東京モーターショー2019

ホンダ・フィット:これさえあれば無敵だぜ!

2019.10.25 自動車ニュース
ホンダ・フィット
ホンダ・フィット拡大

エコなコンパクトカーから高性能なスーパーカーまで、さまざまなクルマを所有してきた清水草一。今回の東京モーターショーで氏のココロに刺さったのは、ホンダが満を持して公開した、あのクルマだった。

アウトドアテイストを生かしたモデルや高級感をセリングポイントとするものなど、タイプの異なる5種類がラインナップされる。
アウトドアテイストを生かしたモデルや高級感をセリングポイントとするものなど、タイプの異なる5種類がラインナップされる。拡大
写真の「ネス」グレードは、鮮やかなイエローの差し色が特徴。
写真の「ネス」グレードは、鮮やかなイエローの差し色が特徴。拡大
ペットのような親しみやすさを意識してデザインされた、4代目「フィット」のフロントまわり。小動物らしいフェイスの2代目を思わせる。
ペットのような親しみやすさを意識してデザインされた、4代目「フィット」のフロントまわり。小動物らしいフェイスの2代目を思わせる。拡大
 
ホンダ・フィット:これさえあれば無敵だぜ!の画像拡大

元気なホンダが帰ってきた

私は現実的なカーマニア。買えるクルマにしか興味がない。モーターショーでも、市販化が決まった新型車に興味が集中する。コンセプトカーは市販化決めてから出直して来いや! くらいに思っている。

今回出展された新型車(になる予定のモデル)の中で、ダントツに興味を引いたのは、「ホンダ・フィット」だ。

今回のデザイン、なかなかいいじゃないですか! 柴犬みたいで、かわいいけど適度な気の強さみたいのも感じられて。クルマは見た目が6割なので、すでに6割合格!

新型フィットを見ると、「ホンダデザインがやっと目覚めてくれたのか?」という気がしないでもない。目覚めたっつっても基本的に先祖返りではあるけれど。取りあえず原点に戻って、今後進むべき方向を見つめ直してほしいですよ。なにしろグチャグチャな方向に向かっていたからね。あの複雑グチャグチャ合体ロボ志向は、いったい何を目指していたのか……。

なんだかんだで日本で乗る限り、ハイブリッドは非常に優れたパワーユニットだと思うのです。ハイブリッドカー(いわゆるフルハイブリッド)が1台あると、どんな渋滞も怖くなくなる。フィットがあれば日本では万能かつ無敵! あとは趣味の領域! そんな気がします。2020年2月の新型フィットの発売に期待しております。

(文=清水草一/写真=峰 昌宏/編集=関 顕也)

関連キーワード:
東京モーターショー2019, モーターショー

あなたにおすすめの記事
新着記事