第614回:欧州でも吹き荒れる「ジムニー」旋風
スズキは“不吉数字”も恐れない!

2019.07.26 マッキナ あらモーダ!

納車は年明け

ヨーロッパで新型「スズキ・ジムニー」の販売が好調である。欧州域における2019年5月の販売台数は1488台。先代モデル末期であった前年同月(673台)と比較すると、2.2倍に増えている。

いっぽう、イタリアの2019年6月のブランド別登録台数を見ると、スズキは前年比52.9%増の3738台である。日系ブランドでは日産(3372台。前年比18.8%減)を抜き、トヨタに次ぐ2位だ。このままいけば、年間でも2位は難しくない。ジムニーの好調が貢献しているのは確かだろう。

ところで前回は、2019年6月19日から23日までトリノで開催された「パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」について記した

会場で、とりわけ来場者の注目を浴びていたブランドのひとつといえば、ずばりスズキであった。

スズキにおける今年のテーマは、ずばり「KATANA(刀)」である。二輪ファンならご存じのとおり、「カタナ」は1980年代にスズキが生産した、主に「GSX」系に設定したシリーズ名である。

2019年5月には、日本で新型が発表された。今回は、それにタイミングを合わせたもので、3種のカタナコンセプトが展開された。

ひとつは、新型カタナにチタン製エキゾーストパイプなどを追加したスペシャルバージョン「カタナJINDACHI」だ。

さらに「ビターラ(日本名:エスクード)」をドレスアップした「ビターラ カタナ」と、カタナ風のカラーリング&ロゴを施した船外機も展示した。

しかし、大半の来場者のお目当てといえば、やはり新型ジムニーであった。

車両の横にいたスタッフのひとりに、納期を聞いてみた。すると「仕様を選ばなければ比較的早く納車できるが、細かいオーダーをした場合、年を越す場合がある」という。2019年4月に筆者が住むシエナのスズキ販売店でも納期を確認したことがあったが、その時点でも納車は約半年後の9月だった。人気ぶりがうかがえる。

ところが、展示されているジムニーをよく観察すると、市販型よりもどこか勇ましいではないか。

「パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」で。「スズキ・ジムニー」のワンオフモデル「頑」に乗るのは、イタリアを代表するフィギュアスケート選手のカロリーナ・コストナー。スズキは彼女のスポンサーを務めている。
「パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」で。「スズキ・ジムニー」のワンオフモデル「頑」に乗るのは、イタリアを代表するフィギュアスケート選手のカロリーナ・コストナー。スズキは彼女のスポンサーを務めている。拡大
今年のテーマは、2019年5月に発表された新型にちなんで「カタナ」。
今年のテーマは、2019年5月に発表された新型にちなんで「カタナ」。拡大
スズキ・ビターラ カタナ
スズキ・ビターラ カタナ拡大
スズキ・カタナJINDACHI
スズキ・カタナJINDACHI拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • おめでとう50周年! スズキが生んだ小さな巨人「ジムニー」に贈る賛歌 2020.4.27 デイリーコラム 2020年4月10日、スズキが生んだ小さな巨人「ジムニー」が誕生50周年を迎えた。この四角い小型クロカンは、なぜ私たちの心を引き付けてやまないのか? 「“上がり”の一台はジムニー」と公言するwebCG執筆陣に、思いのたけをつづってもらった。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
ホームへ戻る