CMの世界がいよいよ現実に……
“手放し運転”を実現した新技術を紹介する

2019.05.27 デイリーコラム

いよいよ公道でのハンズオフが可能に

これまでもたびたび論争を呼んだ手放し運転“ハンズオフ”。真っ先に思い起こされるのは日産自動車のテレビCMシリーズだ。矢沢永吉がこちらに向かってほほ笑みながら両手をスッと上げる。その動きのカッコよさと「やっちゃえNISSAN」というコピーの鮮烈さによって、このCMは自動運転への関心度を高めることに成功した反面、いますぐにでも実現可能な印象を与えることを懸念する声も上がった。

あれから3年以上が経過して法整備も進み、ついに日産から、ハンズオフを実現する運転支援システム「プロパイロット2.0」がデビューする。高速道路の本線でナビゲーションシステムと連動してしか使えなかったり、何かあればドライバーが即座にハンドルを握れる状態でなければならなかったりといった条件はあるものの、これで(CM上の演出ではなく)本当に、ドライバーはハンドルから手を離すことが許されるようになった。

ハンズオフ機能の実用化には、他社も積極的に取り組んでいる。ゼネラルモーターズで言えば「スーパークルーズ」、テスラでは「オートパイロット」がそれだ。またBMWは「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を今夏以降「3シリーズ」や「8シリーズ」などに搭載すると発表した。いよいよハンズオフが本格的な普及期を迎えたと言えそうだ。

技術的には、ハンズオフ機能は被害軽減ブレーキや車線逸脱防止機能などと同じADAS(先進運転支援システム)に位置づけられる。ハンドルから手を放すことは普通に考えれば危険行為だが、システムがハンドル制御や車間距離維持などを担うことでドライバーの運転を支援し、ドライバーの負荷低減を図る。ただし、現状のハンズオフは自動運転のレベルで言えば「レベル2」相当。運転の責任はあくまでドライバーにあることを忘れてはならない。

「プロパイロット2.0」のテレビCMにて、“手離し運転”をしてみせる矢沢永吉。これまではCM上の演出でしかなかった手離し運転だが、新世代のADASの登場により、いよいよ公道でもそれが可能となる。
「プロパイロット2.0」のテレビCMにて、“手離し運転”をしてみせる矢沢永吉。これまではCM上の演出でしかなかった手離し運転だが、新世代のADASの登場により、いよいよ公道でもそれが可能となる。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事