ロータス・エキシージ スポーツ410(前編)

2019.11.14 谷口信輝の新車試乗 試乗を終えたレーシングドライバー谷口信輝も、「本当に楽しい!」と大絶賛。ハイパワーエンジンを搭載する「ロータス・エキシージ」の最新モデル「スポーツ410」の走りを報告する。

「すごい」のひとこと

長身の谷口信輝がかたわらに立つと、全長×全幅×全高=4080×1800×1130mmのロータス・エキシージ スポーツ410はレーシングカート並みと言ったら大げさだけれどそれに近いサイズに映る。

このコンパクトなボディーに押し込まれているのは最高出力416PSを絞り出す3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンだが、フロアをアルミむき出しにするなどのスパルタンな設計により1110kg(乾燥重量)の軽さに仕上がっている。つまり、パワーウェイトレシオは2.67kg/PS! その走りがジャジャ馬なのは、この数字を見るだけで想像がつくだろう。
「いやー、ヤバイですね。このクルマは乗る人を選びますよ」

あいにくの雨模様となったこの日の箱根で試乗を終えた谷口は、開口一番、そう言い放った。
「でもね、メチャクチャ楽しい。まるでレーシングカートに乗っているようなダイレクト感です。なにしろ、タイヤからシートまでの間にロードインフォメーションを遮断するようなものがなにもないでしょ? だから、すべての情報が伝わってくる。このクルマの場合、乗り心地や快適性よりも、大切なのは『いかにダイレクトにインフォメーションを伝えるか?』ということ。この割り切りのよさが、本当にすごいなと思いますよね」

なるほど、谷口をしてもなお、そこまで驚かせるほどのインパクトがこのエキシージにはあったのか。
「ここから発進して、あそこに見えるコーナーに進入していったでしょ? その間だけでも、アクセルを開けたら『うわぁ、すごい!』と驚くほどのパワーが出ている。でもね、実際には、この文章を読んだ皆さんが想像するレベルの、もう1段階上のパワーが本当は出ています。それはもう、かなりなものですよ。ところでこのエンジン、スーパーチャージャー付きですよね?」

スタッフがスペックを説明する前に、谷口はそうズバリ言い当てた。

 
ロータス・エキシージ スポーツ410(前編)の画像拡大
 
ロータス・エキシージ スポーツ410(前編)の画像拡大
 
ロータス・エキシージ スポーツ410(前編)の画像拡大
 
ロータス・エキシージ スポーツ410(前編)の画像拡大

【ロータス・エキシージ スポーツ410のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/ トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgf・m)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/ 燃費:--km/リッター/価格:1424万5000円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 234.7km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:28.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)


	【ロータス・エキシージ スポーツ410のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/ トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgf・m)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/ 燃費:--km/リッター/価格:1424万5000円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 234.7km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:28.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)
	拡大

関連キーワード:
エキシージ, ロータス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
ホームへ戻る