クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)

ハンサム野郎の凱旋 2019.05.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。

見ない間にすっかりイケメンに

「あれは、誰だっけ?」
「ほらほら、〇〇君よ。△△部の!」
「あー!」

ようやく思い出した。
たしか、当時はもっとイモっぽかったけど、愛嬌(あいきょう)のあるわりといい感じの男子だったっけ。その彼が久方ぶりに集まった同窓会で、周囲を圧倒するほどイイ男になって現れた。

「これは、2度目の結婚を狙うか! でも~残念。私、既婚者だったわー」
なんて、ついおばちゃん根性丸出しになってしまうほど、〇〇君はとにかくカッコいい。学生時代にはまったくのノーマークだったイケメン君との再会。ワクワクするなぁ。

いきなり茶番を披露して申し訳ないが、新型RAV4との出会いは、まさにこういう感じだ。

約2年半を海外で過ごしての帰国だが、その間にも世界180の国と地域で販売され、2018年には約83万台を売り上げた。そんな実績を引っ提げての凱旋(がいせん)である。これは1994年の初代登場から25年間にわたって地道に進化し続けてきた証しであり、アメリカをはじめ世界中の多くの人に選ばれた証しでもある。しかも、2016年からは3年連続でSUVのグローバル販売ナンバーワンの座に輝いて……などと言葉にすると簡単だけど、グローバルでナンバーワンって、実はとんでもなくスゴイことだ。

いまやトヨタの世界戦略を担うグローバルモデルとなった「RAV4」。日本では2016年夏に販売が中止されたが、現行モデルになって復活を遂げた。
いまやトヨタの世界戦略を担うグローバルモデルとなった「RAV4」。日本では2016年夏に販売が中止されたが、現行モデルになって復活を遂げた。拡大
ダッシュボードに滑り止め付きのオープントレイを設けるなど、機能性を重視したインテリア。「アドベンチャー」では各所にオレンジの差し色が配される。
ダッシュボードに滑り止め付きのオープントレイを設けるなど、機能性を重視したインテリア。「アドベンチャー」では各所にオレンジの差し色が配される。拡大
オフロードを想起させる外観デザインも「アドベンチャー」の特徴。専用デザインのバンパーやグリルが備わるほか、スキッドプレートやフェンダーアーチモールもより大型となっている。
オフロードを想起させる外観デザインも「アドベンチャー」の特徴。専用デザインのバンパーやグリルが備わるほか、スキッドプレートやフェンダーアーチモールもより大型となっている。拡大
現行型「RAV4」のグレードは全6種類。2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッド車が2種類、2リッターガソリン車が「アドベンチャー」を含む4種類である。
現行型「RAV4」のグレードは全6種類。2.5リッターエンジンを搭載したハイブリッド車が2種類、2リッターガソリン車が「アドベンチャー」を含む4種類である。拡大

「トヨタ=あかぬけない」は過去の話

カッコよさのワケは、なんといってもワイド&ローの手法を用いたこのスタイルにある。そのうえ、ツートンルーフの「アドベンチャー」では車高がさらに低く見え、ふんばり感も一層増す。個人的オススメは、斜め後方からのアングル。リアドアからリアオーバーハングに向かってえぐられたV字の意匠と、某B社の「ホフマイスターキンク」をほうふつとさせるCピラー付け根の造形、エッジの効いた多角形のフェンダーアーチなど、近くから見ても、遠くから見てもほれぼれする。

実はこのデザイン、2017年12月のロサンゼルスモーターショーで発表されたコンセプトカー「FT-AC(フューチャー・トヨタ・アドベンチャー・コンセプト)」とほぼ同じものだ。2つの八角形(オクタゴン)を90度ずらしてはめ合わせた「クロスオクタゴン」をデザインテーマに、鎖をつなげたようなガッチリとしたフォルムが形作られている。

