第206回:中年男の乗るレンジローバーはどこへ向かうのか
『スペインは呼んでいる』

2019.11.07 読んでますカー、観てますカー

50代になったコンビのグルメ旅

まさか続きがあるとは思わなかった。『スペインは呼んでいる』というタイトルからわかるように、2015年に本欄で紹介した『イタリアは呼んでいる』の続編である。今回も、男ふたりがクルマで旅をする。『あなたを抱きしめるまで』で脚本を担当し主演を務めた多才なスティーヴ・クーガンと、イギリスで人気を誇るコメディアンのロブ・ブライドンのコンビだ。グルメ記事を書くために、1週間かけてスペインを南北に縦断する。

プリマスからフェリーに乗ると、早速メイフラワー号うんちくで火花を散らす。旅の間ずっと、ふたりは相手より物知りであることを主張し合うのだ。落語に出てくる「わしに知らないことなどない!」と言い張るご隠居さんみたいである。到着したのはスペイン北端部の港町サンタンデール。ロブは早速前夜にガイド本で予習したうんちくを披露する。スティーヴは疑いの目を向けるが、「長年かけて身につけた知識だ」と取り合わない。

朝食は港に面したレストラン「チョコ」で。これからスペインを旅する高揚感からか、食べながら『ドン・キホーテ』について語り合う。「セルバンテスは50代で『ドン・キホーテ』を執筆した」「50代はあらゆる意味で最高の年代だ」と意気軒高だ。ともに1965年生まれの彼らは老いを意識するようになっていて、カラ元気を発揮しているのがわかる。

ミック・ジャガーが72歳で子供を作ったことを引き合いに出すと、早速ものまね合戦が始まる。ふたりともミックになりきって会話するのだ。途中でマイケル・ケインまで交じってくるから収拾がつかない。会話に夢中で食事はおろそかになる。イワシを食べて「これはまるでイワシだ」なんて言っているから、グルメリポートはあまりアテにならないだろう。バチが当たったのか、豪雨に見舞われてテラス席から逃げ出すハメに。

(C)SKY UK LIMITED 2017.
(C)SKY UK LIMITED 2017.拡大
 
第206回:中年男の乗るレンジローバーはどこへ向かうのか『スペインは呼んでいる』の画像拡大
 
第206回:中年男の乗るレンジローバーはどこへ向かうのか『スペインは呼んでいる』の画像拡大
 
第206回:中年男の乗るレンジローバーはどこへ向かうのか『スペインは呼んでいる』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事