三菱が新型軽乗用車「eKワゴン」「eKクロス」を発売

2019.03.28 自動車ニュース
新型「三菱eKワゴンG」(右)と「eKクロスT」(左)。
新型「三菱eKワゴンG」(右)と「eKクロスT」(左)。拡大

三菱自動車は2019年3月28日、新型軽乗用車「eKワゴン」と「eKクロス」の販売を開始した。

「eKクロス」は、かつて存在した「eKアクティブ」に通じるSUVテイストのデザインが特徴。
「eKクロス」は、かつて存在した「eKアクティブ」に通じるSUVテイストのデザインが特徴。拡大
「eKクロス」にはツートンカラーも用意される。
「eKクロス」にはツートンカラーも用意される。拡大
「eKクロスT」に搭載されるターボエンジン。
「eKクロスT」に搭載されるターボエンジン。拡大
「eKクロスT」のインストゥルメントパネルまわり。
「eKクロスT」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
「eKクロスT」のフロントシート。モーターアシスト用のリチウムイオンバッテリーは、運転席の下に搭載される。
「eKクロスT」のフロントシート。モーターアシスト用のリチウムイオンバッテリーは、運転席の下に搭載される。拡大
「eKワゴン」の上級グレード「G」。
「eKワゴン」の上級グレード「G」。拡大
ダッシュボードまわりの収納スペース。写真は「eKワゴンG」。
ダッシュボードまわりの収納スペース。写真は「eKワゴンG」。拡大
「eKワゴンG」のフロントシート。
「eKワゴンG」のフロントシート。拡大
リアシートには左右一体式の前後スライド機構と、分割可倒機構が備わる。
リアシートには左右一体式の前後スライド機構と、分割可倒機構が備わる。拡大
新型「三菱eKクロスT」(右)と「eKワゴンG」(左)。
新型「三菱eKクロスT」(右)と「eKワゴンG」(左)。拡大

SUVテイストの新たな派生モデルが初登場

三菱と日産は2011年に立ち上げた合弁会社NMKVのもとに軽自動車事業を行っており、2013年にはハイトワゴンの「三菱eKワゴン/eKカスタム」「日産デイズ」を、翌2014年にはスーパーハイトワゴンの「三菱eKスペース」「日産デイズ ルークス」を発売した。

今回、このうちのハイトワゴンが6年ぶりにフルモデルチェンジ。三菱からは新型のeKワゴンとeKクロスが登場した。

eKワゴンは、「THE CUTE CHIC」がデザインコンセプトのスタンダードモデルで、幅広いユーザーがターゲット。一方、eKクロスはSUVテイストを特徴とした新しいクロスオーバーモデルで、同社の「デリカD:5」にも採用されるフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」や縦型LEDヘッドライトにより、力強さが表現されている。デザインコンセプトは「THE CUTE BEAST」だ。なお、メーカーオプションのルーフレールはeKクロスだけの設定となる。

インテリアは、三菱が「ホリゾンタルアクシス」と呼ぶ水平基調のデザインを採用。インテリアカラーはeKワゴンがライトグレーを、eKクロスがブラックを基調とすることで、キャラクターの違いが示されている。

パッケージに関する点では、先代に比べてエンジンルーム長を短縮し、代わりにホイールベースを65mm延長することで室内空間を拡大。これにより後席のニールームは70mm広くなった。また、リアシートは背もたれ上部のレバーにより簡単にスライドおよび格納が可能。荷室のフロア下に深さ20cm、容量54リッターの収納スペースを確保(FF車の場合)するなど、使い勝手の向上を図っている。

先進の運転支援システムをオプション設定

エンジンは、52ps(38kW)の0.66リッター直列3気筒DOHC 12バルブを両モデルに設定。またeKクロスには、64ps(47kW)のターボエンジンを搭載するグレード「T」が用意される。従来モデルと比較すると、最大トルクが自然吸気エンジンでは4Nm(0.4kgm)、ターボエンジンでは2Nm(0.2kgm)向上するとともに、より広い回転域でのトルクアップを実現。トランスミッションはCVTで、駆動方式にはFFと4WDが用意される。

さらに、eKクロスには2kWの電気モーターとリチウムイオン電池を組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを採用し、燃費向上と加速時のモーターアシストを実現している。JC08モード燃費は、eKワゴンがFF:29.4km/リッター、4WD:24.6km/リッター、eKクロスの自然吸気エンジン仕様がFF:29.4-29.8km/リッター、4WD:25.4km/リッター、ターボエンジン仕様がFF:25.2km/リッター、4WD:22.8km/リッターとなる。

運転支援システムを中心に装備の強化も図っており、衝突被害軽減ブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱警報&車線逸脱防止支援機能、オートマチックハイビームからなる「e-Assist」を全車に標準装着(ただし、一部グレードではレスオプションの選択も可能)。オプションでデジタルルームミラーや、アダプティブクルーズコントロールと車線維持支援機能を組み合わせた「MI-PILOT(マイパイロット)」も用意している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • eKワゴンM(FF/CVT):129万6000円
  • eKワゴンM(4WD/CVT):142万5600円
  • eKワゴンG(FF/CVT):137万7000円
  • eKワゴンG(4WD/CVT):150万6600円
  • eKクロスM(FF/CVT):141万4800円
  • eKクロスM(4WD/CVT):154万4400円
  • eKクロスG(FF/CVT):155万5200円
  • eKクロスG(4WD/CVT):168万4800円
  • eKクロスT(FF/CVT):163万6200円
  • eKクロスT(4WD/CVT):176万5800円

(文=生方 聡/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

◆「三菱eKワゴン/eKクロス」のより詳しい写真はこちら
◆「三菱eKワゴン/eKクロス」発表会の様子はこちら


 

関連キーワード:
eKクロス, eKワゴン, 三菱, 自動車ニュース

三菱 eKクロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱eKワゴン/eKクロス 2019.3.28 画像・写真 4代目となる新型「三菱eKワゴン」と、SUVテイストのデザインが特徴の「eKクロス」が登場。マイルドハイブリッド機構や操舵支援機能付きのアダプティブクルーズコントロールなど、各所に新機軸が取り入れられた軽ハイトワゴンの姿を、写真で紹介する。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • レクサスRC Fトラックエディション(FR/8AT)【海外試乗記】 2019.5.1 試乗記 マイナーチェンジが行われた「レクサスRC F」に、日本での正式発表に先立ち米カリフォルニア州パームスプリングスで試乗。熱い走りを予感させる「トラックエディション」と名付けられた、新たなトップモデルのパフォーマンスに迫る。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
ホームへ戻る