コンセプトカーでかなりイイ線いってたクルマの場合、結果的には少し残念な姿となって市販されることが多いが、RAV4では2年前の時点でカタチがほぼ完成していたことになる。もっとも、このデザインの完成までには、日米3つの開発拠点が出し合った3案がすべて白紙となり、そこから再び新しいデザインを練り上げられたという。このエピソードだけでも、トヨタの本気度がうかがえる。

新型RAV4を見れば、「イマイチあかぬけないのがトヨタ車らしい」なんてたわごとは過去のもののようだ。若干ロボっぽいが、決してオタクっぽくはない。女性にもすんなり受け入れられそうなフォルムの美しさがあるし、フレンドリーさも持ち合わせている。個人的にはトヨタデザインを俯瞰(ふかん)するうえでのターニングポイントになりそうなクルマだと感じた。

カクカクとした「RAV4」のスタイリングは、2017年12月のロサンゼルスモーターショーで発表されたコンセプトカー「FT-AC」由来のものだ。
カクカクとした「RAV4」のスタイリングは、2017年12月のロサンゼルスモーターショーで発表されたコンセプトカー「FT-AC」由来のものだ。拡大
「アドベンチャー」では内装色を「ブラック」と「オーキッドブラウン」(写真)の2種類から選択可能。スポーティーな専用デザインの合成皮革シートが装備される。
「アドベンチャー」では内装色を「ブラック」と「オーキッドブラウン」(写真)の2種類から選択可能。スポーティーな専用デザインの合成皮革シートが装備される。拡大
リアシートはリクライニング機構付きの6:4分割可倒式。ドアポケットに加え、センターアームレストにも2個のドリンクホルダーが備わる。
リアシートはリクライニング機構付きの6:4分割可倒式。ドアポケットに加え、センターアームレストにも2個のドリンクホルダーが備わる。拡大
初代「RAV4」が誕生したのは1994年のこと。当時はコンパクトな“ライトクロカン”だったが、いまや堂々としたボディーサイズのミドルサイズSUVとなった。
初代「RAV4」が誕生したのは1994年のこと。当時はコンパクトな“ライトクロカン”だったが、いまや堂々としたボディーサイズのミドルサイズSUVとなった。拡大

走りに見る程よいマッスル感

感心したのはデザインだけではない。試乗したのは、2リッターの「ダイナミックフォースエンジン」を搭載したアドベンチャー。ボディーの大きさからすれば排気量がもっと大きくてもいい感じもしたが、乗ってみると意外としっくりくる。アクセルを踏み増すたびに「モーモー」というくぐもった音を響かせながらも、息切れすることなくスムーズに走ってくれた。

なにより、操作性の良さには驚いた。直進安定性がいいし、コーナーでも自然と行きたいほうに姿勢を変え、運転がうまくなったような気持ちにさせてくれる。これは「ダイナミックトルクベクタリングAWD」のおかげだ。前後軸間のトルク配分に加え、後輪のトルクも左右独立で制御することによって旋回時の車両安定性を高めるもので、これによってアスリートのような走りを実現している。

とはいえ、体脂肪率6%のキレッキレボディーというわけではない。少しののりしろを維持しながらコーナーを曲がる感覚からすると、15%ぐらいが適当だろうか。そんな風に体を鍛えたことは一度もないので、あくまでイメージの話なのだが、とにかくRAV4には、見る方が引くような鍛えすぎのマッチョではなく、日常生活に支障のない程度の適度なマッスル感がある。このやりすぎてない感じが、RAV4の走りなのだ。

グレードに応じて3種類もの4WD機構を用意している「RAV4」。「アドベンチャー」の4WDには、後輪にトルクベクタリング機構が備わっている。
グレードに応じて3種類もの4WD機構を用意している「RAV4」。「アドベンチャー」の4WDには、後輪にトルクベクタリング機構が備わっている。拡大
40%という高い最大熱効率が自慢の2リッター直4ガソリンエンジン。トランスミッションには発進用ギア付きの10段ステップ変速機構付きCVTが組み合わされる。
40%という高い最大熱効率が自慢の2リッター直4ガソリンエンジン。トランスミッションには発進用ギア付きの10段ステップ変速機構付きCVTが組み合わされる。拡大
「アドベンチャー」専用デザインの19インチアルミホイール。組み合わされるタイヤのサイズは235/55R19となっている。
「アドベンチャー」専用デザインの19インチアルミホイール。組み合わされるタイヤのサイズは235/55R19となっている。拡大

