第595回:そのデザインは日本が由来!?
「メルセデス・ベンツ・ヴィジョンEQS」のデザイナーに聞く

2019.10.29 エディターから一言
東京モーターショー2019のメルセデスブースにて。ホルガー・フッツェンラウブ氏と「ヴィジョンEQS」。
東京モーターショー2019のメルセデスブースにて。ホルガー・フッツェンラウブ氏と「ヴィジョンEQS」。拡大

2019年9月のフランクフルトショーでお披露目されたメルセデス・ベンツのコンセプトカー「ヴィジョンEQS」が東京モーターショーにやってきた。このコンセプトカーを手がけた同社アドバンスドデザインのシニアマネージャー、ホルガー・フッツェンラウブ氏が来日し、ショーのプレスデー初日、そのデザインについて説明会を開いた。

「ヴィジョンEQS」は、メルセデス・ベンツの電動車ブランド「EQ」からローンチされた大型サルーン。2019年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。
「ヴィジョンEQS」は、メルセデス・ベンツの電動車ブランド「EQ」からローンチされた大型サルーン。2019年9月のフランクフルトモーターショーで世界初公開された。拡大
伸びやかな「ヴィジョンEQS」のサイドビュー。長いホイールベースと、対照的に短い前後のオーバーハングが目を引く。
伸びやかな「ヴィジョンEQS」のサイドビュー。長いホイールベースと、対照的に短い前後のオーバーハングが目を引く。拡大
インテリアは、高級ヨットからインスピレーションを得たという。乗員を包み込むようなラップアラウンドデザインが採用されている。
インテリアは、高級ヨットからインスピレーションを得たという。乗員を包み込むようなラップアラウンドデザインが採用されている。拡大
メルセデス・ベンツの研究開発部門で、アドバンスドデザインを担当しているホルガー・フッツェンラウブ氏。今回、東京モーターショー2019への出展に伴い来日、コンセプトカーを含むメルセデス・ベンツのデザインについてインタビューに応じた。
メルセデス・ベンツの研究開発部門で、アドバンスドデザインを担当しているホルガー・フッツェンラウブ氏。今回、東京モーターショー2019への出展に伴い来日、コンセプトカーを含むメルセデス・ベンツのデザインについてインタビューに応じた。拡大

新たな高級車像を提案

ヴィジョンEQSの外観は、イルカがモチーフ。フロントまわりは、すでに日本市場でも販売が始まっているSUVの「EQC」や、2017年のフランクフルトに出品されたコンパクトカーの「EQA」同様、シームレス、つなぎ目のないツルリンとしたフロントまわりを特徴とする。EQファミリー共通のデザイン言語「シームレス」が採用されているのだ。

フッツェンラウブ氏、と書くとややこしいので、ここではホルガーさんと表記させていただく。そのホルガーさんが強調したのがプロポーションである。ショートノーズ、ややロングデッキで、現行「Sクラス」よりも長いホイールベースを持つ。先端から後端まで全体のシルエットは三日月型を描く。伝統的なセダンの3ボックスデザインに対して、彼らは「ワンボウ(=1本の弓)デザイン」と呼ぶ。

EQC同様、EQSもフロアにリチウムイオン電池を敷き詰めている。そのため、フロアが現行Sクラス比で20~30mm高い。当然、ボディーのハーフラインが上がって腰高、あるいは胴長になる。その不安定感を消すため、グリーンハウスの位置を低く見せる視覚効果を狙って採用されたのがブラックとシルバーの2トーンで、同時にメルセデスの最高級車であるマイバッハを連想させることも狙っている。

24インチ(!)の巨大なホイールと、ブラックに塗りつぶされたグリーンハウスは、全体をコンパクトに見せている。従来のように、ただ大きく立派に見せるだけが高級車のデザインではない、と主張しているわけだ。

ボディーをグルッと一周する“ライトベルト”はインテリアにも設けられている。自動運転中はブルーに点灯し、危険なことがあるとレッドに変わって警告する。そうやって内部の乗員と外部とのコミュニケーションを図り、“コネクテッドライト”としての役割も担っている。

インテリアは高級ヨットにインスピレーションを得ている。ダッシュボードはフラットに傾斜していて、メーターナセルは存在しない。ステアリング・バイ・ワイアのおかげで、ステアリングホイールの上半分は要らない。スペースが広くなって、心地よい空間が生まれる。

あなたにおすすめの記事
新着記事