アウディが「A6」「A6アバント」「A7スポーツバック」に新グレード「45 TFSIクワトロ」を追加

2020.01.22 自動車ニュース
アウディA6 45 TFSIクワトロ
アウディA6 45 TFSIクワトロ拡大

アウディ ジャパンは2020年1月22日、「A6」「A6アバント」「A7スポーツバック」に2リッターガソリンターボエンジンと4WD機構を搭載した新グレード「45 TFSIクワトロ」を設定し、販売を開始した。

A6アバント45 TFSIクワトロ
A6アバント45 TFSIクワトロ拡大
「A6 45 TFSIクワトロ スポーツ」(左)と「A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ」(右)。
「A6 45 TFSIクワトロ スポーツ」(左)と「A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ」(右)。拡大
A7スポーツバック45 TFSIクワトロ
A7スポーツバック45 TFSIクワトロ拡大

45 TFSIクワトロに搭載されるのは排気量1984ccの直列4気筒直噴ガソリンエンジンで、245PSの最高出力と370N・mの最大トルクを発生。いずれのモデルにおいても、12Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされている。

このシステムは、エンジンルーム内に搭載される0.15kWhのリチウムイオンバッテリーとベルト駆動のオルタネータースターター(BAS)からなる。BASはエンジンのクランクシャフトにつながっており、減速時のエネルギー回生とスムーズなエンジンの再始動を実現。また、BASは最大5秒間、6kWと60N・mの力でエンジンをアシストすることが可能で、先述のエネルギー回生とも相まって、100km走行あたり最大0.3リッターの燃費削減が期待できるという。

組み合わされるトランスミッションは7段デュアルクラッチ式ATで、4WD機構には、FF走行時に後軸ドライブトレインへの駆動力を遮断するクラッチ機構付きのシステムを採用。高効率な走りと優れたドライビングダイナミクスの両立がうたわれている。

装備については、上級グレードの「55 TFSIクワトロ」と同様にスマートフォンのような使用感を実現した操作インターフェイス「MMIタッチレスポンス」を標準で採用。電子制御ダンパー「ダンピングコントロールサスペンション」や、後輪操舵機構「ダイナミックオールホイールステアリング」もオプションで用意している。

価格は以下の通り。

  • A6 45 TFSIクワトロ:740万円
  • A6アバント45 TFSIクワトロ:776万円
  • A6 45 TFSIクワトロ スポーツ:799万円
  • A6アバント45 TFSIクワトロ スポーツ:835万円
  • A7スポーツバック45 TFSIクワトロ:819万円

(webCG)
 

関連キーワード:
A6, A6アバント, A7スポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A6 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • アウディA6アバント40 TDIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.6.29 試乗記 “ドイツ御三家”がしのぎを削る欧州Eセグメント。そこで奮闘する「アウディA6」に、本命ともいえる2リッターディーゼルモデル「40 TDIクワトロ」が追加された。新たなパワートレインを得たA6の走りを、幅広いシチュエーションでチェックした。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
  • アウディが「RS 3スポーツバック/セダン」を2年ぶりに導入 2020.7.21 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年7月21日、ハイパフォーマンスモデル「RS 3スポーツバック/セダン」を再導入すると発表した。同モデルの販売は約2年ぶりとなり、RS 3スポーツバックは同年8月18日、RS 3セダンは同年9月15日に発売される。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.7.8 試乗記 「BMW 3シリーズ」のハイパフォーマンスモデル「M340i xDrive」に試乗。強化シャシーと最高出力387PSを誇る3リッター直6ターボ、そしてFRベースの四駆システムなどで構築された走りの実力を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る