“あいまいさ”を排したことの勝利

見て、乗って、申し分ないデキだとはすぐに感じることができた。とはいえ、なぜそこまでいいと感じたのか、それをかみ砕くまでには少々時間がかかった。

で、ようやくひとつの考え方としてわかったことがある。それは、国内専用車に感じる“あいまいさ”との決別なのだ。メリハリのつけ方がうまいとでも言ったらいいだろうか。どういうクルマかということを明確に打ち出し、必要な装備の取捨選択がしっかりできている。だからこそ結果的にすごくいいクルマに仕上がる。

日本特有の“おもてなし”は、やり過ぎればおせっかいにもつながり、結果的に焦点のぼやけたあいまいなクルマになってしまう。国内での需要を見込んだ情緒的なデザインは、日本発のブランドを海外に発信するのには効果があるだろうが、多くの人にとってはあまり興味のないものだ。

今回は舗装路のみの試乗だったが、実のところ新型RAV4の特徴は、3つの4WDシステムを設定し、本格四駆としての性格を強く打ち出しているところにある。これが数あるライバルと戦うための武器なのだ。

だからこそ、デザインでもわかりやすくたくましさをアピールしているし、インテリアに目を移せば、ダッシュボードやシートが直線基調でまとめられ、ここでも視覚的な“あいまいさ”をなくしている。ステアリングフィールやアクセルレスポンスの良さからも、どっちつかずな部分は感じられない。つまり、デザインや操作感といった言語がともに明快であり、日本以外のさまざまな国や地域の人たちにも、どんなクルマかということが理解されやすいつくりになっている。

ボディーカラーは全8種類で、「アーバンカーキ」などの4色については、ルーフを「アッシュグレーメタリック」で塗り分けたツートンカラーも選べる。
ボディーカラーは全8種類で、「アーバンカーキ」などの4色については、ルーフを「アッシュグレーメタリック」で塗り分けたツートンカラーも選べる。拡大
運転支援システムとしては、車線維持支援機構や全車速対応型のレーダークルーズコントロールなどを装備。自動緊急ブレーキや誤発進抑制制御機能、ブラインドスポットモニターなどの安全装備も備わっている。
運転支援システムとしては、車線維持支援機構や全車速対応型のレーダークルーズコントロールなどを装備。自動緊急ブレーキや誤発進抑制制御機能、ブラインドスポットモニターなどの安全装備も備わっている。拡大
中央に7インチのインフォメーションディスプレイを備えたメーターパネル。燃費などの走行情報に加え、4WDの駆動力配分状況もここで確認できる。
中央に7インチのインフォメーションディスプレイを備えたメーターパネル。燃費などの走行情報に加え、4WDの駆動力配分状況もここで確認できる。拡大
4WD車には路面状況に応じて最適な走行モードを選択できる「マルチテレインセレクト」を装備。コントローラーは「アドベンチャー」ではダイヤル式、他のグレードでは押しボタン式となっている。
4WD車には路面状況に応じて最適な走行モードを選択できる「マルチテレインセレクト」を装備。コントローラーは「アドベンチャー」ではダイヤル式、他のグレードでは押しボタン式となっている。拡大

受注状況にユーザーの期待が表れている

もちろん、必要なところではしっかり“おもてなし”している。例えば荷室の使い勝手の良さ。デッキボードは高さを2段階で調節でき、上段に据えれば床面を開口部と同じ高さにできる。この状態で後席を前に倒すと、段差なく広がる室内に長い荷物をそのまま滑らせて入れ込むことができる。さらに、バックドア開閉に便利なフットオペレーションも装備されているという具合だ。

