No Garage, No Life! | オーナーのこだわりがつまったエンスー派のガレージ

大好きな“エス”と遊ぶ趣味を究めるための空間 2019.12.02 Gear Up! 2020 Winter もともと手先が器用な人なら、自身の手で整備や修理までやりたくなるのは 自然の流れかもしれない。スペースの確保はもちろんのこと、気力の問題もあり、実際にできるかどうかとなると話は別だが、本格的にクルマと向き合っている人もいる。今回紹介するガレージは愛車をいじって遊ぶための空間である。

家を建てるには、まず土地が必要だ。広さは約40坪。これだけの面積があれば、十分な大きさの家が建つ。購入した土地に、ある日4tトラックがやって来て、鉄骨などの建築部材が届けば、家族のための家の工事がいよいよ始まる。誰もがそう考えるだろう。奥さまをはじめ家族のみんながそう思う。ところが、その土地はガレージのため、自分のクルマ趣味を究めるガレージのためだったら……。

奥さまの落胆ぶりはいくばくかと想像してしまうが、ともかく「計画どおり」ガレージにしてしまったのが、今回ご登場願った阪本昇次さんである。「ほんとうに最初は家を建てるために土地を買ったんです」と笑う。取りあえずはガレージを作り、家のための土地は後日手に入れたのだという。奥さまと家族の理解なくしては達成しえなかったガレージなのだ。

阪本さんが思い描いたのは、「自分で(クルマを)いじれるガレージ」である。大好きな「ホンダS800」ととことん遊べる場所だ。「板金塗装まで自分でやりたかったくらい」と語る。それゆえにガレージは特別に凝ったところはない。ガレージそのものは、スチール製物置でも知られている某メーカーのキットを組み立てたものだ。しっかりした構造でさびないのが気に入っているという。

どんなガレージにするかは人それぞれである。このところ流行(はや)っている居間とガレージの境目がないような、見てくれを大事にする“ビジュアル系”(?)とは異なり、ここは自分でクルマをメンテする「職人系」。整備工場の雰囲気が漂う。使い勝手を最優先に工具が配され、必要な部品はしかるべき場所に納められている。クルマ2台とそれに応じた各種のスペアパーツを置くことができ、作業に必要なスペースを十分に確保できるガレージだ。ガレージの裏手には部品収納小屋もあり、個人でヒストリックカー趣味を楽しむには十分以上の空間。自宅からは離れているとはいえ、徒歩数分のところに位置しているので、それこそ隠れ家的な色合いもある。

ガレージ本体は息子さんの手を借りながら数カ月でこつこつと組み上げた。「パーツ点数は多かったですが、組み立てはそれほど難しくなかったですよ」と阪本さんは言うが、万人ができることではない。それもそのはず、阪本さんはモノづくりの達人なのだ。

60代男子の多くがそうであるように、子どもの頃からクルマに限らず乗り物が好きだった阪本さんは、小学生の時には鉄道に興味を示し、特に鉄道模型にどっぷりハマる日々。はんだ付けもマスターし、各種キットを製作している。高校、大学へと進学するあたりでは、スクラッチで真ちゅう製模型をつくり上げるほどの腕前で、現在も個性豊かな作品づくりで名高い鉄道模型クラブの中心的な存在だ。

そんな阪本さんだから、鉄道模型趣味のひとつの頂点とでもいうべきジオラマ(鉄道模型の世界ではレイアウトと言う)も所有している。着工から9年目の広大なアメリカ開拓者時代の鉄道を再現するレイアウトのサイズは5×5mほどなので、まさにひと部屋分のスペースだ。レイアウトのある建物の2階には息子さん家族がお住まいとのことだが、1階を占める鉄道模型レイアウトと工作部屋は、ガレージを建てた時のように、本来は家族のためのスペースだったのではないかと失礼ながら勘ぐってしまう。

自動車と鉄道模型の趣味、まさに男のロマンをここまで追い求めたことに感服せざるをえないが、レイアウト&ホビー・ルームを確保するにあたり、どう奥さまを説得したのか、そのあたりの経緯については……残念ながら聞きそびれた。

(文=阪 和明/写真=加藤純也)

小さくて軽いクルマが好きな阪本さんにとって“エス”は格好の素材。古いクルマは眠らせることなく、「走る状態を保ちながらいじるのがよい」というのが阪本さんのモットーだ。
小さくて軽いクルマが好きな阪本さんにとって“エス”は格好の素材。古いクルマは眠らせることなく、「走る状態を保ちながらいじるのがよい」というのが阪本さんのモットーだ。拡大
もう少し天井が高ければよかったという阪本昇次さん(右)だが、今のガレージをかなり気に入っている様子。チェーンブロック、電動工具等々ひととおりの道具がそろう。とにかく何でも自分でできてしまうのだからすごい。最近では、デフの交換作業を行っている。
もう少し天井が高ければよかったという阪本昇次さん(右)だが、今のガレージをかなり気に入っている様子。チェーンブロック、電動工具等々ひととおりの道具がそろう。とにかく何でも自分でできてしまうのだからすごい。最近では、デフの交換作業を行っている。拡大
ガレージ内には「ホンダS800」の多くのパーツがきちんと区分けされている。エンジンは4基もあり、うち3基はすぐにでも使えるという。
ガレージ内には「ホンダS800」の多くのパーツがきちんと区分けされている。エンジンは4基もあり、うち3基はすぐにでも使えるという。拡大
阪本さんの鉄道模型は1/48スケールのOn3(軌間19mm)規格。デンバー&リオグランデ・ウェスタン鉄道を再現するレイアウトは、着工から9年だが未完。
阪本さんの鉄道模型は1/48スケールのOn3(軌間19mm)規格。デンバー&リオグランデ・ウェスタン鉄道を再現するレイアウトは、着工から9年だが未完。拡大
20年前に建てられた阪本さんのガレージ。ホンダの“エス”を整備し修理し改造するためのスペースである。現在の“エス”は、赤の「S800ロードスター」(RSCのハードトップを付けたカフェレーサー風)と白の「S800クーペ」、そして取材時はイベント参加のため不在だった青のS800クーペ(レーシング仕様)の3台。「CB72」「CL72」など3台のバイクも同居している。
20年前に建てられた阪本さんのガレージ。ホンダの“エス”を整備し修理し改造するためのスペースである。現在の“エス”は、赤の「S800ロードスター」(RSCのハードトップを付けたカフェレーサー風)と白の「S800クーペ」、そして取材時はイベント参加のため不在だった青のS800クーペ(レーシング仕様)の3台。「CB72」「CL72」など3台のバイクも同居している。拡大