第631回:乗り物好き目線で書いて撮って! 大矢アキオによる“マニアックな”パリの歩き方

2019.11.22 マッキナ あらモーダ!

地下鉄全線から水上バスまで

私・大矢アキオの新著『メトロとトランでパリめぐり』が、2019年10月末にコスミック出版から発売された。「なぜイタリア在住の大矢サンがフランス?」という疑問もあると思うので説明しておくと、2017年からNHKラジオのフランス語講座『まいにちフランス語』のテキストで巻頭カラー連載を続けているからである。今回の本は過去2年分の執筆・撮影記事をまとめ、大幅な加筆修正をしたものだ。

セーヌ左岸の安アパルタマン(アパート)にたびたび滞在しながら、パリ地下鉄全14路線に揺られつつ思いをつづり、シャッターを切り続けた。加えて、近郊を結ぶ鉄道や市電、ケーブルカー、さらに水上バスにも乗っている。

夕方からはポンピドゥー・センター図書館の地べたに座りこんで参考資料をあさりながら、執筆を続けた。

パリ地下鉄に乗車する際に役立つ、基本的なインフォメーションも取り上げた。例えば、ローラーをぐるぐる回して画面を切り替える自動券売機だ。ユニークな操作方法だが、やり方を知らぬ人にもこれを強制するところは、ターンシグナルスイッチが自動で戻らなかった頃のシトロエンに通じる。

セーヌ川を渡るパリ地下鉄6号線。全区間約13kmのうち、半分弱の6kmが地上である。
セーヌ川を渡るパリ地下鉄6号線。全区間約13kmのうち、半分弱の6kmが地上である。拡大
パリ地下鉄の駅にある、ローラーをぐるぐる回して画面を切り替える自動券売機。
パリ地下鉄の駅にある、ローラーをぐるぐる回して画面を切り替える自動券売機。拡大
3号線の支線である3bisは、パリ地下鉄にもかかわらずわずか3両編成で、4駅の間を往復する。
3号線の支線である3bisは、パリ地下鉄にもかかわらずわずか3両編成で、4駅の間を往復する。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事