ロータス・エキシージ スポーツ410(後編)

2019.11.21 谷口信輝の新車試乗 雨のワインディングロードで驚きのパフォーマンスを見せた「ロータス・エキシージ スポーツ410」。一方で谷口信輝は、足まわりにロータス車共通の特徴があるという。プロが指摘する、その“くせ”とは何なのか?

ちょっとやそっとじゃ滑らない

雨の箱根で試乗したロータス・エキシージ スポーツ410について「メチャクチャ楽しい!」と語った谷口信輝。その神髄を「すべての情報が伝わってくる」ことにあると即座に見抜いた眼力は大したものだが、谷口だったら、この“ジャジャ馬”も容易に御せるのではないか?
「正直にいえば、このクルマの限界を引き出してみたい感じはすごくしますよね。どの辺が限界かを探ってみたい。でも、公道でそれを試すのは、かなり危ないでしょ。発進加速をやってみたのも、タイヤの限界を調べるのが目的だったんですが、どうもトラクションコントロールが切れないみたいで、そこまではたどり着きませんでした。だから、サーキットみたいなクローズドコースで一度走らせてみたいですね。それで限界を探りたい」

試乗車に装着されていたのは、公道用のサマータイヤとしてはかなりグルーブが浅い「ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2」(フロント:215/45ZR17、リア:285/30ZR18)だったが、それでも驚くほど優れたグリップ力を発揮してみせた。これだけ路面を捉える力が強いと、たとえウエットコンディションでも一般のドライバーがテールスライドに持ち込むのは至難の業だろう。
「いやー、簡単じゃないですよ。いまもまだタイヤは全然温まっていないけれど、それでもちょっとやそっとでは滑らない。この軽量ボディーに285とかなり太いタイヤをリアに履いているから、かなりのポテンシャルがあると思いますよ」

もっとも、谷口がこの日、エキシージを限界まで攻めなかったのには、もう少し別の事情も関係していたようだ。

 
ロータス・エキシージ スポーツ410(後編)の画像拡大
 
ロータス・エキシージ スポーツ410(後編)の画像拡大
 
ロータス・エキシージ スポーツ410(後編)の画像拡大
 
ロータス・エキシージ スポーツ410(後編)の画像拡大

【ロータス・エキシージ スポーツ410のスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/ トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgf・m)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/ 燃費:--km/リッター/価格:1424万5000円


【取材時の燃費データ】
テスト距離: 234.7km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:28.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)


	【ロータス・エキシージ スポーツ410のスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4080×1800×1130mm/ホイールベース:2370mm/車重:1110kg/駆動方式:MR/エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ スーパーチャージャー付き/ トランスミッション:6段MT/最高出力:416PS(306kW)/7000rpm/最大トルク:410N・m(41.8kgf・m)/2500-7000rpm/タイヤ:(前)215/45ZR17 91Y XL/(後)285/30ZR18 97Y XL(ミシュラン・パイロットスポーツ カップ2)/ 燃費:--km/リッター/価格:1424万5000円

	
	【取材時の燃費データ】
	テスト距離: 234.7km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:28.8リッター(ハイオクガソリン)/参考燃費:8.1km/リッター(満タン法)
	拡大

関連キーワード:
エキシージ, ロータス

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロータス・エヴォーラGT410スポーツ(MR/6MT)【試乗記】 2018.10.18 試乗記 416psのハイチューンエンジンと専用の空力デバイスを備えた「ロータス・エヴォーラGT410スポーツ」。ラインナップの隙間を埋めるエヴォーラの高性能グレードは、ベース車の美点を損なうことなく走りを高めた、絶妙な一台に仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.2 試乗記 従来モデルから最高出力がアップして車重はダウン。「ロータス・エヴォーラ」の新バージョン「スポーツ410」が日本に上陸。コーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」を体現したという新世代グランドツアラーを、箱根で試した。
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー イタリア(MR/6AT)【試乗記】 2020.2.3 試乗記 専用設計のカーボンモノコックに1750ccの直4直噴ターボエンジンを搭載したアルファ・ロメオのミドシップスポーツカー「4C/4Cスパイダー」。その走りは「レースカーさながら」と表しても過言ではない、刺激に満ちたものだった。
ホームへ戻る