“ニッポンのコンパクトカー”がそろって次世代へ 新型「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」を比較する

2019.10.30 デイリーコラム

2020年はコンパクトカー復権の年に

今は軽自動車が売れているので、小型/普通車は減少傾向にあるが、2020年にはコンパクトカーが人気を盛り返すだろう。「トヨタ・ヴィッツ」の後継となる新型「ヤリス」が発売され、「ホンダ・フィット」もフルモデルチェンジを受けるからだ。この2車種のプロトタイプが第46回東京モーターショー2019に出展されたので、両車を比べてみたい。

まずボディーの大きさは、両車とも全長が4m以下の5ナンバー車だ。全長はフィットが若干長いが大差はない。どちらも全高は1550mm以下で、立体駐車場を利用しやすい。

外観は両車とも丸みを持たせた。ただしフィットはボディー側面のウィンドウが4分割され、車内の広さを強調する。ヤリスは2分割されて引き締まり感が伴う。

運転のしやすさについては、両車異なる方法で斜め前方視界を向上させた。ヤリスはフロントピラー(柱)の位置を手前に引き寄せ、右左折時における横断歩道上の歩行者を見やすくした。フィットはフロントピラーを2本配置、衝突時に衝撃を吸収するのは手前のピラーだ。これを太くデザインして、前側のサブピラーは単なる窓枠で細いため、ヤリスと同じく斜め前方が見やすい。一方で斜め後方の視界は、両車ともあまり良くない。

東京モーターショーの開催を前に、2019年10月16日に発表された「トヨタ・ヤリス」。2020年2月中旬に発売予定。
東京モーターショーの開催を前に、2019年10月16日に発表された「トヨタ・ヤリス」。2020年2月中旬に発売予定。拡大
東京モーターショーでアンベールされた新型「ホンダ・フィット」。フロントマスクのデザインテーマは「柴犬」。
東京モーターショーでアンベールされた新型「ホンダ・フィット」。フロントマスクのデザインテーマは「柴犬」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る