泡と消えた世界最大の自動車グループ誕生
FCAとルノーが奏でた経営統合“狂想曲”の裏側

2019.06.09 デイリーコラム

狙いはルノーよりむしろ日産?

2019年6月6日、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は、ルノーに対する経営統合の提案を、取り下げたと発表した。前日に行われたルノーの取締役会において、承認が得られなかったことを受けたもので、これにより1500万台規模ともいわれた世界最大の自動車グループは、幻と消えることとなった。

FCAの発表を見ると、「ルノーの筆頭株主であるフランス政府の過度な要求に嫌気が差した」と言いたいようだが、業界内では企業風土があまりに違う両社の統合に「そもそも無理があったのでは?」という声も聞こえている。

確かに、“フィアット宗主家”の支配の強いFCAと、官営企業的側面を持つルノーとの間には、大きな隔たりがある。ではなぜ、そもそもFCAはルノーに経営統合を持ちかけたのだろうか。今回の騒動の背景にある自動車産業の現状を、あらためて読み解いてみたい。

まずはグローバル市場における勢力図である。FCAの内情から見ていくと、フィアットは欧州市場を中心としつつ、ブラジルなど南米でもシェアが高い。またクライスラー系のブランドは、ジープこそ国際展開しているものの、その他はほぼ100%が北米市場向けで、実はそこでの収益がFCAの屋台骨を支えているのだ。一方、ルノーの販売は欧州市場が主。日産は北米と中国を中心に、欧州、東南アジア、南米と、まさにグローバル展開をしており、また三菱は東南アジアで強みを持っている。

こうして見ると、統合によってFCAが得られる恩恵は明白だった。現在、大きく出遅れている中国市場に、日産の力を借りて足場を築く。グローバル戦略の観点では、むしろこれが最大の狙いではなかったのかと推察できるほどだ。かつてフィアットは、クライスラーとの経営統合を機にフィアットとアルファ・ロメオを北米に売り込んだ。今回は、中国市場でその再現をもくろんだのかもしれない。

FCAがルノーに提案した経営統合の内容は、出資比率50:50で持ち株会社をオランダに立ち上げるというものだった。この統合案に対し、仏政府は統合後も影響力を保持すべく、条件の変更を要求。FCAは仏政府からの取締役を受け入れる、新会社の本社機能をフランスに置くなどの譲歩を提示したが、その後も条件をつり上げ続ける仏政府に嫌気が差し、統合案を撤回することとなったようだ。
FCAがルノーに提案した経営統合の内容は、出資比率50:50で持ち株会社をオランダに立ち上げるというものだった。この統合案に対し、仏政府は統合後も影響力を保持すべく、条件の変更を要求。FCAは仏政府からの取締役を受け入れる、新会社の本社機能をフランスに置くなどの譲歩を提示したが、その後も条件をつり上げ続ける仏政府に嫌気が差し、統合案を撤回することとなったようだ。拡大
FCAとルノー連合で、唯一まともにバッティングしている市場といえば北米。クライスラーのお膝元であり、日産にとっても中国と並ぶ最重要マーケットである。ちなみに、日産とクライスラーは過去に業務提携を結んでいたことがあったが、わずか1年でご破算となった。
FCAとルノー連合で、唯一まともにバッティングしている市場といえば北米。クライスラーのお膝元であり、日産にとっても中国と並ぶ最重要マーケットである。ちなみに、日産とクライスラーは過去に業務提携を結んでいたことがあったが、わずか1年でご破算となった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事