第627回:目指せ“大矢アキオ5.0”!? エレクトロニクスショー「CEATEC 2019」に行ってみた

2019.10.25 マッキナ あらモーダ!

タクシーが通行人の服装チェック

神出鬼没のコラムニスト・大矢アキオ、今回は2019年10月15日から18日まで千葉県の幕張メッセで開催されたエレクトロニクス展示会「CEATEC 2019(シーテック2019)」に訪れてみた。

JR幕張本郷駅を降りると、一様に黒系のスーツに身を包んだ来場者が、まるでアリのように黙々と会場へ向かっていた。同じコンシューマーエレクトロニクスをテーマにしたラスベガスの「CES」やバルセロナの「MWC」、そしてベルリンの「IFA」では見られぬ光景だ。

帰り際に立ち寄ったアウトレットモールでセレクトショップの熟練店員に聞けば、「日本のテック系企業の多くは、トップの方々こそカジュアルなスタイルでブランドイメージづくりに努めています。でも一般社員の皆さんは、いまだ昔ながらの服装で臨まなければならないシチュエーションが多いのですよ」と苦笑しながら教えてくれた。

CEATECの会場内では「石英ガラスの3Dプリンター」「AIの活用による与信リスクの可視化」といった、一定の予備知識が必要なデモンストレーションが次々と展開されていた。

面食らった筆者を安心させてくれたのは、「トヨタ・ジャパンタクシー」の姿であった。早くも東京都心の風景の一部と化した、本連載の第606回でも紹介したあのタクシーである。

今回の出展者は「ジャパンタクシー株式会社」である。日本交通の川鍋一朗会長が社長を務める、次世代モビリティーを模索する企業だ。社員数は165人。すでに配信中のタクシー配車アプリ『JapanTaxi』で知られている。

今回同社は、産学連携研究の内容を披露した。例えば慶應義塾大学との共同研究の内容は、都市部にいるドライバーが遠隔操作によって、乗務員が不足している地域でのタクシー運転を行うというものだ。

現在は実験用フィールド内での検証段階という。しかし、完全自動運転タクシーが実現するまでの過渡期の一手段としては、有望な取り組みといえる。もし実現すれば、求人広告に「タクシー運転手(遠隔)急募。ご家庭でできるお仕事です」といったフレーズが現れるかもしれない。

いっぽう、彼らが最もアピールした開発中のプロジェクトは、タクシーデータの活用である。

説明員によると、タクシーは一台あたり一日平均で260km走行する。そこで、走行中のカメラ映像による画像データから数々の情報を取得する。具体的には、リアルタイムの事故・工事情報はもとより、ガソリンスタンド店頭に示されている可変料金表示、そして駐車場の空・満表示の読み取りといったものだ。

ドライバーに有用なそうした情報だけでなく、路面のひび割れをカウントして補修の指標としたり、屋外広告を検出して場所ごとの効果を検証したりということも視野に入れている。

さらに、映像によるデモでは、丸の内や渋谷の走行画像から、歩行者の服装はカジュアルが多いかフォーマルが多いか、またそれらの色の傾向までピックアップするさまが展開されていた。

そう聞くと筆者などは、奇妙なファッションで都内を徘徊(はいかい)し、ジャパンタクシーのデータを錯乱させるというイタズラを考えてしまう。同時に、イタリアで同様に路面データを取得したら、道路に空いた穴の未補修の数でデータをパンクさせてしまうのではと考えるのである。

「CEATEC 2019」では、「Society 5.0」にスポットが当てられた。
「CEATEC 2019」では、「Society 5.0」にスポットが当てられた。拡大
テック系イベントだが、アメリカ・ラスベガスの「CES」などとは違い、会場に向かう人々の格好は真面目であった。
テック系イベントだが、アメリカ・ラスベガスの「CES」などとは違い、会場に向かう人々の格好は真面目であった。拡大
「CEATEC 2019」の会場で。
「CEATEC 2019」の会場で。拡大
いきなり「トヨタ・ジャパンタクシー」が。
いきなり「トヨタ・ジャパンタクシー」が。拡大
展示されていた「ジャパンタクシー」のダッシュボード。配車支援システム用をはじめとするディスプレイは3基に及ぶ。
展示されていた「ジャパンタクシー」のダッシュボード。配車支援システム用をはじめとするディスプレイは3基に及ぶ。拡大
開発中の「タクシーによるデータ収集」のデモ。道路整備の状態から歩行者の服装まで、取得した最新情報が刻々と表示される。
開発中の「タクシーによるデータ収集」のデモ。道路整備の状態から歩行者の服装まで、取得した最新情報が刻々と表示される。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事