BMW Z4 M40i(前編)

2019.07.11 谷口信輝の新車試乗 今回レーシングドライバー谷口信輝が向き合ったのは、BMWのオープンスポーツカー「Z4」の最新型。運転のプロフェッショナルは、そのドライバーズシートにおさまって、どんなことを感じたのか?

キャビンの広さはドイツ車ならでは

「1、2、3、4、5……」

BMW Z4の電動ソフトトップ開閉スイッチを操作しながら、谷口信輝はゆっくりと数えていた。
「7、8、9、10(コーン!)、11、12、13、14。うーん、窓が完全に閉まるまでには14秒かかりますね」

たしかに、ルーフを閉め始めてから完全に動作が終わり、さらに開閉中はいったん開くサイドウィンドウが閉じるまでには14秒かかる。しかし、10秒を過ぎたところで「コーン!」と鳴った時点でルーフの開閉動作自体は終わっている。プレスリリースにも「10秒でオープン/クローズ可能なソフト・ルーフ」と誇らしげに記されていた。谷口にそう指摘すると、「でも『ルーフが閉まりましたよ』っていうお知らせは、やっぱりあの窓が閉まったところじゃないんですか?」との答えが返ってきた。なるほど、そういうとらえ方もできるか。とはいえ、ちょうど10秒が過ぎたところで聞こえた「コーン!」というBMW特有の警告音こそは、ルーフが閉まった証拠だろう。そう説明すると、谷口は「ああ、そうですか。そんな音、していましたか?」と素直に驚いてみせたのである。

いやいや、私が驚いたのは谷口のカウントが正確なこと。レーシングドライバーのなかには、特定のサーキットを走っている様子を頭のなかに思い浮かべ、フィニッシュラインを通過したところでラップタイムを申告させると、ストップウオッチで計ったのとぴったり同じ時間を言い当てる者がいるそうだ。それだけ、彼らは時間に関する感覚がシビアなわけだが、どうやら谷口もそうした能力の持ち主らしい。

話がいきなり脇道にそれた。運転席に腰掛けている谷口に、コックピットの印象を語ってもらおう。
「例えば『マツダ・ロードスター』とか『ホンダS2000』なんかに比べると、キャビンは明らかに広いですね。日本のオープンスポーツカーって、シートのスライド方向にあんまり余裕がないことが多いんですが、これはたっぷりしています。しかも長さ方向だけじゃなく、幅方向にも広い。やっぱり、体の大きなドイツ人でも乗れるように気が配られているんですね」

 
BMW Z4 M40i(前編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(前編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(前編)の画像拡大
 
BMW Z4 M40i(前編)の画像拡大

【BMW Z4 M40iのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm/ホイールベース:2470mm/車重:1570kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5000rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:835万円


	【BMW Z4 M40iのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4335×1865×1305mm/ホイールベース:2470mm/車重:1570kg/駆動方式:FR/エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:340ps(250kW)/5000rpm/最大トルク:500Nm(51.0kgm)/1600-4500rpm/タイヤ:(前)255/35ZR19 96Y/(後)275/35ZR19 100Y(ミシュラン・パイロットスーパースポーツ)/燃費:13.2km/リッター(JC08モード)/12.2km/リッター(WLTCモード)/価格:835万円
	拡大

関連キーワード:
Z4, BMW

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 840iグランクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.9.28 試乗記 BMWがラインナップするLセグメントのスペシャリティーモデル「8シリーズ」に、4ドアの「グランクーペ」が登場。ポルトガルのアルガルヴェで試乗した直6モデルの「840i」は、「ぜひ日本にも」と願わずにはいられないクルマに仕上がっていた。
  • BMW M850i xDriveカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.7.12 試乗記 BMWの最上級オープンカーなんて、お金持ちが気軽に乗り回すだけのクルマじゃないか? そんな偏見を吹き飛ばす、完璧と言いたくなるほどの走りを、新しい「M850i xDriveカブリオレ」は味わわせてくれた。
  • 日産スカイラインGT Type P(V6ターボ)(FR/7AT)【試乗記】 2019.10.4 試乗記 「日産スカイライン」のマイナーチェンジで追加されたV6ツインターボモデルはなかなかの意欲作だ。その出来栄えは概して素晴らしい。しかし、いっぽうでは日産の国内市場軽視が透けて見える部分も少々……。中年カーマニアの筆者にとっては寂しさを覚えつつの試乗となった。
  • 新型「ホンダ・フィット」いよいよ登場 オートバイも総勢29台を出展【東京モーターショー2019】 2019.9.26 自動車ニュース 本田技研工業は2019年9月26日、第46回東京モーターショー(開催期間:2019年10月23日~11月4日)における出展概要を発表した。会場では、「フィット」や「アコード」の新型が初披露される。
  • マツダ3ファストバックXD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.16 試乗記 「アクセラ」から“グローバルネーム”へと車名が改められ、生まれ変わった「マツダ3」。新世代の世界戦略車と位置付けられるこのモデルは、果たしてCセグメント・ハッチバックのベンチマークとされる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」を超えたのか。
ホームへ戻る