界最大の自動車マーケットのショーにおいて、いわゆる“CASE”を前面に押し出すのは、各社とも当たり前である。なかでも最も力が入れられたテーマは、最後のE(Electric)だ。

中国政府の主導で各地方政府が普及を推進する環境対策車にハイブリッド車は含まれない。そのため、各社ともプラグインハイブリッド車やフル電気自動車(EV)を、2018年の北京ショーよりもさらに積極的にアピールしていた。電動車がデフォルトのショーと言っても過言ではない。

レベル4の自動運転EVコンセプト「ID. ROOMZZ(アイディ.ルームス)」を公開したフォルクスワーゲンは、「純電時代」をスローガンに掲げていた。こちらも「純電男」にならないといけない気がしてくる見事なキャッチだ。

いっぽう中国のEV大手BYDは、すでに50の国と地域の、計300都市で電動車の販売を展開している。最新型「宋Pro EV」は、一充電あたりの航続可能距離こそ502kmと今日それほど驚くものではないが、15分の充電で100kmの走行が可能であることを強調していた。

数年後に電動車が直面するのは、リチウムイオンバッテリーの交換だ。そのときのサービス体制如何(いかん)で、中国製EVの評価は決まるだろう。

BYDのプレゼンテーションで。コンセプトカー「EシードGT」を説明する内装デザイン部長のミケーレ・パガネッティ氏。
BYDのプレゼンテーションで。コンセプトカー「EシードGT」を説明する内装デザイン部長のミケーレ・パガネッティ氏。拡大
フォルクスワーゲンID. ROOMZZ
フォルクスワーゲンID. ROOMZZ拡大
「BYD宋Pro EV」。右から2人目はアルファ・ロメオとアウディでデザイナーを務め、現在はBYDデザインを統括するヴォルフガング・エッガー氏。
「BYD宋Pro EV」。右から2人目はアルファ・ロメオとアウディでデザイナーを務め、現在はBYDデザインを統括するヴォルフガング・エッガー氏。拡大
BYDは回転式ディスプレイを量産車に採用している。
BYDは回転式ディスプレイを量産車に採用している。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事