1000PSじゃ満たされない!?
電動スーパーカーに未来はあるか

2019.09.13 デイリーコラム

ブランドの個性が重要

電動のスーパースポーツに未来はあるか? 答えはシンプルで、スーパースポーツの未来は「いかに“ブランドユニーク”な電動化を図れるか」にかかっている。

気候変動(いつのまにか地球温暖化よりも便利な言葉になってしまった)の根源を、二酸化炭素を主とする温室効果ガスに求めることの是非はともかく、あらゆる意味で乗用車の電動化が推し進められている今、ロードカーとしてのスーパースポーツとて、その例外にはなりえない。

それゆえ、フェラーリやランボルギーニはそれぞれ工夫を凝らしたハイブリッドモデルを披露した。中でもフランクフルトモーターショーにて「シアンFKP 37」を発表したばかりのランボルギーニの技術部門トップ、マウリツィオ・レッジャーニ氏は、「われわれは『テルツォ ミッレニオ』(スーパーキャパシタのフルEV)という目標を先に掲げ、今、その一歩を踏み出したばかり。それもCO2削減のためではなく、あくまでもパフォーマンスアップのため」と言ってはばからない。

フェラーリの事情もまた同様で、マーケティング部門の最高責任者を務めるエンリコ・ガリエラ氏はユニベルソ・フェラーリというブランド単独のモーターショーイベント(マラネッロ)のプレスカンファレンスにおいて、「顧客からの強い要望がない限りフルEVをこちらから提案することはない。あればあったですぐに対応できることが重要だと思う」と、率先してEV化を推し進める意識の今はまだないことを表明した。

つまり、スーパーカー界の両巨頭が今取り組んでいることは、あくまでもブランドの個性に忠実な商品づくりであって、電動化は一定の社会性(大きく言えばスーパースポーツのサステイナビリティー)を保証するための手段にすぎないということ。ハイブリッドスーパーカーにおいて、まずは従前のピュア内燃機関モデルと変わらぬドライブフィールとそれ以上のパフォーマンスを提案しておくことで、徐々に未来=電動化へのステップを切り始めたと言うこともできる。顧客を電動に慣れさせよう、というわけだ。

2019年9月10日、フランクフルトで発表された「ランボルギーニ・シアンFKP 37」。12気筒エンジンに「スーパーキャパシタ」と呼ばれる蓄電システムとモーターを組み合わせ、最高出力819PSを発生する。販売台数は63台限定で、価格は200万ユーロ(約2億4000万円)。デビュー時点で完売している。
2019年9月10日、フランクフルトで発表された「ランボルギーニ・シアンFKP 37」。12気筒エンジンに「スーパーキャパシタ」と呼ばれる蓄電システムとモーターを組み合わせ、最高出力819PSを発生する。販売台数は63台限定で、価格は200万ユーロ(約2億4000万円)。デビュー時点で完売している。拡大
「シアンFKP 37」を前に笑顔を見せる、マウリツィオ・レッジャーニ氏。電動化モデルの開発については、「まだ最初の一歩踏み出したばかり」と語る。
「シアンFKP 37」を前に笑顔を見せる、マウリツィオ・レッジャーニ氏。電動化モデルの開発については、「まだ最初の一歩踏み出したばかり」と語る。拡大
フェラーリは2019年5月に、ブランド初となるプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」を発表している。
フェラーリは2019年5月に、ブランド初となるプラグインハイブリッドモデル「SF90ストラダーレ」を発表している。拡大
「SF90ストラダーレ」は4リッターV8ターボエンジンで後輪を、2基のモーターで前輪を駆動。システム全体の最高出力は1000PSで、0-100km/h加速2.5秒を豪語する。
「SF90ストラダーレ」は4リッターV8ターボエンジンで後輪を、2基のモーターで前輪を駆動。システム全体の最高出力は1000PSで、0-100km/h加速2.5秒を豪語する。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事