クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第595回:そのデザインは日本が由来!?
「メルセデス・ベンツ・ヴィジョンEQS」のデザイナーに聞く

2019.10.29 エディターから一言
東京モーターショー2019のメルセデスブースにて。ホルガー・フッツェンラウブ氏と「ヴィジョンEQS」。
東京モーターショー2019のメルセデスブースにて。ホルガー・フッツェンラウブ氏と「ヴィジョンEQS」。拡大

2019年9月のフランクフルトショーでお披露目されたメルセデス・ベンツのコンセプトカー「ヴィジョンEQS」が東京モーターショーにやってきた。このコンセプトカーを手がけた同社アドバンスドデザインのシニアマネージャー、ホルガー・フッツェンラウブ氏が来日し、ショーのプレスデー初日、そのデザインについて説明会を開いた。

「ヴィジョンEQS」は、メルセデス・ベンツの電動車ブランド「EQ」からローンチされた大型サルーン。2019年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
「ヴィジョンEQS」は、メルセデス・ベンツの電動車ブランド「EQ」からローンチされた大型サルーン。2019年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。拡大
伸びやかな「ヴィジョンEQS」のサイドビュー。長いホイールベースと、対照的に短い前後のオーバーハングが目を引く。
伸びやかな「ヴィジョンEQS」のサイドビュー。長いホイールベースと、対照的に短い前後のオーバーハングが目を引く。拡大
インテリアは、高級ヨットからインスピレーションを得たという。乗員を包み込むようなラップアラウンドデザインが採用されている。
インテリアは、高級ヨットからインスピレーションを得たという。乗員を包み込むようなラップアラウンドデザインが採用されている。拡大
メルセデス・ベンツの研究開発部門で、アドバンスドデザインを担当しているホルガー・フッツェンラウブ氏。今回、東京モーターショー2019への出展に伴い来日、コンセプトカーを含むメルセデス・ベンツのデザインについてインタビューに応じた。
メルセデス・ベンツの研究開発部門で、アドバンスドデザインを担当しているホルガー・フッツェンラウブ氏。今回、東京モーターショー2019への出展に伴い来日、コンセプトカーを含むメルセデス・ベンツのデザインについてインタビューに応じた。拡大

新たな高級車像を提案

ヴィジョンEQSの外観は、イルカがモチーフ。フロントまわりは、すでに日本市場でも販売が始まっているSUVの「EQC」や、2017年のフランクフルトに出品されたコンパクトカーの「EQA」同様、シームレス、つなぎ目のないツルリンとしたフロントまわりを特徴とする。EQファミリー共通のデザイン言語「シームレス」が採用されているのだ。

フッツェンラウブ氏、と書くとややこしいので、ここではホルガーさんと表記させていただく。そのホルガーさんが強調したのがプロポーションである。ショートノーズ、ややロングデッキで、現行「Sクラス」よりも長いホイールベースを持つ。先端から後端まで全体のシルエットは三日月型を描く。伝統的なセダンの3ボックスデザインに対して、彼らは「ワンボウ(=1本の弓)デザイン」と呼ぶ。

EQC同様、EQSもフロアにリチウムイオン電池を敷き詰めている。そのため、フロアが現行Sクラス比で20~30mm高い。当然、ボディーのハーフラインが上がって腰高、あるいは胴長になる。その不安定感を消すため、グリーンハウスの位置を低く見せる視覚効果を狙って採用されたのがブラックとシルバーの2トーンで、同時にメルセデスの最高級車であるマイバッハを連想させることも狙っている。

24インチ(!)の巨大なホイールと、ブラックに塗りつぶされたグリーンハウスは、全体をコンパクトに見せている。従来のように、ただ大きく立派に見せるだけが高級車のデザインではない、と主張しているわけだ。

ボディーをグルッと一周する“ライトベルト”はインテリアにも設けられている。自動運転中はブルーに点灯し、危険なことがあるとレッドに変わって警告する。そうやって内部の乗員と外部とのコミュニケーションを図り、“コネクテッドライト”としての役割も担っている。

インテリアは高級ヨットにインスピレーションを得ている。ダッシュボードはフラットに傾斜していて、メーターナセルは存在しない。ステアリング・バイ・ワイアのおかげで、ステアリングホイールの上半分は要らない。スペースが広くなって、心地よい空間が生まれる。

メルセデス・ベンツ の中古車

車内は丸ごとスクリーンになる!?

