第589回:EVでもハイパーカーでも“らしさ”は健在
「エヴァイヤ」のエンジニアがロータスの哲学を語る

2019.09.25 エディターから一言
「ロータス・エヴァイヤ」と、英国から来日したロータスカーズの関係者。
「ロータス・エヴァイヤ」と、英国から来日したロータスカーズの関係者。拡大

2019年のジャパン・ロータスデーで日本初公開された、ロータスの最新モデル「Evija(エヴァイヤ)」。2000PSの電動ハイパーカーという、ロータスにとって“初物ずくめ”なこのクルマでも“ロータスらしさ”は健在なのか? 来日したエンジニアに話を聞いた。

日本初公開された「エヴァイヤ」。4基のモーターで4輪を駆動する、最高出力2000PSのハイパーカーだ。
日本初公開された「エヴァイヤ」。4基のモーターで4輪を駆動する、最高出力2000PSのハイパーカーだ。拡大
「エヴァイヤ」の特徴について説明する、ロータスカーズのジェフ・ダウディング エクゼクティブディレクター。
「エヴァイヤ」の特徴について説明する、ロータスカーズのジェフ・ダウディング エクゼクティブディレクター。拡大

随所にみられるロータス初の試み

今年のジャパン・ロータスデーで日本初公開された最新モデル、エヴァイヤは、EV、ハイパーカー、ワンピースのカーボンファイバー製モノコックシャシー構造、四輪駆動システムなど、ロータスの市販モデルとして新たなチャレンジを積極的に取り入れた意欲作だ。その志は高く、現時点で公表される市販ロードカーで最もパワフルとなる2000PSの最高出力をたたき出し、0-100km/h加速は3秒以下、最高速度320km/h以上を標榜(ひょうぼう)している。

現時点ではこれらスペックは目標値とされているが、今のロータスは吉利汽車(ジーリー)の傘下に収まったことで、資金・開発両面での強力なバックアップを得ている。新時代ロータスの実力を世に知らしめるためにも、この挑戦が“有言実行”になるのは間違いないだろう。

今回、イベントでのファンへのお披露目を前に、エヴァイヤのメディアプレビュー、ならびに開発メンバーへのインタビューの機会が設けられた。インタビューに応じてくれたのは、エンジニアのルイス・カー氏だ。

あなたにおすすめの記事
新着記事