第629回:ブランド価値は育て方ひとつ!
フォルクスワーゲンの“ランボルギーニ売却”報道から考える

2019.11.07 マッキナ あらモーダ!

売りどきは今だ?

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とグループPSAは2019年10月31日、経営統合に向けて討議を続けることで合意した。これについては、別のコラムで筆者が記したとおりである。

実は同じ月、もうひとつ業界再編の話題が浮上していた。「フォルクスワーゲン(VW)グループが、アウトモービリ・ランボルギーニを売却もしくはスピンオフ(分離独立)か?」というものである。米『ブルームバーグ』が2019年10月11日、関係者の話として伝えた。

報道によると、VWグループのヘルベルト・ディースCEOは、グループ全体の企業価値を向上させるべく、VWとアウディ、ポルシェの3ブランドに将来の事業拡張を集中させることを検討中であるという。

実際にVWグループは2019年6月、トラック部門トレイトンのIPO(新規株式公開)実施計画を発表。9月にはドイツ証券取引所に上場し、同部門の独立性をより強めることに成功している。

ランボルギーニの市場におけるライバルであるフェラーリは、2015年10月にニューヨークおよびミラノ証券取引所に上場することでFCAからのスピンオフを実施した。これによりFCAは潤沢な資金を獲得している。

「ランボルギーニ売却/スピンオフ」説は2日後の2019年10月13日、VWのスポークスパーソンの声明によって否定された。

しかし読者諸兄もご存じのとおり、自動車業界は自動運転や電動化に備えて巨額の投資を迫られている。

「ウルス」の好調と、近い将来発売されるハイブリッドモデルへの期待で、ランボルギーニの市場価値は急上昇している。分離には極めて適切なタイミングだ。

VWグループが引き続き水面下で、ランボルギーニの売却・分離を模索するであろうことは想像に難くない。

2019年10月、ランボルギーニは1万4022台目の「ウラカン」をラインオフ。先代である「ガヤルド」が10年間かかった台数を、半分の5年で達成してしまった。
2019年10月、ランボルギーニは1万4022台目の「ウラカン」をラインオフ。先代である「ガヤルド」が10年間かかった台数を、半分の5年で達成してしまった。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事