……というようなお話をひととおり聞いたあと、質疑応答の時間が設けられた。デザインのインスピレーションはどこから得たのか? という記者たちの質問に対して、ホルガーさんは次のように答えた。

「エクステリアのワンボウデザインは、空力の重要性から生まれました。EVにとって航続距離は重要で、シームレスな、イルカのようなカタチは航続距離にとって大事なのです」

Q&Aを続ける(他媒体からの質問も含む)。ワンボウデザインはEQファミリーのこれからの流れをつくるのか、それともメルセデス・ベンツブランド全体がこの方向に進むのだろうか?

「SUVは電池のためにフロアが高くなってもデザイン的に成立させることは簡単です。でも、サルーンタイプはむずかしいので、ワンボウを中心に考えています」

つまり、フロアに電池を敷き詰めるサルーンのためのデザインがワンボウということで、フロアが高くならないメルセデスには使わない、と解すことができる。

インテリアのデザインが将来的にシンプルになるのはなぜでしょうか?

「デジタルワールドはどんどん広がります。要は、それをクルマにどう取り入れるか、なのです。将来、スクリーンはもっと大きくなる。10~20年後、ダッシュボードはなくなり、室内全体がスクリーンになるでしょう」

室内全体がスクリーンになった場合、そのなかで乗員は何をやっているのだろう?

「自動運転にしてみんなで映画を観ているか……。ドライバーは運転に集中しているかもしれませんね」

ヴィジョンEQSは将来的な量産型と80%同じだ、とデザイン部門のトップから聞きました。それは本当なのですか?

「私のボスがそう言ったのならそれは正しいです。量産車のホイールはもうちょっと小さくなります。ウィンドウはちゃんと下がるようになり、ベルトラインとカラーリングはこれほどラジカル(急進的)ではありませんが、印象としては同じですね」

こちらは、「ヴィジョンEQS」とともに会場に並べられた「EQC」。メルセデス初の量産型電気自動車となるSUVで、すでに市販されている。
こちらは、「ヴィジョンEQS」とともに会場に並べられた「EQC」。メルセデス初の量産型電気自動車となるSUVで、すでに市販されている。拡大
ブースに展示された「ヴィジョンEQS」を前に、生みの親であるホルガ―さんがデザインのポイントを熱く語った。
ブースに展示された「ヴィジョンEQS」を前に、生みの親であるホルガ―さんがデザインのポイントを熱く語った。拡大
徹底的にフラッシュサーフェス化された「ヴィジョンEQS」。上半分に施したブラックのカラーリングは、腰高な印象を抑える効果があるという。
徹底的にフラッシュサーフェス化された「ヴィジョンEQS」。上半分に施したブラックのカラーリングは、腰高な印象を抑える効果があるという。拡大
乗車定員は4人。インテリアでは、前後を貫くセンターコンソールも特徴的。
乗車定員は4人。インテリアでは、前後を貫くセンターコンソールも特徴的。拡大

メルセデスの個性を創造したい

EVをデザインする上で、EVだからこそできることと、難しいことは?

