日産名車再生クラブが「グロリア スーパー6」をレストア 今はなきプリンスのクルマづくりに迫る

2020.02.10 デイリーコラム

サーキットで活躍したプリンスのフラッグシップ

2020年2月1日、日産名車再生クラブが神奈川・横浜の日産自動車本社で、「再生完了宣言式」を開催。「1964年 プリンス・グロリア スーパー6 第2回日本グランプリ T-VIレース仕様」のレストア完了を宣言した。

日産名車再生クラブは、日産自動車と関連会社の有志によるクラブ活動で、名称の通り、日産の古いクルマのレストアを行っている。活動開始は2006年のことで、おおむね1年に1台のペースでレストアを実施。これまでに14台を手がけてきた。2019年の活動は、先述したプリンス・グロリア スーパー6のレストアとし、同年5月のキックオフ式から作業をスタート。12月8日のニスモフェスティバルでのお披露目を経て、前述の再生完了宣言式をもって同年度の活動を終了することとなった。

今回レストアされたグロリア スーパー6は、彼らにとってふたつの意味で重要なクルマといえる。ひとつは、グロリア スーパー6というモデルそのものの歴史的意義だ。このクルマは、今はなきプリンス自動車の誇るフラッグシップセダンであるグロリアに、国産車では初となる直列6気筒SOHCのG7型エンジンを搭載した、プレミアムと高性能を同時に追求したモデルだった。しかもG7型エンジンは、後に「スカイラインGT(S54A-1型)」に搭載され、1964年の第2回日本グランプリで「ポルシェ904」と歴史的な闘いを演じている。日本の自動車史を語る上で欠かせない名機なのだ。

ふたつ目は、レストアする個体が、先述の第2回日本グランプリにおいてT-VIクラスで圧倒的勝利を飾ったレースカーのレプリカであること。日産名車再生クラブはすでにスカイラインGT(S54A-1型)のレストアを済ませており、「スカイラインGTとグロリア スーパー6をサーキットで一緒に走らせたい」という思いがあったのだ。

グロリア スーパー6のレストアが完了すると、彼らは2019年11月15~17日に鈴鹿サーキットで開催されたヒストリックカーイベント「サウンド・オブ・エンジン」に2台を持ち込み、第2回日本グランプリから55年の時を経て、鈴鹿での走行を実現した。もちろん、毎年恒例となるニスモフェスティバルにも同車を持参。「サーキットでは非常に大きな注目を集めることができました」とクラブの面々は語った。

日産名車再生クラブの面々。固定のメンバーに加え、毎年募集に応えた80名ほどが活動に参加する。再生完了宣言式には、ゲストとして当時のクルマの開発を担当した日産OBの伊藤修令氏や野田孝男氏なども駆けつけた。
日産名車再生クラブの面々。固定のメンバーに加え、毎年募集に応えた80名ほどが活動に参加する。再生完了宣言式には、ゲストとして当時のクルマの開発を担当した日産OBの伊藤修令氏や野田孝男氏なども駆けつけた。拡大
レストアの済んだ「1964年式 プリンス・グロリア スーパー6 第2回日本グランプリ T-VIレース仕様」。
レストアの済んだ「1964年式 プリンス・グロリア スーパー6 第2回日本グランプリ T-VIレース仕様」。拡大
第2回日本グランプリで大石秀夫選手がハンドルを握り、クラス優勝を果たした39号車のレプリカだ。
第2回日本グランプリで大石秀夫選手がハンドルを握り、クラス優勝を果たした39号車のレプリカだ。拡大
2019年11月に鈴鹿サーキットで開催された「サウンド・オブ・エンジン」では、星野一義氏によってデモランが行われた。
2019年11月に鈴鹿サーキットで開催された「サウンド・オブ・エンジン」では、星野一義氏によってデモランが行われた。拡大
2019年12月8日のニスモフェスティバルにおいて、富士スピードウェイを走る「グロリア スーパー6」(右)と「スカイラインGT」(左)。グロリアのドライバーは和田孝夫氏が務めた。
2019年12月8日のニスモフェスティバルにおいて、富士スピードウェイを走る「グロリア スーパー6」(右)と「スカイラインGT」(左)。グロリアのドライバーは和田孝夫氏が務めた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事