新型EV「ホンダe」の価格が明らかに ドイツではおよそ350万円から【フランクフルトショー2019】

2019.09.10 自動車ニュース
フランクフルトモーターショー2019の会場でアンベールされた、量産型の「ホンダe」。
フランクフルトモーターショー2019の会場でアンベールされた、量産型の「ホンダe」。拡大

ホンダの欧州現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2019年9月10日(現地時間)、第68回フランクフルト国際モーターショー(会期:2019年9月22日まで)において、新型電気自動車(EV)「ホンダe」の最終量産バージョンを公開した。

「ホンダe」は、1回の充電で最大220kmの航続が可能。急速充電により、30分間で80%まで充電することができる。0-100km/hの加速タイムは約8秒。
「ホンダe」は、1回の充電で最大220kmの航続が可能。急速充電により、30分間で80%まで充電することができる。0-100km/hの加速タイムは約8秒。拡大
 
新型EV「ホンダe」の価格が明らかに ドイツではおよそ350万円から【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
新型EV「ホンダe」の価格が明らかに ドイツではおよそ350万円から【フランクフルトショー2019】の画像拡大
 
新型EV「ホンダe」の価格が明らかに ドイツではおよそ350万円から【フランクフルトショー2019】の画像拡大

2019年のジュネーブモーターショーに、プロトタイプが展示されたホンダe。それから半年を経て、市販モデルが公開された。

サイドカメラミラーシステムやポップアップ式ドアハンドルを採用したシンプルな面構成のボディーは、プロトタイプとほぼ変わらず。液晶パネルがダッシュボードにずらりと並んだインテリアもそのまま継承されている。AI技術を使った、「OK Honda」の呼びかけで起動するパーソナルアシスタントも、特徴的な装備のひとつだ。

今回のショーでは、その価格も明らかにされた。地方自治体の補助金を差し引いたドイツの場合で、最高出力100kW(136PS)のタイプが2万9470ユーロ(1ユーロ=118.4円換算で約349万円)、同113kW(154PS)のハイパワーバージョンたる「アドバンス」グレードが3万2470ユーロ(同384万円)となっている。

デリバリーの開始時期は2020年の夏で、すでに予約を済ませているイギリス、ドイツ、フランス、ノルウェーの顧客がその対象になるという。

(webCG)

関連キーワード:
ホンダe, ホンダ, フランクフルトモーターショー2019, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • まさかの451万円から! 話題のコンパクトEV「ホンダe」のお値段の是非を問う 2020.8.28 デイリーコラム いよいよ日本でも発表された、ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」。さっそく話題を集めているのが451万~495万円という価格設定だ。EVとはいえBセグメントコンパクトでこのお値段はアリや? ナシや? 欧州との価格差なども踏まえ、その正当性を検証する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 日本での普及は難しい? 「ホンダe」が提唱する「都市型EVコミューター」の未来を占う 2020.8.24 デイリーコラム いよいよ日本仕様の概要が発表されたホンダの電気自動車「ホンダe」。航続距離を抑えて都市部での移動に特化した「都市型EVコミューター」という触れ込みだが、そうしたクルマは日本でも受け入れられるのか? メイン市場である欧州の事情を踏まえつつ検証する。
ホームへ戻る