第613回:政争の具になった人気急上昇中のモーターショー
大矢アキオ、「パルコ・ヴァレンティーノ」の行く末を憂う

2019.07.19 マッキナ あらモーダ!

5日間で70万人を動員していたのに……

今日では珍しく大成功中だったモーターショーが、突如開催地を変更。大混乱に――。2019年7月、イタリアを代表する自動車の都で起きた、ある騒動について記そう。

自動車イベント「第5回パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」が、トリノ市で2019年6月19日から23日にかけて開催された。メイン会場には、メーカーやインポーター、地元トリノのカロッツェリアなど54ブランドが参加。期間中は70万人の来場者でにぎわった。

そのようなハッピーエンドともいえるクロージングリポートが届いてから3週間弱がたった、2019年7月11日のことだ。ショーに関するある発表が、テレビニュースのヘッドラインを埋めた。

パルコ・ヴァレンティーノのオーガナイザー、アンドレア・レヴィ氏が、「次回2020年6月の第6回から、開催地をロンバルディア州に移す」と公表したのだ。

ロンバルディア州は、トリノがあるピエモンテ州の隣に位置し、イタリア第2の都市ミラノやモンツァサーキットを擁する。ちなみにトリノ‐ミラノ間の距離は、自動車で約140kmである。

一見、単なる開催地の移転であり、同時にレヴィ氏は、過去5年間イベントに協力してくれたトリノ市に感謝の意を表した。

だが、この発表が大きな騒ぎとなってしまった。その経緯を説明しよう。

「第5回パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」の様子。2019年6月22日撮影。スペシャルイベントを含めた期間中の参加台数は2000台に及んだ。
「第5回パルコ・ヴァレンティーノ・モーターショー」の様子。2019年6月22日撮影。スペシャルイベントを含めた期間中の参加台数は2000台に及んだ。拡大
新型車は、このような規格型の建屋に入れられて、各ブランドとも1、2台展示されるスタイルだ。
新型車は、このような規格型の建屋に入れられて、各ブランドとも1、2台展示されるスタイルだ。拡大
自動車専門ウェブサイト『アウトパッシオナーティ』は、アルファ・ロメオのF1マシンを展示した。
自動車専門ウェブサイト『アウトパッシオナーティ』は、アルファ・ロメオのF1マシンを展示した。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事