アウディが「A6」「A6アバント」「A7スポーツバック」に新グレード「45 TFSIクワトロ」を追加

2020.01.22 自動車ニュース
アウディA6 45 TFSIクワトロ
アウディA6 45 TFSIクワトロ拡大

アウディ ジャパンは2020年1月22日、「A6」「A6アバント」「A7スポーツバック」に2リッターガソリンターボエンジンと4WD機構を搭載した新グレード「45 TFSIクワトロ」を設定し、販売を開始した。

A6アバント45 TFSIクワトロ
A6アバント45 TFSIクワトロ拡大
「A6 45 TFSIクワトロ スポーツ」(左)と「A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ」(右)。
「A6 45 TFSIクワトロ スポーツ」(左)と「A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ」(右)。拡大
A7スポーツバック45 TFSIクワトロ
A7スポーツバック45 TFSIクワトロ拡大

45 TFSIクワトロに搭載されるのは排気量1984ccの直列4気筒直噴ガソリンエンジンで、245PSの最高出力と370N・mの最大トルクを発生。いずれのモデルにおいても、12Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされている。

このシステムは、エンジンルーム内に搭載される0.15kWhのリチウムイオンバッテリーとベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)からなる。BASはエンジンのクランクシャフトにつながっており、減速時のエネルギー回生とスムーズなエンジンの再始動を実現。また、BASは最大5秒間、6kWと60N・mの力でエンジンをアシストすることが可能で、先述のエネルギー回生とも相まって、100km走行あたり最大0.3リッターの燃費削減が期待できるという。

組み合わされるトランスミッションは7段デュアルクラッチ式ATで、4WD機構には、FF走行時に後軸ドライブトレインへの駆動力を遮断するクラッチ機構付きのシステムを採用。高効率な走りと優れたドライビングダイナミクスの両立がうたわれている。

装備については、上級グレードの「55 TFSIクワトロ」と同様にスマートフォンのような使用感を実現した操作インターフェイス「MMIタッチレスポンス」を標準で採用。電子制御ダンパー「ダンピングコントロールサスペンション」や、後輪操舵機構「ダイナミックオールホイールステアリング」もオプションで用意している。

価格は以下の通り。

  • A6 45 TFSIクワトロ:740万円
  • A6アバント45 TFSIクワトロ:776万円
  • A6 45 TFSIクワトロ スポーツ:799万円
  • A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ:835万円
  • A7スポーツバック45 TFSIクワトロ:819万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, A7スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA7スポーツバック 2017.10.24 画像・写真 独アウディが新型「A7スポーツバック」を世界初公開した。新型「A8」から導入が進められている新しいデザインコンセプトに加え、48Vのマイルドハイブリッド機構が組み合わされた新しいパワープラントも特徴となっている。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • アウディA6アバント40 TDI Sトロニック(FF/7AT)【海外試乗記】 2019.12.11 試乗記 アウディのアッパーミドルセダン/ワゴンである「A6」シリーズ。そのディーゼルモデル「40 TDI」に本国ドイツで試乗。日本にも導入される予定の2リッターディーゼルターボ搭載車は、現行A6の本命と呼ぶにふさわしいモデルに仕上がっていた。
  • 第39回:アウディA6 2019.7.3 カーデザイナー明照寺彰の直言 アウディ伝統のEセグメントモデル「A6」が、5代目にモデルチェンジ。新世代のシャシーやパワートレインの採用など、その“中身”が話題を呼んでいる新型だが、“外見”=デザインの出来栄えはどうなのか? 現役のカーデザイナー明照寺彰が斬る。
  • アウディA7スポーツバック55 TFSIクワトロ ファーストエディション(4WD/7AT)【試乗記】 2018.11.7 試乗記 フルモデルチェンジで2代目となったアウディのラグジュアリーモデル「A7スポーツバック」に試乗。燃費や安全性を高める先進のメカニズムが詰まった最新型は、しかし、自ら積極的にむちを当てたくなる走りの4ドアクーペだった。
ホームへ戻る