クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

買わずにタダでクルマが使える!?
エニカの「0円マイカー」って何だ

2019.05.24 デイリーコラム 関 顕也

やらねばならないこともある

DeNA SOMPO Mobilityが運営するカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」から、新たに「0円マイカー」なる新プランが登場。2019年5月21日に、その“オーナー”を募集する説明会が開催された。「マイカーが0円」とは、これいかに!? 超おトク(そう)なサービスの詳細を確かめに、筆者も説明会に行ってみた。

のっけからなんだが、やはりというべきか、これは「完全無料でカーライフが送れる」というサービスではない。

ひと言で言えば、「駐車場を自ら用意し、そこでレンタカーとしてのカーシェア業務をサポートしてくれたら、あなたも無料で(何度か)クルマを使えるようになりますよ」というものだ。

その内容をより詳しく説明すると、以下のようになる。

  • オーナーは駐車場をエニカに提供する。既に確保しているスペースでも、新たに契約するパーキングでも構わない。
  • オーナーは、「レンタカー登録を済ませ、カーシェア受け渡し用機器を取り付けたDeNA SOMPO Mobilityの所有車両」を、自ら提供する駐車場で管理し、カーシェアのサポートを行う。

駐車場は決して「どこでもいい」というわけではなく、今回の「第1期オーナー募集」では、例として東京23区内の六本木や西新宿、下目黒、豊洲などの30カ所ほどが挙げられている。

選べるクルマは、以下の13車種。ほとんどは中古車(2004年~2019年式)で手配される予定だ。

  • プレミアムクラス:「メルセデス・ベンツAクラス」「メルセデス・ベンツCクラス」「メルセデス・ベンツGクラス」「BMW 1シリーズ」「BMW 3シリーズ」「MINI」「レクサスNX」「トヨタ・ランドクルーザー」「トヨタ・アルファード」
  • ベーシッククラス:「トヨタ・アクア」「トヨタ・プリウス」「日産セレナ」「日産ノート」

このラインナップは、エニカ独自の車両ニーズ分析に基づいて決めたという。聞けば、何を何台という配分もあらかた決まっていて、どの地域にどれだけの需要があるかもシミュレートされている。つまり、車種の希望はこちらからも伝えられるものの、エニカの提案と合致して初めてオーナー契約に至るわけである。ただ、「ベンツじゃなきゃ嫌だ!」という向きも、例えば「日ごろアクアを管理して、ベンツは個別に(個人間カーシェアで)借りる」という手立てはある。これは後述。

エニカ「0円マイカー」の、第1期オーナー向け説明会の様子。この日は平日の夜にも関わらず40人弱が参加した。同様の説明会は、6月上旬まであと5回開催される。
エニカ「0円マイカー」の、第1期オーナー向け説明会の様子。この日は平日の夜にも関わらず40人弱が参加した。同様の説明会は、6月上旬まであと5回開催される。拡大
「0円マイカー」の駐車場候補は、スタート時(第1期)は東京23区内のみ。説明会のスライド資料(写真)に見られるとおり、0円マイカー用の駐車場は、立ち入りに制限のない施設に限られる。
「0円マイカー」の駐車場候補は、スタート時(第1期)は東京23区内のみ。説明会のスライド資料(写真)に見られるとおり、0円マイカー用の駐車場は、立ち入りに制限のない施設に限られる。拡大
今回のサービスに使われる13モデル。来場者からは「車両を会社側が購入する時点で、エニカの赤字は決定的なのではないか?」という質問もあったが、中古車を安く購入して運営すれば、問題はないそうだ。なお、この日多かった質問は、事故や修理による休業状態におけるポイント付与に関するものだった。
今回のサービスに使われる13モデル。来場者からは「車両を会社側が購入する時点で、エニカの赤字は決定的なのではないか?」という質問もあったが、中古車を安く購入して運営すれば、問題はないそうだ。なお、この日多かった質問は、事故や修理による休業状態におけるポイント付与に関するものだった。拡大

カーシェアの成果は重要

筆者を含むオーナー予備軍が最も気になるのは管理、つまりこのサービスに付帯する“義務”だろう。

具体的に、何をしなければならないかというと……

  • 日常点検
  • 必要に応じての給油、および給油カードの確認
  • ユーザー(カーシェア利用者)からの問い合わせ対応
  • 車両トラブル発生時の連絡
  • ユーザーの忘れ物対応(先方が回収できないものはエニカに郵送)
  • 法定点検と車検の対応(工場への入庫のみ。費用負担はなし)
  • 洗車および車内清掃(隔週以上)
  • 悪天候時のカーシェア看板の管理

一見して「うわぁ、面倒くさいなぁ」と思われたかどうか。定期的な洗車・車内清掃が負担になりそうな印象だが、なにも愛車のように念入りに手洗い洗車する必要はなく、洗車カードを使って近所のガソリンスタンドに依頼するだけでいい。なお、肝心のレンタルはオンライン予約と無人貸借(免許証が解錠キーになる)で行われるから、オーナーがユーザーへの配車にいちいち立ち会う必要はない。

こうしたカーシェアのサポート業務を行うことで、オーナーには一定のポイントが付与される。

内訳は、①「駐車場代相当額」と②「カーシェア売り上げの10%相当額」。例えば、月額3万円の駐車場を提供し、自らサポートしたカーシェアで月に(エニカの予想額である)10万円を売り上げたオーナーは、①3万円+②1万円=4万円相当のポイントを手にすることになる。

