第572回:「日産名車再生クラブ」2019年キックオフ式
第2回日本GP優勝車の走行シーンをもう一度サーキットで

2019.05.31 エディターから一言
「日産名車再生クラブ」が本年度レストア作業を行う、1964年の第2回日本GPに出場した「プリンス・グロリア スーパー6 T-VIレース仕様車」。
「日産名車再生クラブ」が本年度レストア作業を行う、1964年の第2回日本GPに出場した「プリンス・グロリア スーパー6 T-VIレース仕様車」。拡大

日産自動車の従業員および関連会社スタッフなどの有志で構成される「日産名車再生クラブ」が2019年5月20日、神奈川・厚木の日産テクニカルセンターで「FY19再生クラブキックオフ式」を開催。本年度は1964年の第2回日本GPに出場した「プリンス・グロリア スーパー6 T-VIレース仕様車」のレストアを行うと発表し、同車を公開した。

「FY19再生クラブキックオフ式」と題した「グロリア」のレストア発表イベント後に、記念撮影を行うメンバーたち。
「FY19再生クラブキックオフ式」と題した「グロリア」のレストア発表イベント後に、記念撮影を行うメンバーたち。拡大
「日産名車再生クラブ」代表の木賀新一氏。約80人の有志で「グロリア」のレストア作業を行うという。
「日産名車再生クラブ」代表の木賀新一氏。約80人の有志で「グロリア」のレストア作業を行うという。拡大
当時のプリンスのフラッグシップモデルとして販売された「グロリア」は、日産との合併後も、ラグジュアリーモデルとして高い人気を誇った。
当時のプリンスのフラッグシップモデルとして販売された「グロリア」は、日産との合併後も、ラグジュアリーモデルとして高い人気を誇った。拡大

日産名車再生クラブとは?

日産自動車の開発拠点である神奈川・厚木の日産テクニカルセンターの従業員や関連会社スタッフとともに、歴史的名車や記念碑的レーシングモデルのレストア活動を行っているのが日産名車再生クラブである。主に日産ヘリテージコレクション(座間記念庫)の所蔵車からレストアのベース車両が選ばれ、毎年1台のペースで作業が行われている。

レストアによって車両を当時の状態に戻すのはもちろんだが、作業の過程で、先達(せんだつ)の設計思想やアイデア、そこから生まれた当時の技術などを学ぶことも、同クラブの目的とされている。13人のコアメンバーを除き、同クラブのメンバーは毎年社内で公募によって集められる。したがって日産のヒストリックモデルが好きな従業員はもちろんのこと、その年のテーマカーに思い入れがある人々が参加するのだという。

レストアのベース車両が決まった後に公募を始めるため、「今年(2019年のテーマカー)はプリンス時代のグロリアでしたので(笑)、どれぐらい(メンバーが)集まってくれるのか不安もありましたが、結果、これまでと同じぐらいの有志が集まり、今日の日を迎えることができました」とは、キックオフ式の冒頭であいさつを行ったクラブ代表の木賀新一氏の言葉。名車再生クラブは業務ではなく、有志による活動であるため、作業は土日を中心とした就業時間外に実施されている。

あなたにおすすめの記事
新着記事