操舵支援で駐車時の操作をアシスト

まずは駐車スペースの横に来たらビデオボタンを長押し、「どこに駐車するか」を認識させる。推奨される駐車スペースとの距離は50cmから1mだが、多少離れていたり斜めになっていたりしても大丈夫だ。

次いで操作に用いるのは、モニターに真上から見た自車周辺の映像を映し出す「パノラマモニター」を利用したシステムで、これが直感的に使える。モニターに示された駐車スペースがOKなら「はい」のボタンを押してスタート。まずは駐車スペースへのアプローチに好適なポイントまで、クルマを移動させる。クルマが進む場所として青く示されたところに障害物がないことを確認し、再び「はい」のボタン。ギアをDに入れてブレーキを緩めると、自車とともにモニター上でもクルマが前進していく。

青く囲まれたスペースにクルマが入ると、「ブレーキを踏んでください」という音声案内が流れる。ギアをRに入れ、いよいよ駐車スペースへとクルマを入れていく。とはいえ、ステアリング操作はシステムにまかせればいい。バック駐車では枠の最先端、縦列駐車では右端に止まるのは、縁石やクルマ止めにぶつかるのを防ぐためだ。

縦列駐車では、何度も切り返しを行った。EPSが45アンペアとパワー不足なのが原因だそうだ。60アンペアならば一発で決まるというが、軽自動車だから過度にコストはかけられない。ブレーキやギアの操作が手動なのも、主にコストが理由である。慣れれば途中からはすべて自分の手で行ったほうが確実で早い。自動というより、半自動だと考えたほうがいいだろう。

タントに限らず、ACCや自動パーキングはあくまで“途上”の技術だ。遠い先には自動運転があるにしても、今時点でも補助的な役割である。そうであっても楽をできるというのは魅力的なので、軽自動車でもこれらの機能が浸透しつつあるのだ。

(文=鈴木真人/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

並列駐車でも縦列駐車でも、まずは駐車枠にアプローチするうえで適した位置と角度に、クルマを移動させるのが最初のステップ。「スマートパーキングアシスト」では、この段階から自動操舵によって操作をアシストしてくれる。
並列駐車でも縦列駐車でも、まずは駐車枠にアプローチするうえで適した位置と角度に、クルマを移動させるのが最初のステップ。「スマートパーキングアシスト」では、この段階から自動操舵によって操作をアシストしてくれる。拡大
「スマートパーキングアシスト」で駐車が可能なのは、並列駐車では間口の幅が2m以上、縦列駐車では長さが5m以上の駐車スペースとなる。
「スマートパーキングアシスト」で駐車が可能なのは、並列駐車では間口の幅が2m以上、縦列駐車では長さが5m以上の駐車スペースとなる。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 「ダイハツ・ムーヴ キャンバス」に2タイプの特別仕様車 2019.4.22 自動車ニュース ダイハツ工業は2019年4月22日、軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に特別仕様車「ホワイトアクセントリミテッドSAIII」および「ブラックアクセントリミテッドSAIII」を設定し、販売を開始した。
  • ダイハツが「ムーヴ キャンバス」の安全装備を強化 2018.8.20 自動車ニュース ダイハツが軽乗用車「ムーヴ キャンバス」に一部改良を実施。衝突回避支援システムの「スマートアシストIII」を全車に採用したほか、ブラックインテリアパックやD assist切り替えステアリングスイッチを標準装備した新グレードを設定した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • 発売は7月 ホンダが新型「N-WGN」の情報を公開 2019.6.7 自動車ニュース ホンダが2019年7月にフルモデルチェンジ予定の、新型「N-WGN」の情報を公開。2代目となる今回のモデルでは、普段使いを快適にこなせることと、親しみやすいデザインを重視。渋滞追従機能付きACCやパーキングセンサーなど、充実した装備も特徴となっている。
ホームへ戻る