三菱eKクロスT(後編)

2019.08.01 谷口信輝の新車試乗 「こういうクルマが、1台ウチにあってもいい」。レーシングドライバー谷口信輝は、「三菱eKクロスT」のどこに好印象を持ったのか? 新型軽乗用車の見どころについてリポートする。

ていねいなところはレクサス並み

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは、三菱の新しいハイト系軽自動車ワゴン、eKクロス。そのハンドリングや乗り心地について、谷口は「普通の乗用車の物差しで測ってもいい」と語ったが、それ以外の居住性や使い勝手はどうなのか? eKクロスのエクステリアとインテリアをじっくり観察してもらった。

まずはエクステリアから。
「このクルマのシルエットは好きですね」

 ほー、谷口が軽自動車のデザインを褒めるとは思わなかった。
「例えばこのクルマを真っ黒に塗って、その外形だけを見たとすると、ボディーは下が太くて上にいくにしたがってすぼまっていますよね。つまり、ボディー上部が絞り込んである。こういう安定感のあるデザインって、軽自動車にはあまりなかったような気がします」

「あと、これだけ深いプレスラインの軽自動車もあんまりありませんよね。だから、やっつけで作っている感じがまるでしません」

ここで谷口がレーシングドライバーらしいポイントを指摘してくれた。
「ボディーを横から見たとき、前のほうが背が高くて、後ろにいくにつれて下がっている。こういう水滴型って空気抵抗を低くするには効果があるんですが、eKクロスもその辺を狙ったんでしょうか? ちょっと気になりますね」

続いてインテリアを見てもらった。まずは前席まわりから。
「内装の質感はそんなに悪くありません。それと、このベンチシートがまた愛くるしい。僕の場合、隣に腰掛けてもらうなら、やっぱり女性かな。できれば大きめのオジサンは後席に座ってもらったほうがうれしいかもしれません(笑)」

 
三菱eKクロスT(後編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(後編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(後編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(後編)の画像拡大
 
三菱eKクロスT(後編)の画像拡大

【三菱eKクロスTのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1685mm/ホイールベース:2495mm/車重:950kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:64ps(47kW)/5600rpm/エンジン最大トルク:100Nm(10.2kgm)/2400-4000rpm/モーター最高出力:2.7ps(2.0kW)/1200rpm/モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ダンロップ・エナセーブEC300)/燃費:22.8km/リッター(JC08モード)/16.8km/リッター(WLTCモード)/価格:176万5800円


【取材時の燃費データ】
テスト距離:253.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:24.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.6km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値)


	【三菱eKクロスTのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1685mm/ホイールベース:2495mm/車重:950kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:64ps(47kW)/5600rpm/エンジン最大トルク:100Nm(10.2kgm)/2400-4000rpm/モーター最高出力:2.7ps(2.0kW)/1200rpm/モーター最大トルク:40Nm(4.1kgm)/100rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)165/55R15 75V(ダンロップ・エナセーブEC300)/燃費:22.8km/リッター(JC08モード)/16.8km/リッター(WLTCモード)/価格:176万5800円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:253.4km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:24.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.6km/リッター(満タン法)/12.5km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
eKクロス, 三菱

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 「三菱eKワゴン/eKクロス」発表会の会場から 2019.3.28 画像・写真 三菱から新型「eKワゴン」と「eKクロス」が登場。全高1640~1685mmの軽ハイトワゴンで、特にeKクロスはSUVテイストのデザインが特徴の新しい派生モデルとなる。タレントの竹内涼真も登場した発表会の様子を、写真でリポートする。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 三菱eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.5 試乗記 派手なフロントマスクにばかり目が行きがちだが、「三菱eKクロス」は中身にもそこかしこに配慮の行き届いた、使い勝手のいい軽乗用車だ。気になる走行性能や先進運転支援システムの出来栄えなどをリポートする。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る