第141回:アロワナが泳ぐ中古車店

2019.09.03 カーマニア人間国宝への道

激安中古車店ふたたび

タイヤも元の鞘(さや)「ポテンザS001ランフラット」に戻って、夢のようなスポーティーさと快適性を取り戻した我がエリート特急こと5年落ち「BMW 320d」だが、5年落ちということはすなわち車検。ソイツを受けねばなるまい。受けずに運行すると反則点12点。あな恐ろしや。

車検、どこで受けようかなぁと迷ったが、迷ったすえに、購入した激安中古車店に出してみることにした。

なにしろ首都圏で2番目くらいに激安な品ぞろえの店。買った時は「買い逃げだ! 二度と世話にはならねぇぜ!」というつもりだったが、結局2年間ノートラブルだったし、納車時にはバッテリーも無償交換してくれたし、頼んだコーティングもよく効いていた。車検だって、少なくともディーラーにお願いするよりは安いだろう。悪い選択じゃないかもしれない。

ということで電話を入れてみると、受付のオネーサンが、「ありがとうございます~。費用はだいたい9万円くらいだと思います」と、とっても感じのいい声で応対してくれた。9万円というのは、たぶん重量税や自賠責などの諸経費を除いた金額だろう。BMWとしては十分リーズナブル!

ということで、2年ぶりに激安店を訪れたが、雰囲気は相変わらずだった。

敷地内にはパンパンにクルマが詰まっているが、店舗は無駄に広く、広大な接客スペースには観賞魚の水槽が5つくらい並んでいる。その中の1つには、巨大なアロワナがゆらゆら揺れている。

“エリート特急”こと、筆者の愛車「BMW 320d」。
“エリート特急”こと、筆者の愛車「BMW 320d」。拡大
“エリート特急”には現在「ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット」が装着されている。
“エリート特急”には現在「ブリヂストン・ポテンザS001ランフラット」が装着されている。拡大
“エリート特急”を購入した激安中古車店では、敷地内にクルマがパンパンに詰まっていた。(写真はイメージ)
“エリート特急”を購入した激安中古車店では、敷地内にクルマがパンパンに詰まっていた。(写真はイメージ)拡大
本文中の中古車店とは関係ないが、観賞魚マニアのマリオ高野が撮影したアロワナを参考までにどーぞ!(写真=マリオ高野)
本文中の中古車店とは関係ないが、観賞魚マニアのマリオ高野が撮影したアロワナを参考までにどーぞ!(写真=マリオ高野)拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 320d xDriveツーリングMスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.2.24 試乗記 新型「BMW 3シリーズ ツーリング」の日本導入7モデルのうち、まずは最高出力190PSの2リッター直4ディーゼルと4WDの組み合わせとなる「320d xDriveツーリングMスポーツ」に試乗。拡大された荷室の使い勝手や、走りの進化を確かめた。
  • BMW 320d xDrive Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.8.26 試乗記 新型「BMW 3シリーズ」に追加された2リッター直4ディーゼルモデル「320d xDrive Mスポーツ」に試乗。その出来栄えは、「BMWといえばガソリン直列6気筒」といった“伝統的エンスー”の固定観念を覆す、実に印象的なものだった。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
  • BMW 5シリーズにディーゼル×4WDの新グレード スポーティーな内外装も特徴 2019.7.30 自動車ニュース 「BMW 5シリーズ/5シリーズ ツーリング」に新グレード「523d xDrive Mスピリット」「523d xDriveツーリングMスピリット」が登場。ディーゼルエンジンと4WD機構がかなえる力強い走りに加え、スポーティーな内外装も特徴となっている。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
ホームへ戻る