そんなデキのいい新型に期待している人は多く、発表から1カ月間の国内受注状況は、月販3000台の目標に対して8倍の約2万4000台を記録したという。このうち9割は4WDで、20~30代の若いユーザーが全体の4割を占めているそうだ。260万円からという価格設定を考えると、「トヨタセーフティセンス」も付いていてコストパフォーマンスは高い。やっぱりなぁ。

そこで再び、妄想は冒頭の同窓会シーンへと膨らんでいく。
「へぇー! スゴイじゃないの。わたし、やっぱり聞いてみようかな~」
「なにを?」
「『ね、〇〇君、もう結婚してるの?』って」

(文=スーザン史子/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

ガソリン車に装備される3灯式LEDヘッドランプ。クリアランスランプやデイライトもLED式となる。
ガソリン車に装備される3灯式LEDヘッドランプ。クリアランスランプやデイライトもLED式となる。拡大
ラゲッジスペースには床面の高さを2段階で調整できるデッキボードを標準装備。荷室容量は5人乗車時・デッキボード下段時で580リッターとなっている。
ラゲッジスペースには床面の高さを2段階で調整できるデッキボードを標準装備。荷室容量は5人乗車時・デッキボード下段時で580リッターとなっている。拡大
発表からの1カ月で、月間販売計画の8倍にあたる2万4000台の受注を記録した「RAV4」。4WD比率の高さや、若いユーザーの多さも特徴となっている。
発表からの1カ月で、月間販売計画の8倍にあたる2万4000台の受注を記録した「RAV4」。4WD比率の高さや、若いユーザーの多さも特徴となっている。拡大

テスト車のデータ

トヨタRAV4アドベンチャー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4610×1865×1690mm
ホイールベース:2690mm
車重:1630kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:CVT
最高出力:171ps(126kW)/6600rpm
最大トルク:207Nm(21.1kgm)/4800rpm
タイヤ:(前)235/55R19 101V M+S/(後)235/55R19 101V(ヨコハマAVID GT)
燃費:15.2km/リッター(WLTCモード)
価格:313万7400円/テスト車=384万9660円
オプション装備:ボディーカラー<アッシュグレーメタリック×アーバンカーキ>(5万4000円)/デジタルインナーミラー(4万3200円)/インテリジェントクリアランスソナー<パーキングサポートブレーキ[静止物]>(2万8080円)/リアクロストラフィックオートブレーキ<パーキングサポートブレーキ[後方接近車両]+ブラインドスポットモニター[BSM]>(6万6960円)/3本スポークステアリングホイール<本革巻き+サテンメッキ加飾付き>+ステアリングヒーター+シフトノブ<本革巻き+サテンメッキ加飾付き>(7万9920円)/ハンズフリーパワーバックドア<挟み込み防止機能+停止位置メモリー機能付き>(7万5600円)/バックカメラ(2万7000円)/アクセサリーコンセント<ラゲッジ>(8640円) ※以下、販売店オプション T-Connectナビ 9インチモデル(23万9760円)/カメラ一体型ドライブレコーダー(2万1060円)/ETC車載器<ビルトイン/ナビ連動タイプ[光ビーコン付き]>(3万2400円)/フロアマット<ラグジュアリー>(3万5640円)

テスト車の年式:2019年型
テスト開始時の走行距離:1075km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4)/高速道路(6)/山岳路(0)
テスト距離:243.7km
使用燃料:18.0リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:13.5km/リッター(満タン法)/12.2km/リッター(車載燃費計計測値)

トヨタRAV4アドベンチャー
トヨタRAV4アドベンチャー拡大
注目の記事PR
  • これは「E-TYPE」以来の革新的スポーツカーだ! EV「ジャガーI-PACE」の走りを報告する。
    これは「E-TYPE」以来の革新的スポーツカーだ! EV「ジャガーI-PACE」の走りを報告する。 特集
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

トヨタ RAV4 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。