第621回:“エレキの世界”で出会った熱い人々
大矢アキオ、家電見本市「IFA 2019」を初取材!

2019.09.13 マッキナ あらモーダ!

プレスデーなのに熱烈工事中

イタリアに住む筆者に秋の到来を感じさせるものといえば、ドイツにおける9月のイベントである。具体的にはデュッセルドルフのキャラバン・サロンやフランクフルトモーターショー(IAA)だ。

まだ夏の余韻が残るイタリアからアルプスを越えると、かの地ではぐっと気温が下がっている。そのたびに現地のディスカウント衣料品店に飛び込んで厚手の服を調達し、イタリア風・伊達(だて)の薄着の上に羽織る。毎回その繰り返しだ。自分の学習能力のなさに、あらためて情けなくなる。そしてイタリアに戻ると、悲しいかな夏が終わっているというのも恒例だ。

「なにごとも惰性で続けるのはよくない。新しいことをやろう」と考えた筆者は、2019年をリセットの年と位置づけて、なるべく自動車ショーの取材を欠席してきた。2013年から通い続けてきたIAAも休むことにした。

代わりに取材対象として臨むことにしたのは、ベルリンの「国際コンシューマー・エレクトロニクス展(IFA)」である。毎年開催の家電見本市だ。

同様のイベントとしてラスベガスの「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」や、バルセロナの「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」を取材した経験のある筆者だが、IFAの歴史にそそられた。

第1回は、なんとワイマール共和政時代の1924年にさかのぼる。初期の名称は「大ドイツ・ラジオ展」であった。大日本、大英……と、名称に「大」をつけた時代である。

1930年には、かのアルベルト・アインシュタインが開会演説を行っている。参考までに、メッセ会場内に立つラジオ送信塔(フンクトゥルム)は、1926年の第3回大ドイツ・ラジオ展に合わせてこけら落としが行われたもので、なんと1989年まで実際の放送に用いられていたという。

総展示面積約16万1000平方メートルは、CES(約23万2000平方メートル)よりも少ない。だが、2017年の東京モーターショーの会場内面積(8万9660平方メートル)の1.79倍である。さらに、パビリオン間が離れているので、歩き回るにはかなりの体力を要する。

しかしながら驚いたのは2019年9月4日と5日の両日に開催されたプレスデーである。プレスカンファレンスを開催する大手を除いた大半の出展者は、その日もブース設営にいそしんでいたのだ。

会場内はどこもフォークリフト用パレットが発する木材の匂いと、金づちのトンカンという音、電気ドリルのうなり音に包まれている。通路のレッドカーペット上には保護ビニールが敷かれ、造作物の切れ端が散らばっているので、歩きにくいことこの上ない。

カンファレンスを実施する大きなメーカーも、開催時刻までパビリオンは完全に入場禁止だ。さまざまなブースで聞いたところによると、1週間前から数日前に搬入・設営が開始されたという。数週間前から搬入・設営している自動車ショーとは違う。

CESやMWCとは異なり、一般公開日を設けていることも、このプレスデーの解釈の違いをブーストさせているに違いない。

「IFA 2019」の会場で。パナソニックは米国ハリウッドにある研究所や映画産業へのOLEDモニター供給をアピールすべく、「バットモービル」を展示した。
「IFA 2019」の会場で。パナソニックは米国ハリウッドにある研究所や映画産業へのOLEDモニター供給をアピールすべく、「バットモービル」を展示した。拡大
「IFA」の会場であるメッセ・ベルリン。パビリオンは、数字が振られたものだけでも26に及ぶ。
「IFA」の会場であるメッセ・ベルリン。パビリオンは、数字が振られたものだけでも26に及ぶ。拡大
2019年9月4日午後、主催者によるプレゼンテーションで。赤い衣装をまとった中央の女性は、ミスIFA 2019。
2019年9月4日午後、主催者によるプレゼンテーションで。赤い衣装をまとった中央の女性は、ミスIFA 2019。拡大
パビリオン間の通路で。1930年大会で演説するアルベルト・アインシュタインの写真が。
パビリオン間の通路で。1930年大会で演説するアルベルト・アインシュタインの写真が。拡大
メッセ会場の一角に今も残る送信塔は、1926年の完成。
メッセ会場の一角に今も残る送信塔は、1926年の完成。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事