第609回:反則キップは海を渡って日本にまで!?
イタリアの車両進入禁止地域にご用心

2019.06.21 マッキナ あらモーダ!

「進入禁止」というイタリア名物

「大矢サン、いつか書いてくださいよ!」

少し前に『webCG』編集部を訪ねたとき、編集者氏が荒い鼻息とともに憤慨していた。

聞けば、レンタカーを使ってイタリア旅行をした際の出来事だという。「イタリアの街には進入禁止ゾーンがあるが、さまざまな都市でそうしたゾーンにうっかり入ってしまった。『後日、違反者を追跡して反則金の請求が日本までくる』と聞いた」というのである。

彼がはまった“ワナ”は、「ZTL(ゾーナ・トラフィコ・リミタート=交通規制区域)」と呼ばれるものである。歴史的旧市街への一般車の進入を規制することで、歩行者や住民に快適な生活環境を提供するのが目的だ。

今日イタリア以外のヨーロッパ各国でも同様の規制を見ることができる。だが、その数ではイタリアが突出して多い。やや古い2013年のデータになるが、導入都市数はイタリアが103、ドイツが43、オランダが14、イギリスが13、フランスが6である(参考データ:Alix Partners)。

この編集者氏の叫びは、自らに次ぐ悲劇を生まないために、ぜひ筆者にZTLについて記してほしい、ということだった。

イタリアの標識は、理解するのにちょっぴり時間を要する。アレッツォ県ルチニャーノにて。
イタリアの標識は、理解するのにちょっぴり時間を要する。アレッツォ県ルチニャーノにて。拡大
ZTLの始まりを示す白線と表示。シエナで。
ZTLの始まりを示す白線と表示。シエナで。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事