第633回:ハイエンドオーディオの恐るべき世界 大矢アキオ、お値段5000万円のアナログプレーヤーを聴く!

2019.12.06 マッキナ あらモーダ!

アメ車のV8サウンドまでリアル

読者の中には、青春時代にオーディオに情熱を傾けていた方が少なくないと思う。そこで今回は、筆者が2019年11月の東京出張中に出会ったオーディオについて、時折クルマ好き的視点と絡めながらお話ししよう。

まずは2019年11月14日夜に催された、一風変わった映画上映イベントである。

カリフォルニアのサンタバーバラに本拠を置くスマートサウンドシステム会社、ソノスがホストとなったものだ。バークリー音楽大学卒のキーボーディストKan Sano(カン・サノ)氏とともに、彼がセレクトした映画を楽しもうという企画である。

場所もユニークだった。東京・表参道にあるデンマーク発の家具ブランド、HAY(ヘイ)の閉店後のショールームを、ホームシアター空間に見立てた。

訪れてみると、来場者の大半はサノ氏のファンである若い女性であった。

上映されたのは、デヴィッド・リンチ監督による『ツイン・ピークス ローラ・パーラー最期の7日間』であった。アメリカ北西部の街ツイン・ピークスを舞台に、女子高校生ローラ・パーラーが殺されるまでの7日間を描いた1992年の作品だ。

サノ氏は自身のセレクトについて「めちゃくちゃ暗い映画」と自虐的(?)に紹介し、相方を務めた音楽評論家の柳楽光隆氏も「ダークでクレイジーな映画」と評した。

音の広がりが劇的なので特製のPA設備かと思いきや、実は合計20台以上で構成されたソノス製スマートサウンドシステムによるものだった。サブウーファーこそ、そこそこの存在感はあるものの、驚くべきことにシステムを構成するほとんどがコンパクトなスマートスピーカーであった。拡張性豊かでありながら、セッティングは簡単というソノスの真骨頂だ。

それも家具ブランドのショールームという、音響条件が決してよくない場所である。鑑賞者のポジションがかなりラフでも、一定の音質が確保されるのも素晴らしい。

上映後、サノ氏は劇中の怪しい酒場のシーンにおいて、ガヤガヤとした大音量の中で展開される会話シーンがリアルに再現されていることを指摘。またエンディング後、筆者に「すべての音域がきれいに出るのがソノス」と評した。

筆者自身が感激したのは、劇中で捜査官が乗るアメリカ車の走行シーンだ。ボロボロボロという野太くうなるV8 OHVサウンドは、ストーリーの中で重要なものではないし、クリエイターさえ意識したかしないかわからない。しかし、そうした隠し味ともいえるサウンドを的確に表現するところに、さりげないデザインに秘められたソノスの底力を見た。

キーボーディストKan Sano(カン・サノ)氏(写真左)と音楽評論家の柳楽光隆氏(同右)。ソノスのサウンドバー「Beam」とワイヤレスサブウーファー「Sub」を挟んで会話を弾ませる。2019年11月14日夜、東京・表参道にて。
キーボーディストKan Sano(カン・サノ)氏(写真左)と音楽評論家の柳楽光隆氏(同右)。ソノスのサウンドバー「Beam」とワイヤレスサブウーファー「Sub」を挟んで会話を弾ませる。2019年11月14日夜、東京・表参道にて。拡大
ソファに座るカン・サノ氏。ソノスの映画上映イベントは、北欧ファーニチャーブランド、HAY(ヘイ)のショールームをいくつものリビングルームに見立てて行われた。
ソファに座るカン・サノ氏。ソノスの映画上映イベントは、北欧ファーニチャーブランド、HAY(ヘイ)のショールームをいくつものリビングルームに見立てて行われた。拡大
「スマホのスピーカーではわからない体験をソノスのスマートサウンドシステムで味わってほしい」とカン・サノ氏。
「スマホのスピーカーではわからない体験をソノスのスマートサウンドシステムで味わってほしい」とカン・サノ氏。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事