このポイント(金額)の範囲内で、オーナーは自ら管理する“マイカー”を利用できる。1回あたりの利用額は前述の契約クラスにより2分され、さらに、1万6000円(プレミアムクラス)と9800円(ベーシッククラス)の24時間パックをはじめ、時間制・距離制で細分される。……ので、ここでは詳細は省くが、使い方次第では獲得ポイント内で多くの人の自動車ニーズをまかなえる、というのがエニカ側の見込みである。

万が一、事故・修理のためにレンタルが休業状態になっても、①の駐車場ポイントは付与される。ということは、駐車場代は高ければ高いほど多くのポイントが得られるが、前述のとおり、契約の可否はエニカとの交渉次第。一方、得られたポイントは今回の0円マイカーに限らず、エニカの個人間カーシェアでも使えるから、マイカーの貸し出し中や他のクルマに乗りたいときは、そちらを利用する、という手もある。

だったらマイカーの存在意義が薄れそうだが、自分にひもづけられたこれらのマイカーには、オーナー向けの平日割引(プレミアムクラスで30%引き、ベーシッククラスで10%引き)が用意されるし、何より近場のマイ駐車場から発着できるというのがメリットになっている。

獲得したポイントの使用例。平日の“ちょこちょこ乗り”や週末の長時間使用を組み合わせても、意外にコストはかからない……というサンプル。
獲得したポイントの使用例。平日の“ちょこちょこ乗り”や週末の長時間使用を組み合わせても、意外にコストはかからない……というサンプル。拡大
「0円マイカー」をオーナーが使う際の料金体系。車種のクラスによって分けられるほか、時間料金と距離料金が設けられている。
「0円マイカー」をオーナーが使う際の料金体系。車種のクラスによって分けられるほか、時間料金と距離料金が設けられている。拡大

「面倒くささ」も決め手になる

こうした条件を前におトクかどうかの話をするなら、まず好感をもたれるのは「自宅に駐車場があって、ときどきクルマを使いたいのに、車両を所有していない人」だろう。たとえ値づけされていないスペースでも、相場に見合ったポイント付与用の価格を設定してもらえる。

ただ、オーナーとなる人の大半は、そうではない、「駐車場も所有車もないが、クルマは利用したいと考えている人」のはず。0円マイカーでは、駐車場を提供してレンタル業務に従事すれば、限度はあれどクルマが使える。一方、既存の個人間カーシェアリングは、駐車場契約は必要ないが、車種の“借り賃”はその都度支払う。お金の話に限るなら、駐車場代を出すか、車両のレンタル代を出すかの違いということになる。

いったいどちらがトクなのか?

結論を言ってしまえば、使い方次第。まったくもって「なんともいえない」。どちらが有利かは、どんな場所で、どれだけ使用するかで変わってくるし、エニカ側もその答えは持っていない。ただ先方の算段するところでは、クルマを頻繁に使う人は0円マイカーがふさわしく、あまり乗らない人は個人間カーシェアのほうが有利になる傾向があるという。それとて、アバウトなイメージでしかないけれど。

金銭的な損得勘定から興味を持った筆者としては、「決め手になるのは案外、そうしたコスト面ではないかもしれない」という印象も受けた。

0円マイカーは、オーナーとユーザーが直接会って貸し借りを行うエニカの既存のカーシェアと違い、車両を勝手に出し戻しするシステムだ。自身の個人間カーシェアの利用経験を振り返ってみるに、対人ストレスがあろうがなかろうが、初対面となれば待ち合わせ時間や身だしなみには気を遣う。その点、気軽さを第一に考える人にとって、会わずに貸せる0円マイカーは魅力的に違いない。

ベースが自分の駐車場であるのも大きい。エニカに限らず、カーシェアリングの発着場所(=受け渡し場所)は都合のいいところとは限らない。その点今回のサービスは、それを近所に定められる。見方によっては、「0円マイカーと個人間カーシェアリングのどちらを選ぶかは、面倒くささの許容度次第」と言えるかもしれない。

採算が合わなければ早期のクローズもありうるという、運営側にとってもチャレンジングな0円マイカー。初回となる第1期の契約枠は40人で、申し込みに必要な説明会は、あと5回(2019年5月26日に2回、5月29日、6月2日、6月5日に1回ずつ)開催される。

われこそはと思う方、一度アプローチしてみては?

(文と写真と編集=関 顕也)

この表は、エリアごとの車種の配置予定を示している。単純に「高級住宅地には高級車種をあてがう」のがセオリーかと思えばそうではなく、あくまで需要と供給を元にマッチングが検討されている。例えば、A車の人気が高かろうと、個人間カーシェアリングで同車が既に豊富な地域であれば、同じモデルの「0円マイカー」の配置可能性は低くなる。
この表は、エリアごとの車種の配置予定を示している。単純に「高級住宅地には高級車種をあてがう」のがセオリーかと思えばそうではなく、あくまで需要と供給を元にマッチングが検討されている。例えば、A車の人気が高かろうと、個人間カーシェアリングで同車が既に豊富な地域であれば、同じモデルの「0円マイカー」の配置可能性は低くなる。拡大
こちらもエリアごとの配置予測図。ちまたで人気のあの地域では、どの車種が求められている?
こちらもエリアごとの配置予測図。ちまたで人気のあの地域では、どの車種が求められている?拡大
関 顕也

関 顕也

webCG編集。1973年生まれ。2005年の東京モーターショー開催のときにwebCG編集部入り。車歴は「ホンダ・ビート」「ランチア・デルタHFインテグラーレ」「トライアンフ・ボンネビル」などで、子どもができてからは理想のファミリーカーを求めて迷走中。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。