「EVは30mmフロアが高くなり、エンジンがない分ホイールベースが長くできる、という特徴があります。われわれアドバンスドデザイン担当者の役割は、その条件を前にどのようなプロポーションが最適かを考えることです。家を建てるときと同じで、プロポーションは重要。インテリアについては、真ん中にプロペラシャフトのためのトンネルがない分、自由に使えます。『EVはスケートボードの上にクルマをつくるようなものだ』と言うひとがいるけれど、決してイージーではありません。新しいタイプのクオリティーやメルセデスのDNAであるクラフツマンシップも盛り込む必要があるのですから」

新しいプレミアムプレステージカーとして考えられた“電動Sクラス”がEQSである。伝統的3ボックスデザインの内燃機関搭載のSクラスは、伝統的なプロポーションを好むひとがいる限り、どちらもSクラスとしてワンボウデザインのEQSとしばらくは共存する。ユーザーは自分の好みによって選択できる。われわれが考える“これからの高級車”として、ワンボウデザインはスポーティー&エレガントで必ず受け入れられる自信がある――という意味のことを、ホルガーさんは語った。

ライバルは例えば、「テスラ・モデルS」か? という質問に対する答えは印象的だった。

「どこの会社であれ、EVはすべて注意深く見ています。テスラのモデルSはだれもが好むデザインで、スポーティーな4ドアクーペといえます。4ドアクーペならば、メルセデスが(「CLS」で)すでに手がけています。それをコピーする必要はないのです。われわれは、われわれ自身のパーソナリティーを創造したいと考えています」

2009年から2012年まで、東京にあったメルセデス・ベンツ・アドバンスド・デザイン・センターのゼネラルマネジャーを務めていたホルガーさん。最後に、日本で暮らしていたことで得たインスピレーションは? と尋ねたら、しばし考えてから、こう答えた。

「日本は周囲を海に囲まれています。イルカは、日本にいたから思いついたのです」

ちなみに、公表されているヴィジョンEQSの性能は、CO2排出量ゼロ、航続距離700km、最高出力476PS(350kW)で、0-100km/h加速4.5秒、最高速200km/h。駆動方式は4WD(可変式)というもの。

新しい価値観に基づく、イルカをモチーフにした量産型EQSは、さて、新しいプレミアムプレステージカーとして受け入れられるだろうか。その登場が待ち遠しい。

(文=今尾直樹/写真=峰 昌宏、ダイムラー、webCG/編集=関 顕也)

ホルガ―さんはEVのインテリアデザインについて、「自由度は高いものの、ブランドとしてのクオリティーやDNAを盛り込むという難しい課題に取り組む必要がある」とコメントした。
ホルガ―さんはEVのインテリアデザインについて、「自由度は高いものの、ブランドとしてのクオリティーやDNAを盛り込むという難しい課題に取り組む必要がある」とコメントした。拡大
伝統的な4ドアサルーン(写真上)と「ヴィジョンEQS」(下)の違いを説明するホルガ―さん。これらは、ユーザーのニーズに応じて共存することになるという。
伝統的な4ドアサルーン(写真上)と「ヴィジョンEQS」(下)の違いを説明するホルガ―さん。これらは、ユーザーのニーズに応じて共存することになるという。拡大
ホルガ―さんを含む周囲の人間と比べると、24インチホイールの大きさがよくわかる。ただし、量産される際には、もっと小さいサイズのものが装着される見込み。
ホルガ―さんを含む周囲の人間と比べると、24インチホイールの大きさがよくわかる。ただし、量産される際には、もっと小さいサイズのものが装着される見込み。拡大
100kWhの大容量バッテリーを搭載し、最大700kmの航続距離を誇る「ヴィジョンEQS」。急速充電器を使えば、20分以内に80%の容量を満たすことができる。
100kWhの大容量バッテリーを搭載し、最大700kmの航続距離を誇る「ヴィジョンEQS」。急速充電器を使えば、20分以内に80%の容量を満たすことができる。拡大
かつて日本にも3年間滞在したことのあるホルガ―さん。「ヴィジョンEQS」に見られるイルカのようなデザインは、日本駐在の経験から生まれたと語った。
かつて日本にも3年間滞在したことのあるホルガ―さん。「ヴィジョンEQS」に見られるイルカのようなデザインは、日本駐在の経験から生まれたと語った。拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ の中古車
関連キーワード
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。