アウディが「A6」「A6アバント」「A7スポーツバック」に新グレード「45 TFSIクワトロ」を追加

2020.01.22 自動車ニュース webCG 編集部
アウディA6 45 TFSIクワトロ
アウディA6 45 TFSIクワトロ拡大

アウディ ジャパンは2020年1月22日、「A6」「A6アバント」「A7スポーツバック」に2リッターガソリンターボエンジンと4WD機構を搭載した新グレード「45 TFSIクワトロ」を設定し、販売を開始した。

A6アバント45 TFSIクワトロ
A6アバント45 TFSIクワトロ拡大
「A6 45 TFSIクワトロ スポーツ」(左)と「A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ」(右)。
「A6 45 TFSIクワトロ スポーツ」(左)と「A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ」(右)。拡大
A7スポーツバック45 TFSIクワトロ
A7スポーツバック45 TFSIクワトロ拡大

45 TFSIクワトロに搭載されるのは排気量1984ccの直列4気筒直噴ガソリンエンジンで、245PSの最高出力と370N・mの最大トルクを発生。いずれのモデルにおいても、12Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされている。

このシステムは、エンジンルーム内に搭載される0.15kWhのリチウムイオンバッテリーとベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)からなる。BASはエンジンのクランクシャフトにつながっており、減速時のエネルギー回生とスムーズなエンジンの再始動を実現。また、BASは最大5秒間、6kWと60N・mの力でエンジンをアシストすることが可能で、先述のエネルギー回生とも相まって、100km走行あたり最大0.3リッターの燃費削減が期待できるという。

組み合わされるトランスミッションは7段デュアルクラッチ式ATで、4WD機構には、FF走行時に後軸ドライブトレインへの駆動力を遮断するクラッチ機構付きのシステムを採用。高効率な走りと優れたドライビングダイナミクスの両立がうたわれている。

装備については、上級グレードの「55 TFSIクワトロ」と同様にスマートフォンのような使用感を実現した操作インターフェイス「MMIタッチレスポンス」を標準で採用。電子制御ダンパー「ダンピングコントロールサスペンション」や、後輪操舵機構「ダイナミックオールホイールステアリング」もオプションで用意している。

価格は以下の通り。

  • A6 45 TFSIクワトロ:740万円
  • A6アバント45 TFSIクワトロ:776万円
  • A6 45 TFSIクワトロ スポーツ:799万円
  • A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ:835万円
  • A7スポーツバック45 TFSIクワトロ:819万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, A7スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース