ついに英国がEU離脱 自動車業界はこの先どうなる?

2020.02.14 デイリーコラム

自動車メーカーを覆う暗雲

英国が2020年1月31日午後11時(現地時間)、EU(欧州連合)から離脱した。当日夜、ヨーロッパのテレビは軒並み、ロンドン・ダウニング街10番地の英首相官邸に投影されたユニオンジャック(英国旗)とカウントダウンの様子を生中継した。

現在、英国における主要量産車メーカーの工場は、エンジンの生産拠点を含めると、7メーカー・14カ所ある。日系ブランドでは、トヨタとホンダ、日産が現地生産を行っている。

EU離脱前からの、彼らの主な流れを振り返ってみよう。ホンダは2019年2月、「今回の離脱問題とは関係ない」としながらも、2021年中に英国生産から撤退する方針を明らかにした。日産も同じ月、SUV「エクストレイル」の次期モデルの生産拠点を、英国以外とする方針を表明。続いて3月には、インフィニティの英国での生産終了も明らかにした。こちらはブランド自体のヨーロッパ市場撤退との関連性が強いが、今回の英国のEU離脱をひとつの区切りにしたと見ていい。また同月、今度はトヨタが「“合意なき離脱”となった場合、同国での生産から撤退する考えがある」ことを発表している。

こうした日本メーカーの動きは、他国のメーカーよりも早かったこともあり、フランスや筆者が住むイタリアの一般ニュースでも広く報じられた。

欧州系ブランドも、英国のEU離脱に反応した。フォードは2019年5月、ホンダ同様「英国のEU離脱とは関係ない」としながらも、エンジン生産用の一拠点を2020年に閉鎖することを決めた。

オペルの姉妹車ヴォクスホールを擁するグループPSAのカルロス・タバレスCEOは2019年9月、すでに英国への投資を止めたことを明らかにした。

そして1994年にローバーからブランドを取得して以来MINIを手がけてきたBMWは、2020年1月、現行MINIの生産期間を延長することを明らかにした。英国の決定が、部品供給にどの程度の影響を及ぼすかを見極めたい考えだ。

当初危惧された「合意なき離脱」は回避できたものの、今後英国とEUとの間で製品の輸出入に関税が課せられる可能性が残る。明らかに、これは英国で生産される量産車にとって不利だ。それ以前に、英国の自動車生産はピークであった2016年の約172万台から2019年への130万台へと下降線をたどってきた(出典:statista)。英国自動車貿易協会(SMMT)によれば、英国内の自動車製造業の就業者数は82万3000人に及ぶ。これは日本の88万人(出典:JAMA)に準じる。特に従来の工場従業員の再雇用先をどのように確保するかは、大きな課題、いや社会問題となろう。

トヨタ自動車の英国における生産拠点となっている、トヨタモーターマニュファクチャリングUKの施設。
トヨタ自動車の英国における生産拠点となっている、トヨタモーターマニュファクチャリングUKの施設。拡大

日産を代表するSUV「エクストレイル」。その次期型の生産は英国以外で行われることが決まっている。


	日産を代表するSUV「エクストレイル」。その次期型の生産は英国以外で行われることが決まっている。
	拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事