ホンダが2020年夏に発売する「シビック タイプR」のマイナーチェンジモデルを初披露【東京オートサロン2020】

2020.01.11 自動車ニュース
本田技研工業の寺谷公良執行役員と「ホンダ・シビック タイプR」。
本田技研工業の寺谷公良執行役員と「ホンダ・シビック タイプR」。拡大

本田技研工業は、2020年1月10日、千葉県の幕張メッセで開催中の「東京オートサロン2020」(会期:2020年1月12日まで)において、「シビック」のマイナーチェンジモデルをはじめ、新型車プロトタイプをベースとしたコンセプトモデルなどを発表した。

2019年のモータースポーツ活動について総括する寺谷公良執行役員。
2019年のモータースポーツ活動について総括する寺谷公良執行役員。拡大
「シビックハッチバック」のマイナーチェンジモデル。
「シビックハッチバック」のマイナーチェンジモデル。拡大
「S660」のマイナーチェンジモデル。
「S660」のマイナーチェンジモデル。拡大
N-ONEカフェレーサーコンセプト
N-ONEカフェレーサーコンセプト拡大
フィット モデューロXコンセプト
フィット モデューロXコンセプト拡大
シビック サイバーナイト ジャパンクルーザー2020
シビック サイバーナイト ジャパンクルーザー2020拡大
S2000 20thアニバーサリー プロトタイプ
S2000 20thアニバーサリー プロトタイプ拡大

現在開発中の新型「N-ONE」のカスタマイズモデルも出展

プレスカンファレンスに登壇した寺谷公良執行役員日本本部長は、まず2019年のモータースポーツ活動についてファンに報告。2輪では1959年のマン島TTレースの参戦から60周年を迎えた記念すべき年に、ロードレース、モトクロス、トライアルのすべての世界選手権の最高峰クラスでチャンピオンを獲得。4輪ではF1復帰後初となる優勝をオートスラリアGPで飾り、通算3勝できたことを紹介した。

ホンダブースの中心に展示されたのは、同日発表となったマイナーチェンジモデルの「シビックセダン」と「シビックハッチバック」だ。そして、シビックシリーズの頂点で「究極のFFスポーツ」を標榜(ひょうぼう)する「シビック タイプR」の改良型モデルもアンベールされた。寺谷日本本部長によれば、タイプRの改良モデルは、サーキットにおける走りの限界性能をより高めるとともに、エンジンの冷却性能とブレーキ性能を向上させ、クルマの基本性能である走る、曲がる、止まるを中心にアップデートを実施。スポーツカーとして意のままに操れる喜びをさらに高め、デザインの躍動感も向上させているとした。発売は2020年の夏を予定している。

軽自動車では、ミドシップのオープンスポーツカー「S660」のマイナーチェンジモデルを発表するとともに、「N-ONE」のカスタマイズモデルである「N-ONEカフェレーサーコンセプト」もお披露目。このN-ONEは、走る楽しさを凝縮した最も身近なホンダ車とされており、現行N-ONEには設定のないMT仕様となっている。なお、N-ONEは現在新型が開発中で、2020年秋に発売を予定しているという。現時点では詳細は全く明かされていないため、今後の情報に要注目だ。

さらに、純正コンプリートカーシリーズ「モデューロX」のコンセプトカーも出展。2020年2月にフルモデルチェンジを予定している、新型フィットをベースとした「フィット モデューロXコンセプト」と、2019年10月にマイナーチェンジを受けた「フリード」をベースとした「フリード モデューロXコンセプト2020」の2台が並べられた。

ホンダアクセスは「S2000」用のパーツを市販化

このほかにも、北展示ホールには純正アクセサリーやモデューロXの開発を手がけるホンダアクセスが、独立したブースを出展している。

2019年で生誕20周年を迎えたFRオープンスポーツカー「S2000」向けの新開発パーツなどを装着した、「S2000 20thアニバーサリー プロトタイプ」や、初代シビック タイプR(EK9)をベースに、近未来的なFFスポーツの形を具現させたカスタマイズモデル「シビック サイバーナイト ジャパンクルーザー2020」、2シーターの移動基地とした「N-WGNロードサイドコンセプト」などのカスタマイズモデルを展示。ホンダらしいユニークな世界観を表現している。なお、S2000の新開発パーツおよび改良型復刻パーツは、今後市販化する予定だ。

(文と写真=大音安弘)

関連キーワード:
ホンダ, 東京オートサロン2020, モーターショー, 自動車ニュース

ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事